--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2012'04.20.Fri

逢魔時~怪談ロマンス~ 遠野篤郎感想

逢魔時~怪談ロマンス~

04.jpg
遠野篤郎の感想です。
ネタバレしてます。
大丈夫な方だけ 続きをどうぞ。





 
 
映画の趣味が一緒ってわかってからよく一緒に観るようになる。

――喧嘩相手で映画の語り相手。
それ以上になんて なるつもりはない。――
前半 これでもかってぐらい語られる気持ち。
普段なら萌えることのできる展開でも主人公のその展開を否定する語り。
それに応えるように萌えれない。恋愛要素がなくて萌えない。
ことあるごとに “殴る”という単語。恋愛ゲームじゃないなー…
クセの強い乙女ゲーです。

ただ 前後のストーリー無視してセリフのみで考えると萌えれる。
諏訪部さんという素敵キャストのおかげで。
例えば「……てめえも、俺じゃないと満足できねえだろ」とか。
前後のストーリーを妄想すると なんて素敵なセリフに変わることか。
妄想しなくてもこのセリフだけでドキドキする。

知人に合わないように遠くの街で映画を観た帰り雨が降り
和歌子との遭遇を回避して入った喫茶店で男子生徒に遭遇。
とにかく 主人公の顔を見られないように頑張る遠野。
ちょっと楽しくなってきました。
まぁ 相変わらず 主人公の語りで冷めるんだけど 遠野の反応は充分楽しめる。


祭り。浴衣を着ているのなら 立ち絵というか文字横の主人公にも着せていてほしかった。
遠野が褒めてくれるが こっちはいつも通りの格好だから“は?”ってなる。
そんな祭りで何か主人公自身に絡む話が出てきました。
こちらはよくわからないけど それ以外にも恋愛が絡んできました。
遠野の告白。付き合うなんてことにはなっていませんが
やっと楽しくなってきたなって感じがします。
主人公が 焦りだして 前半のような否定的な語りが
戸惑っていて否定しているように感じるから。

学校でも告白され逃げ出す主人公に
「……まあいい。そのうち逃げ場なんか、失くしてやる」と言う遠野に萌える。
強引というか自分勝手というか とにかく 遠野らしい。

修学旅行。気持ちがわかるかもしれないと主人公からキスをしてみるが
わからなくて 次に遠野からされるのだけど エロいな。遠野の雰囲気がエロい。
「なら……。もっと、試してみるか?」とか 諏訪部さんの声で言われたら 蕩ける。
というか この後の展開に驚きました。
そうか。これが巷で噂のアレを見られないようにする結界の使い方かー…と。
ロゼって エロいですね。描写が。
絵が好きじゃなくて ロゼのものは手を出さないんだけど…
これが普通ですか?そうですか。そういえば いざ恋も そんな描写あったな…


学校の屋上でも結界。結界って もっとちゃんとした使用方法があるんじゃないの?
入ってこれないようにするとか 出れないようにするとか 守るとか……。
いや、入ってこれないようにするという目的でなら正しい使用方法なのか。




結界のところが衝撃的すぎて そこの感想ばかりになりました。
あれは 衝撃以外の何物でもないので 仕方ない。
他の攻略対象でも こんな感じに結界を使うのかと思うと…………楽しみになりますね。

しかし 遠野の独占欲は正直引く。はじめは気にならなかったのですがちょっとウザい。
あと 主人公が感じる違和感とか 主人公自身に絡む“何か”は
遠野では解明されないのですね。
なんとなく 主人公はアレなのかなーとか彼が関わってるのかなーとかが
チラリとあったので 密真相や京極真相があるのだと 理解しました。
じゃぁやっぱり 密と京極は攻略最後の方で良いなと。
真相は制限があるみたいなので 最後が絶対ですが。



では 遠野の感想を終わります。

スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。