--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2012'12.18.Tue

パニックパレット 感想

Panic Palette

えっと、よくわからない人(攻略キャラ)に妃になれと迫られ
勝手に契約されたので それを回避する話です。


楽しかったです。
個人的には 内沼ルートが一番楽しくて好きです。



とりあえず好きなキャラBEST3。
1位 白原
面倒くさい子ですが黒さ加減が好きです。

2位 ノルレッテ
従者いいです。従者のくせに偉そうなところが良いのです。

3位 ヌイナイ
個別より2人一緒である方が魅力倍増で好きです。ここに白原が交わっても好きです。


ルカが攻略したくなるぐらいに可愛かったです。出来ないし女の子ですけどね。
特に内沼、乃凪ルートの彼女が可愛かった。
他にも ヨッシーも好きです。
あと本人ルートではない真朱とかも好き。
とにかく まぁ、みんな良かった。



続きは 各キャラの感想です。
ネタバレはしてるかもしれません。
それでも大丈夫な方は 続きをどうぞ。





 
 
真朱柑(CV.野島裕史)
なんか もう、大丈夫なのかなと心配になりました。
真朱の本気か嘘かわからないからかいとか それに男前に返す主人公の言葉とか
先生と生徒でありながら2人っきりで近所に出掛けたりするし 可愛いと連呼するし。
真朱は職を無くしたりしないだろうかと心配になる。
もう そんな浅慮な心配は ちゃんと話にも組み込まれていて
大変なことになってるんですけどね。
それ以上に大変なことも起きましたけどね……もう 何が何やら。
そして 結末は まぁ想像通りでした。
なんかいろんなゲームや漫画の教師キャラが頭を過りましたが
王道な流れだなと思います。
2人とも バカだなと思ったりしなくもない。
少し考えればお互いに不利な行動をとっていることがわかるのに
回避しようともしないんですもの。
主人公は まぁ仕方のない年齢だと納得できるけども
真朱はもうちょい どうにかできなかったのかと…うまく動きなさいよと…
でも 楽しかったです。教師との恋。いいっすねー。
現実では有り得ないですけど 楽しかった。
真朱みたいな先生がいたら学校楽しいだろうなぁ…
一緒にバカなことしてくれるし 頼りになるところもあるし なんか可愛くて憎めない。


烏羽一徒(CV.千葉一伸)
犬がいました。まさしく忠犬でした。獣耳生えますしね…
初めてのCGは笑わせてくれるし 舎弟だし 犬だしで 烏羽は元番長らしく硬派ですね。
数ある趣味は硬派とは違うものだったりしますが…。
烏羽ルートは三角関係なのですが
どうしても その三角関係となる女の子が受け付けないです。
くっつけたがるのは 誰のためなの?と聞きたい。悪い子でないんだろうけど 無理だなぁ…
まぁ そんな彼女は置いておいて いつも敬語?な烏羽がそれをやめて喋るとドキドキします。
敬語も 姐さんという呼び方も壁を感じますから
いくら他と違う態度をとられていても複雑なのです。
というか 敬語じゃないと雰囲気変わるなー…
あと、真朱と烏羽が繋がっててびっくり。……繋がってますよね?
それと 2人目だから薄々気づいてはいたけど ヨッシーの正体がBADENDでわかりまして…
でも それだと真朱の担任だった松本さんは一体?ってことになりますけどね。
謎を解いて新たな謎を突きつけられました。


黄朽葉宰(CV.野島健児)
本名リーディ・ヴォルパル7世は 国が違うというか住む世界が違うから
天然のような、物を知らなすぎるので 周りに遊ばれ変な知識を植えつけられ
不思議キャラが余計不思議に。
素直な反応を返されたら 遊びたくもなりますがね。
疑うってことをしないので 可愛いっちゃぁ可愛い。
で、黄朽葉ルートも 三角関係。
わかってはいたけど2度目の三角関係で 烏羽の時と違い相手の女の子のこと
結構好きなんで辛いですね。むしろ黄朽葉よりも彼女の方が好き。
いや… 可愛いんですよ。ツンデレで健気で。
まぁ、そんな彼女が身を引いて自分の世界に戻り
二人付き合い最後にちょっと嬉しいことがありました。
みんないて なんだか大団円的な雰囲気でしたね。
ヨッシーの正体が はっきりしましたが 松本さんは一体なんなのかわからないまま…
すげ替えられたの?で、松本さんは烏羽とも繋がってるっぽい。狭い世界……
それとノルの正体が薄々見えてきました。ただの球体ではないようだ。
とりあえず ヨッシーとノルは リーディにとことん甘い。


