--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2012'07.20.Fri

【あさき、ゆめみし】 フルコンプ感想

フルコンプしました!


あさき、ゆめみし』楽しかったです。
いちゃいちゃは 比較的少ないと思います。
抱きしめるなどのCGはあるけど ちゅーしてるCGは少ない。
8人攻略出来て それがあるのが3人。半数以下。
でも ストーリーが良いと思いました。だから 別にいちゃいちゃ少なくても楽しめました。
名前だけ登場してるキャラが多数いて そのキャラが気になったりはありました。

フルコンプするにあたり 称号集めには苦労しました。
R押しっぱは辛いです。人差し指に変な力入るから…



好きなキャラBEST3です。

1位 カガチ
男の娘です。ツンデレ。
服は太夫とアヤが選んだらしいが もうちょっと考えてほしかった…
純粋な生まれたてのような子なんだから ちゃんと男の子らしく育ててほしかった。
まぁ、今のままでも充分可愛くてイケます。


2位 高虎
カガチと迷うぐらいに好きです。もう 同率1位でいいぐらいです。
嫉妬深くて 腹黒いところが素敵です。


3位 祇王
可愛いです。
この一言に尽きます。
拗ねるのも 怯えるのも 泣いているのも 怒っているのも 可愛いです。



とりあえず 3人あげましたが 登場キャラ全員好きです。
薙羽哉は 上から目線で偉そうだけど憎めないし
愁ちゃんは 三十路手前に見えないぐらいのダメダメさんなのに 戦いになると頼れるし
霖は 謎すぎて気になるし
安綱は ほんとに幸せになっていただきたいぐらい良い人だし
アヤも太夫も 敵とは思えないぐらい良い人だし
壱人は ぶっ飛んでる感じが好きだし
虚空は 愁ちゃんよりもお兄ちゃんぽいし
風鬼は 低姿勢で情けないけど なんか好きだし
水鬼は ギャップが素敵だし
金鬼は 可愛い。


とにかく 味方は味方で素敵なキャラばかりですが
敵が敵で終わらないのが なんか好き。
絶対的な悪者はいなかったような気がします。
壱人に関しては BAD終わりの方が“らしい”ので 【永夜Ⅱ】が好き。
この人には ずっと酷い男でいてほしい。主人公が ダメになったとしても貫いてほしい。

そんな感じで『あさき、ゆめみし』好きです。


続きはBAD感想で終わりです。
ネタバレしてます。
それでも大丈夫な方だけ 続きをどうぞ。





 
 
【逃げる陽 残る月】
何も始まってなくて 何も起きなくて 何も終わってないED。
厭なことも 良いこともないです。
普通な終わりでした。
ヒントに 本編ではまだ出てきてない子が出てきて フライングにちょっと嬉しくなりました。
声であの子だと判断です。素敵ボイス…


【蛇の目】
怖いED。
表現が そこそこに生々しいなーと思いますが
ここで会ったカガチは外見はあれだが声は好きだ。
性格は……怖いね。破壊的なドS。
ヒントで祇王が泣くから
思わず これに進む選択肢を選んでごめんなさいと謝りたい気分になりましたよ。
そして またあの子が出てきて文句言ってました。
腹黒い感じがして好きだな… 本編ではまだ出てないけど。
「――ファラオの呪いとか降りかかればいいのに」がなんかツボった。


【雛鳥】
過保護EDみたいです。
まぁ そうですね。【逃げる陽 残る月】と変わらない。
ただ心変わりさせた人が変わっただけというものです。
ヒントでの愁ちゃんの言い訳に ちょっとビックリしました。
そして やっぱりまだ出逢っていない彼がいまして
「まだ出逢ってもないのにこんなところで喋ってる俺の存在をどうにかしてください」
と言われたけど こちらこそ早く出逢いたい。


【ひび、深く】
最後まで進めて 何もわからなくなったED。
ちょっと自分勝手と思わなくもないけど 気持ちもわからなくもない。そんな感じ。


【禍津緋】
赤に誘われて壊れたED。
珍しくヒントにあの子がいなくてビックリしました。
そんなことあるんですね。代わりに 敵?である子が2人。
1人は寝てしまい 嫌々ながらもヒントを言ってくれたと思ったら 背後から登場。
やっぱり ヒントはあの子の仕事みたいだ。


