--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2011'11.12.Sat

【薄桜鬼 随想録】 君菊・永倉新八・原田左之助感想

随想録は 甘甘だと思います。
なので 感想を書くと びっくりするほど長くてネタバレ満載になっちゃうと思うので
事件想起二の感想を。この話が好きなので。
それでもネタバレはありますので知りたくない人は読まないでください。


■なんとなく あらすじ
千姫から 島原で怪しいやからが会合していて
その中には父様に似た人がいたと聞いた千鶴は
千姫と君菊の力を借りて 芸者になりすまし
島原の角屋に潜入する…



では思うが侭に感想です。

君菊(?)・永倉新八・原田左之助の感想となります。


■このまま楽しむよー。
永倉が酔っ払った…


■君菊

なんか また選択肢が3つも出てきたよ。
とりあえず上の【お帰りになった方が……】を選ぶよ。

門限破りは切腹って 厳しいね。
藤堂が暗いままみんなと帰って行きました。
なんか 藤堂が暗いと調子狂うね。
やっぱ元気な藤堂がいいな。

部屋に戻ったら 君菊が来たよ。
なんか 誉められて 勧誘された…

数日後 芸者な千鶴が話題になってるらしい。可愛いからね。当然だね。
てか 主人公好きになるって どんだけだよ…


■永倉新八

んでは 次は選択肢真ん中の【永倉さんを介抱する】を選ぶよ。
酔っ払いは あれだね。コロコロと感情が変わるね。
そして なんで膝枕…
お兄ちゃんとしてしか見てないからなぁ…自分が。
なんか複雑な気分。
穏やかに寝てたはずなのに 起きるの早いわぁ。



■原田左之助

んと 次にいくよ。【原田さんはどうしますか?】です。

うわ。スチル顔近い!風間のときより近く見える!
てか なんか エロいよ…遊佐さんの声がいちいちエロいよ…
もう くっついちゃったらいいと思うの。
物凄くいい雰囲気のときに 浪士が!
ちょっ…空気よもうよー… 浪士 うざいよー…

数日後…あらぬ誤解をうけた原田は楽しかったです。
そうゆうのがあった時代らしいけど 
島原で男色宣言したら ダメだよね…
スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。