2014'01.11.Sat

花咲くまにまに 白玖感想

花咲くまにまに

花咲くまにまに
【白玖】(CV.櫻井孝宏)
女形との恋愛って?と思いながら始めました。


とりあえず1人終えて思ったのは効果音がおかしいよねっていうことです。
手を掴む音はそれじゃないだろっていう小さな不満。
まぁ、そこらへんは最後の感想で書くかもだし、書かないかもです。


語尾が『な』がすごく好きなのですが…『だ』も好きです。抜ける音が堪らない。
そして、何でもない会話ですけど、「何? 欲しいの?」にときめきました。
いや、もう、何でもいいです。声が聴けるだけで、どんな言葉でも幸せです。
大好きな声優さんなので、こんな何でもないことで萌えたりするのは仕方ない…



では、真面目に白玖の気になったところや、ときめいたところの感想です。
……真面目かは謎ですが、ネタバレはあるかもしれません。
大丈夫な方だけ続きをどうぞ。




 
万珠屋で働くことになり、思ってもなかった展開が待ってた一章。

白玖と倉間から、ちょっとしたからかいをうけるのですが、何ですか?この天国。
息が耳にかかるそうですよ。羨ましすぎて、にやけます。

禿から新造への昇級試験で桂に会いまして…
意外に早い登場だなとは思いますが、
みんなとの絡みもありつつ、白玖とも個別に絡み、桂の意地悪とからかいとお小言。
楽しいです。実に幸せです。

それから白玖や桂との素敵な出来事を堪能しつつ進めていると
驚愕の事実とともに不穏な空気が…
そこまで時代背景と万珠屋が絡んでくるとは思っていなかったので予想外でした。
白玖以外にもビックリすることもあり……お前もか、となりました。
誰かはその人の感想のときに書きます。
それから、主人公自身にも驚きの事実があり、もう驚きっぱなしで…、
宝良とか辰義とか燈太とか、どうなんのよと思ってたら、スルー気味だし…

ところで、一章は序章よりも長い。本気で。
7時間ですよ?
トータルですでに9時間。
ミニゲームをやり直したりしてますけど、それにしても長い。
自分が読むの遅すぎるんでしょうかね…



稽古がなくなりミニゲームしなくてよくなりホッとしていたら、
話が万珠屋だけでは収まらなくなってきた二章。


個別ルート突入です。
暗め切なめな話が続いたりしますが、萌えポイントは腐るほどにありました。
プレイしながら、そのポイントをあげていたら、
それはもうすごい量になっていたので割愛します。

ただ、いい雰囲気の中の「ん? 何が?」に萌え砕けたことだけはお伝えしておきたい。
他にもいっぱいありますけどね。
ズルいと思います。白玖が。声が、言い方が。
平気でからかったり意地悪するくせに直接的な言葉は恥ずかしいとか、
どれだけ可愛いんですか。
ズルすぎます。


で、なんやかんやと切なかったり、辰義が怪しかったり、萌え転がってたら、
いつの間にかエンディングを迎えたわけですが…4時間半かかりまして。

ベストエンドの最後の方、「……うん、上出来」の“うん”が堪らなく良かった。

ノーマルエンドは初めバットだと思っていました。
そしたら、ちゃんとノーマルだった。
その後はどうなるかはわからないけど、いたから……、それだけで良かったと思いました。

バットエンドは辛かったです。ちゃんとはじめからバットでした。
予想はしてた流れで、でも予想外な流れで終わりました。



全部見るのに14時間半。
2章で終わりだからびっくりするんですよ。
いつもしているやつは4章とか細かくわけられていたりするから…
これが多分4章とかで構成されていたら、今回ほどの驚きはなかったと思います。
多少、長いなとは思っても、自分の進めるスピードが遅いんだろうと思う。
今回も遅いとは思いますけど。

でも、苦はなく萌え砕けることも、少し切なくなることもできました。
それもこれも白玖が魅力的だったおかげです。
意地悪で、でも優しくて、独占欲が強い彼がとても好きです。
第一印象は冷たいような優しいようなでしたが、用心深いだけですね。
急に謎な女の子が来て働きだしたら用心深くもなるし、
白玖の立場なら仕方ないです。
でも、それでもからかいがね…もうね…溜まらんですね。
とにかく最終的にはズルかったの一言です。

好きなエンドはベストですが、ノーマルもバットも、その後が気になります。
とくにノーマル。

楽しかったのです!
存分に堪能して、萌えて、腰砕けたのです。



では、これで『白玖』の感想を終わります。
スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)