--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2012'05.08.Tue

エルクローネのアトリエ ラルフ感想

エルクローネのアトリエで一番期待しているラルフ。

家がお隣さんだけど 幼なじみではなく アカデミーの同期。
素直に心配してることを伝えられなくてきつい言葉を使っちゃう不器用さん。
好意持ってるのが丸見えのツンデレ風。

すっごい楽しみ。他の攻略キャラほどの謎はないんだろうとは思うけど
前野さんのツンデレ風が楽しみなだけで 最後にしたラルフです。
どんな話なんだろうなとワクワクしながらはじめてみました。



ralf200_40.jpg

では ラルフの感想です。
ネタバレしてます。
それでも 大丈夫な方だけ続きをどうぞ。





 
 
シュトルツの坂のジンクスのあれ。
ラルフの対応楽しい。
焦りながらジンクスのことを教えたり…
ちょうど一緒にいたアカデミーの同期マルセルに慰められて蹴ったり…
勘違いのまま了承するのも楽しかっただろうけど これもいいね。
けっこう慎重派なんだなー ラルフ。


なんだか 同じ年頃の不器用な二人って感じがする絡みです。
喧嘩とかしちゃうんですもの。若いな…


クレメンスの研究室を片付ける依頼で疲れて寝てしまった二人。
ラルフの寝ぼけたの声が可愛いです。
「んー……」とか「んん……?」とかが特に好きです。


「きゃああっ!ラルフー!わたしの手を離さないでぇぇ!」
「絶対離さねえぇええ!!お前も俺の手を離すなぁ!」
「なんかセリフだけきいたらロマンチックーー!」
開港祭での1シーン。
楽しかったです。セリフだけならほんとにロマンチックだ。
メリーは早く自覚して 二人付き合ったらいいのに…もきもきする。


ヴィンシュタインへの小旅行の行き「帰りはさ、ちょっとだけ遊ぼうな」
照れてるようなラルフが可愛くて 帰りを楽しみに進めます。
でも 期待した素敵なことはなかった…
この旅で萌えたのはクレメンスとエルハルトのルートぐらいかな… なんか残念だな。


小旅行では残念な感じになったけど
その後進めていたら 精霊祭前ににやける展開がきました。
ちょっと寂しさも伴うけど それがあったから自覚したし伝えたし…
ラルフからの返事はないけど まぁ それは後でなんだろうなと思いながら 進めます。
というか ラルフルートは突拍子もない展開ではなく 青春だなと思えます。
学生特有の悩みです。やっぱり若い。


前夜祭当日のラルフのお誘いが 可愛いのなんのって!
「……言えた……よしっ!」って…喧嘩腰で誘っておきながら 可愛すぎるんですよね。
そして誰よりもキスしててイチャイチャしてて…楽しいな!


もうね あれです。
ED1がイチャイチャで甘いや…
遠距離だから よけいなんですかね?ずっとニヤニヤした。
まさかED1でキスとかくると思わなかったし。
そしてED2にはなかったけど 青春ですね。ほんとにね。


ラルフいい。楽しかったー
前野さん やっぱりいい。好きです。



では これでラルフの感想を終わります。


スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。