--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2012'06.18.Mon

十三支演義 ~偃月三国伝~ 張遼感想

十三支演義 ~偃月三国伝~

2人目は 張遼。(CV.遊佐浩二)
200_40_cyoryo.jpg

呂布の部下です。万能武将らしいです。


では 張遼の感想です。
ネタバレしてます。多少辛口です。
それでも大丈夫な方は続きをどうぞ。





 
 
第三章の桃園システムで やっと出会います。それまでは 劉備に癒されときます。
出会いは良き印象です。
優しそうですし おっとりしてますし 紳士的ですし 口元のセクシーボクロに惹かれる。
というか まさかの猫族の存在を知らなかったから差別しなかったとか…
なんかよくわからないけど ズレてるような気がします。
ついでに呂布と貂蝉にも会いました。
呂布には気に入られ 貂蝉には嫌われ ここでやっと張遼の名前を知ります。
張遼も呂布も 今までのどの人間よりも優しくて好意的で なんか むずむずします。
人間には嫌われるものだから。差別されることが当たり前だから。
ただ 2人とも怖い。
呂布は物騒ことを言うし 張遼はそんな呂布の言うことを笑顔で受け入れるもの。
男嫌いの呂布が張遼を傍に置いている理由は とても気になります。

なんやかんやと張遼と絡みますが
呂布様が――とか 呂布様は――とか 呂布様に――とか どこかであったようなセリフ。
曹操のとこのような盲目的な崇拝な感じはしないですが
こんな張遼といちゃいちゃできるんですかね?
自分の意思とか恋愛感情なるものはあるんだろうかと不安になります。

董卓を追うために 夏候惇と夏候淵と協力し 張遼を突破しようとしたときのCG。
十三支演義 〜偃月三国伝〜0002
張遼の左手が お尻に触れようとしているように見えるのは自分だけでしょうか…
抱えられているのに ドキドキしない… 非常に残念だ。
しかし 「可愛い子猫ちゃん」は ちょっとクる。
何故かバカにされてる気分にはなりますが…不思議。

第四章。董卓討伐のための戦の前日、散歩に出たら 張遼に会いました。
敵なのに神出鬼没すぎて こえー。
偵察に来たら 関羽を見かけたから挨拶をと思ったとか 張遼の思考がわからないです。
「どうして私は貴女に声をかけてしまったのでしょう。 どうしてでしょうか?」
なんて こっちが知りたい。わけがわからない。ズレ過ぎてます。

戦に勝ち、宴から逃げて川に行けば また張遼出現。敵陣に現れすぎです。
まさかの呂布のものまねをしつつ 呂布の言伝を伝える張遼に引いた…
そして 首になんかした。前に呂布もしてたから それも呂布の真似なのかね…

張遼が謎過ぎて 萌えポイントを見失いつつ進めている中、
虎牢関を落とした関羽を責める夏候惇、趙雲、曹操に萌えました。
隙がありすぎるとか なんで無茶をするんだとか 無謀過ぎるとか…
責められてるけど 楽しかった♪


第五章から 【張遼】の個別ルートに入りました。
曹操から自由になり猫族の村に戻ってはきたけど 村は焼き払われていて
これからどうするかの話し合いの最中 張遼が出現し長安へ。
いつも冷静で淡々と喋る蘇双が張遼を敵視して怒鳴る姿が見れました。貴重なルートです。

「私はいつでも貴女の味方ですから」と壊れた玩具みたいに何度も言ってくれます。
気持ちがこもってないように聞こえるから あんまり嬉しくない…

普通の人間より頑丈って なんなんだろう。
張遼わからない。掴めないまま長安から逃げだし 徐州に移ります。
徐州の太守、陶謙は優しいおじぃちゃんで好き。というか徐州の人たち好き。差別しないもの。
そんな好きなおじぃちゃんも戦で倒れてしまって… 悲しい。
悲しいけど 徐州を譲ってくれて やっぱり おじぃちゃん好き。
徐州で人間と猫族と楽しく幸せに暮らしていたら呂布が来て
なんやかんやあり 呂布に徐州を奪われました。
彼女いんのに 他に手を出すとか やめていただきたい。
嫉妬する貂蝉めんどくさいんだよ…キャンキャンとうるさい。
張遼は 相変わらず 呂布様の命が――って言ってて
ちょっと混乱しているようには見えますが 自分の意思があるように見えない。

猫族と徐州の人を人質に呂布の配下となり
戦に参加させられ呂布の快楽に付き合わされる日々。萌えポイントがわからない…

2度目の張遼による呂布の真似。やっぱり 引くわ。
その真似で休暇を貰ったので
久々に小沛にいる猫族に会いに行きますが 張遼もついてきます。
張遼は 関羽に人間らしさを学んでいるところだから。
それだけではなければいいんですけどね…
会えないのが寂しいからついてくるとかなら萌えるんだけど 張遼はわからないから さっぱり。
そんなこと思ってもないだろうな。

