--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2012'05.12.Sat

ARMEN NOIR ソード感想

ARMEN NOIR

swd_s.jpg

クリムソンが思っていた以上に素敵でした。
ちょーっと攻略順間違えた感じがしないでもなかったけどとても楽しめた。


で、ソードです。
バウンティア側2人目です。
全体でいうと4人目。
育ての親は 今までの3人のルートでもわかるように
厳しいこと言いつつ 最後はノアールに甘くて優しい。
色々と楽しそうな人なのでウキウキで始めてみました。



では ソードと絶望の都市で光を見つけるために少しだけいちゃついた感想です。
ネタバレしてます。
それでも大丈夫な方は続きをどうぞ。





 
 
【共通1章】
育ての親であるソードと対面したのは訓練室。
出会ってすぐに挨拶もせず訓練。全然甘やかす素振りもなく厳しい。
朝の挨拶ぐらいしたらいいと思うの。常識として。だから冷たい印象なんだよ。
けど 訓練が終わりゼクスを交えて話していると なんとなく甘やかす。
ゼクスを怖がるノアールがソードの背に隠れてもフォローするもの。大事にしてるなと思える。


【共通2章】
厳しく接するのに 心配したとか なんかきゅんてなります。
優しい声で「いつまで経っても子供だな」とか。
「おまえを育てたのは俺だ、おまえの全てに俺は責任がある。それを忘れるな、ナスカ」とか。
厳しいけど甘い素敵な育ての親ですね。
他にも色々気を遣ってくれたりする。
ただ もうちょっとわかりやすく甘やかしてほしいけど… ソードじゃぁ無理なんだろうな。
そういうことに不器用そうだ。

ナイヴスを倒しに行く前にソードとお話。
ナイヴスを倒せなければ ソードがやると
「そして――おまえも、俺が終わらせる」と。
これ毎回言われてるけど 守られたことないな。
ソードの優しさはわかりにくい。


【共通3章】【共通5章】
賞金首側でのほのぼのなお話なので 省略。


【共通6章】
夜中にソードたちが来て
「賞金首として狩られるか。クリムソンを殺し、ハンターとしてバウンティアに戻るか」
選択を迫られました。
ホント毎回思うけど この選択優しくない。
仕方ないから【クリムソンを殺す】を選択します。


【ハンタールート7章】
クリムソンを殺ることなんて出来ずにいるとソードが殺った。
悲鳴を聞いてナイヴスが駆けつけてきて やっぱり この展開なんだねぇ。
慣れないね。優しくないね。ナイヴス来ないでほしいね…


【ハンタールート8章】
ナイヴスったらやっぱり機械人形にされてるし。テンション下がるねぇ。
ハンタールートの絶望感は半端ないや。
レインもさ もう来ないでほしいね。ナイヴスだけでも辛いのにこれ以上見たくないや。
たぶん来るんだろうけど…と思いながら進めます。


【ソードルート1章】
駆除命令が無しになり ソードに部屋に来いと言われ行きます。
心はまだ落ちたままなので 優しくされたい。と期待しながら進めたら
ファームでの生活を聞かれた。
ファームでの生活は楽しかったけど ソードがいなくて…
ソードに失望されたくなくてバウンティアに戻ったけど
自分は駄目なままだと嘆き謝るノアールにソードが怒った。
何かを言おうとして言わないソードにもやもやする。
嫌いにならないでと泣きながら願うノアールに苦しくなる。
なのに 数時間後には駆除命令が出るから部屋に戻れって言うんだ。
期待した自分がバカだった…優しくしてくれるなんて思っちゃいけないんだな。
ソードの甘やかしはわかりにくくて 基本厳しいのだから。


【ソードルート2章】
クーロンが優しい。嫌じゃないけど、むしろ嬉しいけど
ノワールのごはんが心配ならクーロンに頼まず 自分ですればいいのに…わかりにくいよ。
ソードにも事情があったけど。レインを駆除しに行ってるって事情。

ソードとレインのもとに向かって声をかけたら
「ノワール!?おまえ、無事だったのか……!」って。
……ごめんなさいって思わず謝りそうになった。
レインは拐われたと思ってるのかね…罪悪感しかないなー。
レインの死ぬとこなんて見たくないと思ってたら
間にノワールが入って負傷した。それはそれで嫌。
「やめ、て、ソード……! レインを、殺さないで……」って血を流しながら言うのです。
なんとか止めれたけど レインとは決別して ソードとバウンティアに。

問題なく動かすのに3週間は必要な怪我なのに
今夜駆除に出ろと言いに来たゼクスが嫌いだ。
共通2章で逃がしたスクラッパーが相手。
ソードが反対してくれたけど命令は絶対。

スクラッパーを倒したけど 意識が飛びそうになったところで声をかけてきたのは クーロン。
また ちょっと期待したんだけどな…ソードが来てくれるかなって。
無理なんだな…ソードって縛られてるなぁ。

バウンティアに戻り ゼクス嫌いだなと思えることがあって ソードが優しくしてくれた。
少し嬉しい。物足りないけど 育ての親で兄みたいなものだから仕方ないんだろう。
ソードがいてくれるだけでいいと言うノワールに
「これから何があっても、何を失っても、
俺が――何をしても、俺を信じていられるか、ナスカ」
と。
【信じる】を選んだら すぐに暗転した。

