--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2012'06.18.Mon

十三支演義 ~偃月三国伝~ 張飛感想

十三支演義 ~偃月三国伝~

3人目は 張飛。(CV.岡本信彦)
200_40_cyohi.jpg

劉備、関羽と姉弟同然に育って 猪突猛進な猫族の少年。
自分より年上で強く賢い関羽のことが大好きで 常に認められたいと頑張ってるらしい。


では 張飛の感想です。
ネタバレしてます。可愛い可愛いうるさいです。
それでも大丈夫な方は続きをどうぞ。





 
 
ほぼ初めからの登場で なんしか可愛いです。
同じ猫族ですし 姉貴と慕ってくる姿も可愛い。
ちょっと おバカっぽくて軽い感じがしますが そこがまた可愛い。

「なあ、オレってそんなに頼りねぇ?」と聞いてくる張飛が
真っ直ぐで、頼ってほしくて必死な感じが可愛くて癒されます。
やっぱり好意が目に見えてわかるのは楽しいです。
頼ったり 褒めると可愛い反応を見せてくれるから 張飛好き。

蘇双に「馬鹿なの?」と2回も言われる第三章。
けっこう凹めるな…蘇双の言葉って。
桃園システムで 張飛をメインに見ていきます。
しゃべり方可愛いの。関羽と話してるのが嬉しそうな感じがして にやける。
関羽が鈍感で 張飛の気持ちに気づかなくて ふてくされるのとかも可愛い。
好きーって わかりやすいぐらいの態度なのに 気づかない関羽は
いつ頃から弟から男としてみるのか気になります。
とにかく 張飛の全てが可愛いわ。可愛いしかねー。

劉備を人質にとられ 仕方なく曹操に協力して董卓を討ち取りに行きますが失敗。
態勢を立て直して 味方を増やして 改めて戦を仕掛ける前夜。
張飛、蘇双、関定、劉備と嫁についてのお話。
「嘘つき」って張飛に言われたけど 昔小さい頃に約束してたとか そんなんですかね?
いやー でも楽しいです。素直に楽しいと思える。
前の2人が アレだったんで 張飛は まだ共通ルートだっていうのに 顔綻びっぱなしですよ。
1度目の戦の宴に参加の件も楽しい。
手のひらを返したように 関羽をちやほやする人間に対して 威嚇。
十三支演義 〜偃月三国伝〜0006
唸る?ふつー…言葉にしようよ。
後半 喋ってないよ。唸ってただけだよ。バリエーションはあったけどね。
曹操にも呆れられちゃう始末です。
ああ もう……まじで可愛い。

関羽のピンチに暴走し獣化した張飛を ボッコボコに殴って正気に戻すお姉ちゃん。
ある意味お姉ちゃんも暴走。
それを落ち着かせる趙雲がかっこいいのなんのって… ダメでしょ… 心がそっちにいっちゃうよ?
でも ちゃんと張飛に慰める役を譲る趙雲がまた かっこいいのなんのって… 爽やかだわ。


第五章から 【張飛】の個別ルートに入りました。
張飛の暴走、劉備の異変、疲れから意識をなくした関羽。
関羽が寝ている間に状勢は変わり 猫族は曹操から自由になり猫族の村に戻ってはきたけど
村が焼き払われて これからの話をしていて来たのは趙雲。
夏候惇と同じ流れですねー。張遼が特殊だったんですね。たぶん。

公孫贊は良い人で好き。陶謙ぐらい好き。
張飛の失礼具合に怒ることもないし
自分の領地の素敵な場所を移住の場としてくれるんですもの。
公孫越は 嫌いだけどね。
というか 公孫贊をたぶらかした女とか 公孫贊の罪滅ぼしとか気になるけど
それは趙雲ルートでわかるんですかね?