久々に会った劉備と張飛が可愛くて 萌える。
人間らしさを学ぶ中で、得意の?張遼のものまね。
張飛の口調を真似るけど… ないな。ない。張飛の真似は 呂布の真似より ない。
次は 劉備の行動の真似。ちょっと ありかな…CGありだし。
「ぎゅー」は可愛い。劉備には負けるけども…

寝ないし 多少の傷は問題ないし ご飯食べないし 常識知らないし
呂布の命令は絶対だし… 張遼って何なんだろう。人造人間的な?
替えがきくとか 気になる言い方です。

第八章
「呂布様の命令ではなく私の意思で、貴女を守らせていただけませんか?」と言われました。
意思あったんだ!と驚きです。
大切な人だとも言われましたし…
照れる張遼が可愛いっす。人間っぽい。

「貴女を大切に思う気持ちも人間らしさなら。
私は、人間になりたい……」


気になります。とても。
でも この時代に人造人間っぽいものがあるのは
おかしいと思ってしまうから わけがわからないんですよね。

貂蝉のお願いで呂布には内緒で袁術との和睦のために准南に向かう途中
張遼に告白されましたが 和睦の話が終わるまで待ってもらいます。
告白されたのに ときめかないのは 張遼がおっとりしているからかなぁとか思います。
嬉しいんですけどね…
その後、袁紹軍が攻めてきて巻き込まれる形で怪我をし
張遼に守られながら意識を失いました。
矢を受けながらも守りつつ 徐州に戻る張遼の姿が見ていて辛いです。
まだ萌えポイントがみつかりません。それどころか幸せが見えません。

目を覚ましたら小沛で劉備や張飛とかがいた。
癒しな2人ですが それよりも張遼が気になります。

第九章。

張遼に会いに言ったら「はじめまして」と。
あー…もう、わけがわからないですね。
会話が成り立たないし また呂布様が――とか 呂布様の――とか 呂布のことばかり。
人が変わったように。

それから呂布のすることに耐えきれなくなり
ちょうど来ていた曹操と袁紹と手を組み 呂布を倒すために動きます。
でも 神出鬼没な張遼に見つかり拉致されて 知りました。
まぁ、人造人間とかではないけど 何かの術?呪い?そのようなわけのわからない力で
老いもせず生きていたみたいです。呂布が仙女だから。
貂蝉が 呂布の怒りを買って 仙術とやらの契約破棄されて消えたもの。
そして 前の張遼を見せられました。
今、動いている張遼は呂布が新しく作った人形で
前の、関羽に告白してきた張遼は壊れて動かなくなったと。
ちょっと泣きそうになります…
同じ顔、同じ声で 前の張遼を出来損ないって言う張遼2号にイラッとしますね。

みんなを守るために呂布と魂の契約をしようとしたら 張遼が「駄目です……!」って…
涙がね、じんわりと。
張遼と2号を戦わせる呂布が 嫌いだ…
知ってたけど 変態だ。変わった性癖。ドSより酷い。

とりあえず 逃げだして 体制を立て直し改めて呂布を倒しに行きます。
呂布に辿り着くまでに土人形が大量にいて みんなに任せ 関羽と張遼で討ち取ります。

「呂布に作られた土人形は崩れていった。ならば、おそらく……」
ですよねー。
呂布倒すってことは そういうことですよね。
その可能性に 気づいたのが曹操だけっていうのが なんだか不思議です。
張遼は あえて言わないのはわかるのだけど なぜ気づかないのか…
というか 幸せが見えません。
お別れだと涙を流す張遼が綺麗。

何とかすることができて 張遼とずっと一緒に生きる道がありました。



んと… 申し訳ないが萌えポイントが最後まで見つけられませんでした。
強いてあげれば劉備の真似をしたとき。ぎゅーは可愛い。
楽しくないわけではないです。
張遼が人間らしさを学ぶあたりとか 関羽を守ろうとしているところとか
好きだと思えますが 萌えではない。
感情の起伏がなくて一定の調子で喋るから読み取りにくいのかなぁと思います。
今、嬉しいのかな?悲しいのかな?って考えてしまうから…



BADEDは 想像通りのものでした。
幸せな終わりの方が好きですが 張遼に関しては しっくりきます。
2号に殺されるEDは意外に好き。呂布に作られたって感じがします。


とりあえず 遊佐さんの声は素敵。
吐息や苦しそうな辛そうな声の時が 特に好きです。
わかりにくいんですけどね…本当に苦しんでるのか辛いのか。



では これで張遼の感想を終わります。
スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。