--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2011'11.11.Fri

【薄桜鬼 随想録】 沖田総司・南雲薫感想

随想録は 甘甘だと思います。
なので 感想を書くと びっくりするほど長くてネタバレ満載になっちゃうと思うので
事件想起二の感想を。この話が好きなので。
それでもネタバレはありますので知りたくない人は読まないでください。


■なんとなく あらすじ
千姫から 島原で怪しいやからが会合していて
その中には父様に似た人がいたと聞いた千鶴は
千姫と君菊の力を借りて 芸者になりすまし
島原の角屋に潜入する…



では思うが侭に感想です。

沖田総司と南雲薫の感想となります。


■沖田に手紙を出すよ。
来るのが遅いなと思ってたら 外から沖田の名を言う声が聞こえてきましたよ。
これは もう部屋を飛び出して外に向かわねば!ってことで外に出たら 沖田いた。
浪士に囲まれていた。
斬り合いが始まりそうなときに薫を見つけたよ。
女の子な薫だね。
こんなとこいたら 危ないから 薫を助けるか 悲鳴を上げるかの選択肢がでるけど
まずは 沖田ルートにいきますよ。


■沖田総司

悲鳴を上げます。
その隙に沖田は浪士を斬り伏せて 千鶴の前へと立ちふさがる。
いいよー。沖田に守られる千鶴のスチルいい!
「今の可愛い君なら、守り甲斐あるし」とか。

なんか斎藤と山崎がでてきたけど そこは華麗にスルーします。

かんざし落としちゃってて
「じっとしてて。
……直してあげるから」

って声が 色っぽかった。堪らなかった。

「君が芸者だったら 毎晩通ってあげる」
だって!

沖田あまー。



よし。次。薫いきますよ。


■南雲薫

薫さんを助けます。
声で千鶴だって気づかれた。
「どうしてそのような格好を?
あなた、男の方……ですよね?」

当然ですよねー。普通そう聞くよねー。
なんやかんやと ちょっと話して 沖田や斎藤の斬り合いを見てたら 薫さんいなくなっちゃった…


数日後 巡察中に出会ったよ。
なんか「あの着物、とても似合ってらしたのに」って誉められた。
ちょい嬉しいなーって思ってたら 突っ込まれた…
薫だってさー 薫だって女装してるくせに!
てか なんで薫は女装してんの?なんでだ?

てか 薫出番少ない…
スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。