それよりも ノワールの傷が半端ない。肩の傷は悪化してるし 鎖骨と肋骨にはヒビ。
ノワールの体傷だらけなんじゃないかと心配になる。女の子なのに…


【ソードルート3章】
ソードがノワールを連れてバウンティアから逃げる覚悟を決めた模様。
ゼクスに遣い潰されるノワールが我慢ならないと。
バウンティアの出入口でエルと遭遇。
勝ち目がないのがわかってるのに命令を拒絶することはできないからとエルが阻む。
勝負はすぐについて エルが破壊を望んで ソードが了承して…
いやな感じです。またテンション下がるのです。
エル良い子だからね。優しくて ノアールを大事に思ってくれる不思議な機械人形だから。

逃亡先の最下層、工場跡地の管理小屋で 湯の沸かし方さえわからないソードが楽しい。
ノアールがわかることに驚いてるけど ファームでの経験が実を結んだね。
その後バウンティアを出るということを思い付かなくて傷つけたと謝ってくれた。
そして「俺は、今更おまえを他の人間に託したくない」と言ってくれました。嬉しい。

ソードといちゃついた。
急だったんで 驚いたけど いちゃいちゃは良いものです。沈んだ気持ちも浮上します。
キスをねだるノアール初めて見たし貴重だ。
二度のちゅーを経て
「……今は、ここまでにしておく。これ以上はよくない」
「……止まらなくなると困る。そこまで節操なしとは思われたくない」

とか言うけど 節操なしとかよりもノアールが怪我してるんだから
これ以上は物理的に無理だろう…鎖骨と肋骨折れる……。


【ソードルート4章】
目覚めたら上半身裸のソードがいた。これ。傷のない綺麗な体だな。流石ハンターNo.1。
和やかな1日だった…


【ソードルート5章】
ノアールがアーロンダイトにやきもち。
ソードルートのノアールは貴重な姿ばかりを見せてくれますね。
今までは攻略対象がやきもち妬いていたもの。基本ソードに。
ソードが今の攻略対象だから やきもち妬く相手がいないのかな…
ファームでの生活に妬かないのかなとか思ったりしますね。

クーロンが隠れ家にやってきて ソードと対決。
身体能力が上がったクーロンの瞳が金色だった。
あぁ、だから身体能力上がってるんだね。エルやナイヴスと一緒なんだ。
ゼクスが立会人だと言って姿を表して 機械人形になったのはクーロンの意思だとか。
ソードに勝ちたくて。めんどくせー男だな。そこまでしても勝ちたいのかね。
頭はいじってないから記憶はあると。色々とずるいな。

ま、決着はついて ゼクスとも別れて 上流階級層のソードの家に潜伏。
しかも別荘みたいなものらしい。レインといいソードといい金持ちは すごいな。

一緒に寝て欲しいと言うノワールに
「……おまえが眠ったら出て行く。
だが、朝はおまえが起きる前に戻ってくる。だから早く寝ろ」
と。
ずっと一緒にいてくれればいいのに。
というか このCGが兄と妹にしか見えないんだが…どうしよう…それでも なんか楽しい。
とにかく ソードはノワールに甘えられると弱いんだな。普段甘えないから余計。

しかし この何にも起きない平和な日常って変な感じですね。
ソードが外で何かをしていて ノワールは過去を思い出して 夜はソードに寝かしつけてもらう。
嫌いじゃないけど 平和すぎる。んで ソードが手を出さなすぎる。
たまに 言葉だけで気持ちを伝えてくれるけど 行動をください。
外で何かではなく ノワール自身に何かをしてください。
ノワールに嫌われるかもしれないと怯えてないで早く手を出してください。
と思いながら ダーッと進めます。

ソードがシャワー中に消毒液を買いに外に出たら クリムソンに会った。
声聴いた瞬間ドキッとしたけど… 好きだなー…クリムソン。
ソード来て 今までソードが何をしていたのか聞きました。想像はつく。全てはノワールのため。
深い、重い、愛情だね。手を出さないくせに執着だけはご立派だ。
んで なんだかんだとクリムソンと戦います。
クリムソンは戦うの愉しそう。正直怖いね。
クリムソンルートでも愉しそうにはしてたけど それ以上だな。
他人のルートでそこまで本気出さなくても…自分のルートでも狂ってくれたらよかったのに。
「君が負けたらノワールを私がもらっていく」
「どうせ君に好きにされるか 私の玩具になるかの違いだ。ノワールにとって大差ないだろう?」

とかね。玩具か。
あぁ、ノワールを巡る戦いだ。
いつもはソードの役目だったけど クリムソン以外生きてないんだね。ゼクスは知らないけど。
ま、そんなソードよりもクリムソンに目がいった戦いもソードの勝利で終わり
乳でかねぇちゃんが登場してきた。
このねぇちゃんに良い思い出はない!エルとレインルートでしか会ってないけど。

『世捨て人』となりハンターからも賞金首からも追われることない自由を手に入れました。


そんな感じでEDです。

一番好きなEDは 【22 SWORD:Travis】
上のストーリーに手を出した話が追加されてた。
直接的表現はなく ガウンを着せたとかの
あぁ、やっとしたんだ。って思えるシーンがあるのが好き。
そしてアフターなんだけど 甘いや。
バルコニーで ちゅーとか。開放的だね。
11年我慢してたらしい。枷が外れると大変だな。執着と独占欲がすごいから。
というか11年?ノワールが6歳の時から……?



とりあえず ちゃっちゃと手を出してくださいと願った。
ビビリ過ぎです。ソード。手を出してからのいちゃいちゃはすごそうだったけど…


では 長くなりましたが これでソードの感想をおわります。
スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。