--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2012'07.15.Sun

あさき、ゆめみし カガチ感想

あさき、ゆめみし

4人目は 【カガチ】(CV.斎賀みつき)。
12.jpg
郷に現れた妖のひとり。
愛らしい姿で残酷な物言いをする。




では カガチの感想です。
ネタバレしてます。
それでも大丈夫な方は 続きをどうぞ。





 
 
「べ、別にあんなキズ、ボクは自分で治す事だってできたんだからなっ」
敵として出会ってるから どう絡むのか不安でした。
神社の石段に座る挙動不審な子。
誰かはわからず声をかけたらカガチで 捻挫をしていて バカにされつつ治してあげて…
敵として会ったときは ちょっと怖かったんだけど この子単なるツンデレだ。
人を信用することが怖くて拒絶する子。


「……はあ。またでいいよ。じゃ、殺されなかったらまたね」
妖の世界に迷い込んだら カガチが境目まで連れていってくれました。しかも手を繋いで。
渋々“またね”と返してくれるし
しつこく手を振っていたら 一度だけ振り返してくれるし カガチへの印象はますます変わる。
祇王ぐらい可愛い子だと思う。


「――楽しかったよ」
お礼を込めて 花火を楽しんだ夜。
敵だなんて思えない、思いたくない夜です。
いや、もう だいぶ前から カガチを敵だと認識していない気がします。
文句言いつつ助けてくれたり 話をしてくれたりして 優しくて可愛いから。

「これ以上、一緒にいちゃいけないんだ」
花火を楽しんだ帰り。
敵だと改めて言われて 一緒にいれない理由を言われて 告白したけど拒絶されました。
色んな理由があるけど 仕方ないんだと思えるけど 悲しい。
カガチと別れて 祇王が何があっても沙耶の味方だと優しくしてくれて よけいに悲しい。


「ボクは……キミと一緒にいる。太夫さまの元へはもう戻らない」
いっぱい悩んでくれたんでしょうか。
カガチにとっては 大きな選択なんだろうなー…
それよりも カガチが男か女か。大問題です。
見た目は女の子のようなんですよね。女の子だと思ってたし。
着物も女の子物のように見えるし… 声は、少年声だけど中の人は…ねぇ。
道を踏み外すものではないっぽい、はっきりとしない回答を頂いたけど
怒ってもいるから 男の子でいいのかな。
あー…でも たぶん今回は 女の子でも気にならなかったかもです。
個人的に女の子を攻略するのは好きではないけど
妖だし性別はどっちでも構わない。人外だもの。


「あつ!? ちょっと!! やめろよ!!
 ボク、蛇なんだから熱すぎるのも、冷たすぎるのもダメなんだよ!!」

カガチと祇王のお風呂タイム。
うん。カガチ男の子なんだな。
しかし CG付きで なんだか すぺしゃるです。
可愛いと思う2人のお風呂CG… イイ。
2人が仲良くなるのは素敵なことです。その間に沙耶がいることが嬉しい。
そんで みんながカガチを受け入れてくれたら もっと嬉しくて幸せ。



【遠き、理想郷】
途中まで大団円的な結末だなと思っていたら そうじゃなかったED。
「ボクを信じてくれてありがとう。大好きだよ」
BADのようだけど そうではない気がします。
なんとなくBADEDだとは思いたくないかなぁと。だから こっちに感想。
だって 選んだ道は沙耶にとっては辛いかもしれないけど 幸せな人は確実にいたから。
ヒントでは祇王が暗くなってるけど あの子がたしなめて 一緒にちゃんとヒントくれました。

因みに この話のその後が知りたい……


【桜の花の満開のした】
カガチがデレるED。
「世界でいちばん。 ボクの全てをかけてキミを愛するよ」
卒業したら伊那砂郷に住んで ずっと一緒だと約束。
デレるカガチが可愛いくて たまらない。



カガチ 可愛い。
初対面での残虐性が嘘のように可愛いです。だから すごい好き。
男の娘のようだけど 自分の格好が女の子に見えるってことに気づいていないところや
からかいや冗談を真に受けてしまう純粋なところが 可愛いすぎて たまらないです。
誰か格好のこと言えばいいのに… 似合ってるからいいけど。



では、これでカガチの感想を終わります。
スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。