すっごい平和で穏やかに話が進んでいましたが
第六章では 公孫贊の恩に報いるため
曹操の脅威にさらされ助けを求めてきた陶謙を助けに行きます。
夏候惇ルートとだいたい同じではあるけれど 流れがちょっと違いました。

途中 天然たらしに関羽が動揺するのを止める張飛が見れますが
ダメでしょ…天然たらし ずるいよ。また 心奪われるよ。

一度は徐州から離れたのに 助けに舞い戻るとか
猫族も趙雲とこの兵もかっこよすぎて ちょっと感動した…
助けたいけど みんなを巻き込めないと悩む関羽の考えを
ずっと見てたからわかるんだと当てた張飛に
引く関定と付きまとい行為はダメとたしなめる蘇双。
「付きまとい行為って!! 好きな娘見ちゃうの 子供の純粋な行動だからね!」
好きな娘とか そこそこに大きな声で言ってるのに関羽は華麗にスルー。
不憫だけど スルーされることわかって言ってる節がありますね。
関羽より関羽がわかる張飛だから。

なんだろう。戦してるのに 萌えポイントが所々に転がってるから楽しくて仕方がない。
張飛だけじゃなく 趙雲にまで萌えますからね。
意外なところでは サブキャラである陶謙とか糜竺も萌えではないけど好きです。
もちろん公孫贊や猫族の蘇双、関定、世平、劉備もイイ。
敵である曹操もいいよ。夏候惇、張遼ルートとはえらい違いだよ…

可愛い張飛に萌えつつ
穏やかに徐州で生活をしていたら 呂布が現れる第七章。

呂布の執着めんどくさいっす。

呂布が来てから疲れ続きで隣で眠る関羽のほっぺを触る張飛。
「おおー! やらけー、すべすべー…… はぁ、おちつくわぁ……」
……男の子だなぁ。好きな娘が寝てる隙にほっぺ触るとか…幸せそうだし。
幸せ感じてたら 趙雲が会議の時間だと呼びに来たけど 熟睡してるから寝かせておこうと。
張飛には気を許しているんだろうと持ち上げといて
「まぁ、男として見られてないだけかもしれないがな」と落とす意地悪付き。
そして 悪さはするなとたしなめ付き。

袁術から話し合いのお誘いが来て 張飛と劉備に出かけることを伝えるときが 楽しいっす。
趙雲とお出掛けだからと駄々をコネる張飛は可愛いの。
そして 自分は不安です。趙雲と行動なんて 心奪われるのが目に見えていますもの。
呂布が何やら画策していて そちらも不安。

心を奪われることはなかったけど 徐州は呂布に奪われ 劉備やみんなが囚われました。
残ったのは 関羽と趙雲と張飛。
張飛が追いかけてきたから…猪突猛進をこんなところで発揮しなくても…

曹操の協力を得て奪い返しますが 趙雲がずっとかっこいいよ。男前だよ。ずるーい。
曹操もかっこいいし…。張飛が霞む…可愛さでは 今のところ一番だけどね!
夏候惇と夏候淵は 相変わらずだね。
呂布の狂気は素晴らしいです。気持ちイイぐらいにヘンタイで いい声で好きです。
張飛にやられて鳴く声も素敵だ。
やっぱり男性の悲鳴より女性の悲鳴の方が聞き苦しくないなー…
張飛が獣化して呂布を倒して関羽を拉致し唸りながら甘える姿が可愛いっす。

獣化した張飛を受け入れてくれる徐州の人たち好きだーっ!
いいやつらばっかりだ!
その後 張飛が留守番せず関羽を追いかけたから ボコボコ。微笑ましい…

感謝祭をやり直して 張飛が好きと言った綺麗な着物を着て
内緒にしていることを話そうと祭に誘う第八章。

「今日の姉貴、本当にキレイだね」と褒める張飛が いつもの調子と違ってドキドキします。
いつも わちゃわちゃと騒がしいのに!
誰だ!?ってぐらい雰囲気が違いますよ。
張飛が単独のCGはあるけど 関羽と一緒のCGが欲しかった。綺麗な着物みたかったなー…
その後 話を聞いた張飛は拗ねて どっか行った。
仕方ないかなぁ。
小さい頃にした約束忘れられてるし 関羽は1人曹操のとこ行かなきゃだし…拗ねちゃうね。

