2012'04.21.Sat

逢魔時~怪談ロマンス~ 式部密感想

逢魔時~怪談ロマンス~

逢魔時~怪談ロマンス~

式部密の感想です。
ネタバレしてます。
大丈夫な方だけ続きをどうぞ。





 
 

 
悪戯仲間で 親友です。何故か朝というか夕方起こしに来てくれて
一緒に登校したりしてくれます。
生まれたときから一緒にいるみたいだし 密が主人公を気に入ってるのはわかるんだけど
それがどういう類いの好意か はじめは掴めない。
ただ一緒に悪戯するのが楽しい友達的なものなのかなと思っていたら
花火を一緒に見たかったとかね。
主人公も 悪戯仲間として認識してるのに 甘えてるような節もある。
素直に甘えるような性格はしてないので 嫌がらせとして甘えてますが。
なんにせよ 掴めない。


学校をサボり街に出て その風景を「懐かしい」と思う主人公。
主人公に絡む“何か”の片鱗早いです。
懐かしんだ主人公に突っ込んだりしない密は
やっぱり“何か”に関係してるんだろうなって気にさせます。
人間に危害を加えたときも怪しく思う。
主人公の恋愛が気になるところ 妙に京極押しをするところとかも。


主人公に掘れたハレたの冗談が多く面白くないと言われ
「俺の、お人形さんでいてよ。大事に囲っておいてあげるから」
冗談とかの雰囲気がない声音でドキドキします。
妖しい底知れない感じ。お人形とか囲うとか怖い。


京極の弟・巳継と接触してから 話が怪しくなってきました。
ただ京極の弟ってのが気になって 顔見れたらいいなーぐらいの軽い気持ちだったのに
会話をして 密が絡んできて 巳継を“こちら側”に引き込もうとしてきて それに反対して。


密が だんだんとチャラいだけじゃないなと気づきます。
和泉が言ってた『へらへら笑っていながら内面病んでいそうな危ない奴』ってのに同意する。


密から巳継を守るため接触するのですが
物騒なこともなく穏やかな時間が流れていて落ち着く。いいですね。人間って。
というか 巳継のキャラが穏やかな感じだからですかね。日野さんの声も良いし。


密への好意を自覚した日に 久々に密と再会し 不穏な言葉を聞きました。
まだはっきりしないけど 密が“何か”をしたんだとは分かる言葉。
そして 逃げられないようにと結界を張られ襲われた。
密は病んでる。あと緑川さんの声は色っぽい。


とりあえず密の計画は阻止できたけど イチャイチャしとる。
痛みを伴ういちゃいちゃだけどね。それが安心するらしい。
殺したいって言うし殺されたいって言うし ドSでドMだ。どっちだ!っていうね…


「おまえは、男の趣味が悪いなと京極に言われた。
本当にね。やっかいな相手を恋人にしたと思います。
実際“何か”自体分からずじまいだし。絶対関わってるのに。黒幕だろうに。

「死なせたり、他のやつに殺させたりなんてしない。
おまえが死ぬとしたら、ちゃんと俺が殺してやるときだから、安心しろって」

安心出来ない…


密は病んでる。病んでるからドSだったりドMだったり 忙しいですね。
まだ このルートでは真相はわからないですが だいたい掴めてきました。
一家殺害事件とかね。
ただ まぁ主人公のことが大好きで とても執着してるみたいだし
付き合えて良かったねとは思います。
そして 嫌いではないけど めんどくさいやつだとも思う。



では 密の感想を終わります。

スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)