乃凪範尚(CV.杉田智和)
多分、唯一の常識人。濃い人たちの中で苦労する普通な人。
だから余計目立つようなそうじゃないような……
ものすごく乃凪を追って 捕まえたくて頑張っていたはずなのに
何故か内沼を好きって主人公が思い始めまして…
そうじゃないよ?今は そっち狙ってないよ?アウトオブ眼中ですよ!?と
プチパニック起こしました。
内沼は魅力的ですが まだなんです。世の中には順番ってもんがあるんです。
従兄で初恋だからって そんなことは知らねーです。もう まじで悦のお節介うぜー。
そして よくわからないままにルカのおかげで 乃凪と主人公の中身が入れ替わり
さっぱりよくわからない状況に…
シリアス展開を醸していたのに 急にファンタジー…
いや、もとからファンタジーだったから路線が戻った的な感じですかね。
そこからまたシリアス…しかも中身変わったまま…
で、まだ主人公は内沼が好きでそれを乃凪に相談しちゃうと。
もう本当にさっぱりわかりません。こちらの気持ち置いてきぼりです。
乃凪との恋愛なんてないのかねと思えるぐらいに。
まぁ、最終的には恋愛してくれるので良かった。
しかし ルカとノルの「失敗しちゃった☆」が可愛くて 悶える。あー… まじで可愛いなー……


白原尋也(CV.神谷浩史)
彼に突撃するまでに すでに4人終えているので
彼がどのような人かは だいたい掴めた状態で始めました。
第一印象なんて 軽くぶっ壊してくれましたね。黒い。真っ黒いです。
でも なんか爽やか風なのが憎めないというか なんというか…
簡単に言えば白原好きです。
ただ、覚醒?したときの顔は怖い。
白原ルートは何も不思議なことは起こらずに進むのかなぁと思ってたら
天使と悪魔の囁きがありました。
だが、不思議体験はそれぐらいで すごく大人しい仕様です。
それもあってか 一番好意が見えるような…
いや、リーディや烏羽の方が分かりやすいんですけど
白原のは女として見て自分のものにしたい感がするのです。
嫉妬したり 苛めたり 優しくしたり さりげなく気遣ったり… 恋愛な感じがします。
最後なんて激甘でした。個人的主観ですけど。
お姫様とかお嬢様とか… スキンシップも激しいなー


内沼葛(CV.鈴木達央)
主人公の前では頼れそうで まぁ、リトルエイドを知ってたら
誰!?ってなるぐらいにキャラ変わってますよね。乃凪の前では変わらずですけど。
で、話の流れは だいたい乃凪と変わらず 主人公が乃凪と入れ替わり。
つか 乃凪が内沼ルートを走っていたから仕方ないです。
今回はちゃんと内沼ルートなので 主人公が内沼を好きって気持ちも受け入れられます。
が、何故風紀の女子に笑顔を向けていたのを見てたのに 乃凪を好きと勘違いしますか。
え?となりますね。恋する乙女の発想力には脱帽です。
それと トイレ問題には大変笑わせていただきました。
サポートする内沼とサポートされる乃凪の姿をした主人公を想像するとシュールです。
その他にも シュールそうなものがいっぱいです。
そんなこんなで内沼ルートは一番笑えました。
変わらずルカもノルも可愛いですし 乃凪がいい味出してますし
沢登と内沼がかっこよくみえたりで 楽しかった。


ノルレッテ(CV.竹本英史)
最後です。人外です。各ルートで最後の方には 色んな姿を見せてくれた素敵な球体。
楽しみにしていましたが、どんな話なのかは全く想像出来ず。
はたして恋愛に発展するのかどうか。
ただ なんとなくリーディのときにノルの正体は あれなのかなぁ?と思ったぐらい。
で、結果は想像通りに正体はあってましたが
恋愛は……エピローグでそれとなく始まったぐらいですね。
翻弄されそうな雰囲気醸してますが いつまでこちらにいるつもりなのか…
いつかはあちらに連れていくのか… 色々と謎に包まれてました。



と、まぁ終わりました。
話の中でリトルエイドの双子が離れて暮らしていた謎が解明されてましたが
じぃちゃんは結婚させる気だったんだろうか…
色んなところで 色んな人たちが絡んでいて南青瀬は狭いなぁと感じました。

沢登手帳の偉人録で 二年の風紀のことが出るのを楽しみにしていて
いざ出たから見てみたら 匣が西村になってたんですけど… 半年の間に何が!?養子?
しかも 一緒くたにされてましたよ… なんか悲しいな。サブキャラは個別なのにさ。



では こんな感じで『パニックパレット』の感想を終わります。
スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。