徐州を立つ日に迎えに来たのは 夏候惇と夏候淵。
というか 迎えじゃなく張飛を討伐に来たらしい。帝の命で。
つか 急に帝とか言われても 誰?ってなりますよね。さっぱりですよ。
張飛はみんなのおかげで逃げ 関羽は曹操のとこに連れていかれ
小さな頃に張飛とした約束を夢にみました。
泣き虫で偉そうで駄々っ子な張飛が可愛くて にやけます。
結婚の約束してた。泣かないで守れるようになったら結婚と。
泣いてるよなー…張飛すぐ泣くよなー…

曹操に使われ張飛を心配する毎日を繰り返した半年後、山賊になった張飛と再会。
猫族のとこにも どこにも居場所ないから心配してれば 山賊ですよ。
しかも あのわちゃわちゃがなくなってて アンタって呼ぶし 嫌味まで言ってきて可愛くない!

話をして誤解を解いて 気持ちを確かめあって なんかいちゃいちゃされた…
わちゃわちゃ感はない。随分と落ち着いたみたいです。でも なんとなく可愛いわ。
再会を喜び 近隣の村を襲ってたって誤解も解け ほのぼのしてたら
山賊の頭領が張飛だと気づいた曹操軍が攻めてきて さあ、大変。

張飛や張飛を慕う人たちと一緒に曹操軍から逃げた第九章。
頼れる張飛に違和感。男の子の成長は早いっすね。
たった半年で あんなに可愛かった張飛が落ち着くとか…
「しぃ、みんな起きちゃうよ……」とか言いながら
一緒の布団に入ってきて後ろから抱きしめるんですよ?
膝枕してもらってる劉備を羨ましがってた子が
そんな大胆な行動とってくるなんて ドキドキするし萌える…。

徐州にいる猫族と徐州の人たちと合流して何千もの大所帯で逃亡。だって曹操怖いんだもん。
猫族が張飛と関羽についてくるのはわかるけど 徐州の人たちまで来るとは思わなかった。
ホントに徐州の人たちはいいやつばっかで大好きだ!趙雲も糜竺までもいるし!

曹操に追われる中、小さな頃につけた背中の傷を見せてと可愛くお願いされた…
んで 背中見て 傷痕はなくて
「……だから、結婚の約束も白紙に戻していい?」
なんでやねん!
「ごめんね、オレばっかり姉貴を嫁にって騒いで。でも、全部忘れて…… 
キレイに治った傷みたいに」

だから なんでやねん!
このお別れですよーみたいな流れに戸惑います。
いくら素敵な声で言われても 突っ込まずにはいられなかったの。
自分勝手だからね。例え守るためでもね。

曹操軍と1人戦ってて 関羽が張飛の元についたときには
燃える橋の上に曹操と二人いて 落ちたから 一緒に落ちて…
どうにか助かったら 背中に怪我。

「オレ、責任とるから。今度こそ本当に、姉貴を嫁に貰ってもいい?」
「本当に……? もう白紙にしたりしない?」
「うん。もうしない。絶対しない。だから、今度こそ本当にオレの嫁さんになって」
「うん。うん」
「もう絶対離れないから」


ちょっと 泣きそうにね、なりました。
今度は勝手なことしないとか言ってくれたから。

新しい場所で暮らしだして 結婚式。
しかし なぜだろう…
張飛が前の張飛みたいになってる。みんなの前では 少し戻るんだなぁ。
すっごく幸せそう。



すっごく楽しかったです。
いっぱい萌えたぁ。ときめいた。
第九章まで 可愛いかったのに 頼れる男になって…
唸る姿も大好きです。
ただ 趙雲がやばい。心奪われまくった…天然たらしは タチが悪く卑怯です。
夏候惇や張遼のときはなかったのに…


BADEDは BADらしくテンション下がりました。
帝とか意味わかんねぇよ。声さえあてられてない奴の命で処刑とかないわー…




さて、信くんですが 前書きでも書いたように個人的には3連チャン。
今回すごく可愛かったです。唸るとか 拗ねるとか 泣くとか とにかく可愛かった。
でも 山賊になってからのわちゃわちゃしていない声も好き。



では これで張飛の感想を終わります。

スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。