--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2011'11.08.Tue

【薄桜鬼】 沖田総司感想

思うが侭に感想です。

沖田総司と+αの感想となります。
「いい子だね、千鶴ちゃん。
後で、いっぱいほめてあげる」

だって!あの声で!あの森久保さんの声で!
今すぐにほめてくださいって思う。敵が目の前にいて危険だけどね。
それでも 今すぐにって思っちゃうのは 沖田だからだ。
いや 後でも 楽しみで仕方ないのだけども…


二回「何で?」って聞くところが堪らなく好き。
そのあとの「そんなこと言ってません」って ゆうのも イイ
たまに千鶴に対して敬語使うとか いいね。


沖田はさ
人に責任を押し付けないね。
土方には押し付けるけど それはまた違う理由からなんだろう。
いっつも 千鶴が気をつかわないように 気をつけて 基本笑顔でからかって なんか 見ていて辛くなる場面が多い。


「――僕が、君を殺してあげるよ」
言葉は物騒なのに 声音がひどく優しくて ギュッてなるね。
やっぱり 声があるって すごいな。
文字だけじゃ伝わりきれない感情とかがわかるから。


終章は 変に勘ぐってしまって 幸せだけど辛くなります。
眠くないって言ってたのに 先に寝てしまって このまま目が覚めないんじゃないかと泣きそうになります。
どうか 出来るだけ長く穏やかに二人には幸せになってほしく思う…
本当に そう願ってしまう沖田ルートでした。




バッドエンドは もう悲しいよ!
スチルとるためには 仕方なく辿っていかなきゃいけないけど 悲しすぎるよ!
許したくなくても 許さなきゃって思う…
だって 沖田だって辛いでしょ?
意地悪はしてくるけど気をつかう優しい沖田なら 一人残してしまう千鶴を思って辛いまま 逝ってしまうんでしょ…
あぁ…バッドは本当に悲しい…



薫の壊れっぷりが好き
病んでるよね。
酷い扱いをしてきた人に復讐して
尚も妹に対して 自分と同じような苦しみを与えようとする…
でも 妹が好きなんだろう…
好きだから ムカついて 貶めようとして…壊れていくんだろうな
素敵な壊れっぷりで沖田ルートでしか会えないのが残念で仕方ない。

というか沖田とも 他のルートでは ほぼ会えないんだけどね。
労咳で…

スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。