【そして明日に繋がる】
結界が補修されるED。
誰とも結ばれなかったときに発生するEDみたいです。
ある意味 結ばれたような気がしますけどね…ヒントであの子もそう言ってるし。
真っ白な世界で紡がれる言葉がキツい。


【契約終了】
薙羽哉の言葉に甘えたED。
そのあとは愁ちゃんに甘えた結末ですね。
祇王はどうしたんだろう。一緒に帰ったんですかね。
「常に上から目線の男なんてハゲればいいのに」と
ヒント中に毒づくあの子が大好きです。


【赤の世界】
短いEDでした。
想像すると怖いけど 怖い表現はありませんでした。
ヒントでは あの子が本編で出ているので
姿も名前もちゃんと表示されていて 少し嬉しい。
そして 彼は本編よりもヒントで腹黒い。


【鬼一口】
なんで誰も その侵入に気づかないのか不思議なED。
祇王とか愁ちゃんとか虚空とか安綱とか…なんで?
ヒントが2つ。ヒントをくれるあの子と壱人の相性って 悪いんだな… 仕方ないけど。
このEDは高虎のせいじゃないような気がする。
なんで他の気配に敏感そうな子たちが気づかないんだろう。不思議。


【白く降り注ぐ】
エンドロールで彼の独白を聴いて その後の展開に驚愕したED。
いつ、したんでしょうね。手が早いとは本当だったんだな。
ヒントをくれるあの子には 鬱だと言われました。
個人的には ラストが衝撃的すぎて 途中までは悲しかったけど 悲しみが消えました。
あれ ない方が鬱れたと思う。思いきって病んでしまえばよかったのにな…


【人形姫の夜】
ぐちゃぐちゃなED。
意識あるうちに 中を暴かれて ぐちゃぐちゃにされるのはイヤだ。


【ユメノオワリ】
また廻るんだろうなと思わせるED。
悲しいなと。ずっと傍にいてくれた彼の言葉がキツかったです。
ヒントをくれるあの子は 優しかったと思います。
その優しさが余計キツく感じました。


【永夜Ⅰ】
あっさりと軽い調子で殺されたED。
ヒントで この結末に導いた人の軽さに ちょっとイラっとしちゃった。
いつも ヒントくれるあの子の無視加減が好き。


【永夜Ⅱ】
暗闇に囚われて 自尽さえできないED。
んと 壱人らしいEDだなぁと。よくわからないですけど。
何がしたいんだろう…


【輝血】
止めれなくて身を呈した結果 色んな人を傷つけたED。
これはダメです。キツい。
誰にも渡さないと抱きしめる姿が キツい。


【供物の娘】
沙耶の最後の言葉で胸が本気で痛くなったED。
あれは 彼に大きな傷を残しそうです。それでなくても すごい謝ってたのに…
ヒントをくれるあの子の怒りが半端ないです。
他のときは そこまで怒らないのに… 相手が彼だからねぇ。
仕方ない。ヒントくれないし…
代わりに水鬼がくれましたけどねぇ。


【タソガレ】
街に彼が帰ってこないED。
ヒントにあの子がいなくて祇王がいた。祇王はいつでも優しいなー。


【ひび、割れる】
すごい あっさりしたEDでした。
残念そうに、呆れた感じでヒント出されるし 二重にショックです。


【途切れえぬ永遠】
【そして明日に繋がる】と同じ結末。
白い世界で 名前を呼ばれる度に泣きそうになります。
報われなさすぎて辛いのです。
ヒントも同じでしたね。
全く同じって…………どうよ……?


【サイカイ】
男同士の心中ED。
同じ身体、同じ声なら 間違えても仕方ないですね… イヤだけど。
流石にヒントに あの子の姿はありませんでした。代わりに三鬼がいました。



BADは悲しいんですけど いろんなパターンがあったので良い。
タイトル違うだけで 中身一緒がひとつあるけど…
ヒントに あの子が出てきて 誰かと一緒なら
ちょっとしたかけあいをするので それが好きでした。
だから BAD見ることも そこまで苦では無かったです。





では、これで『あさき、ゆめみし』の感想を終わります。
 
スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。