--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2012'04.16.Mon

カエル畑DEつかまえて・夏 千木良参戦 空閑正臣感想

200x40_02_20120413174857.jpg
気がついたらスイッチがONになっている空閑くんのアナザーストーリーの感想です。
ネタバレしてます。
大丈夫な方だけ 続きをどうぞ。





 
 
共通部分の感想は戸神先輩の感想で書いているので
空閑くんが絡んでて気になったところ以外は省きます。


海、空閑くんに水着姿を誉めてもらうと 素直に嬉しいと思えます。
えへへって気分になる。自分じゃないのにねー。言われてるの風羽なのに。

パラソルの下でゆっくりしませんかと誘われました。
もう 全てが可愛いです。
皆で旅行できたのが嬉しいとか 風羽と一緒に海眺めてるのが嬉しいとか…
とにかく考えてることが可愛らしい。
いままで友達いなかったから余計に今が楽しくて嬉しくて幸せなんでしょうね。
どもることも少なくなってきているし 仲良くなってるみたいで こちらも嬉しい。

夕食後、空閑くんが 見せたいものがあると誘いに来てくれたのでついていきます。
海ほたるを見せてくれました。あれ綺麗ですよね。真っ暗な中で光ってて。
それから告白。
気になるけど恋かはわからないと言う風羽に
その気持ちを大きくしていくことは出来るはずと言う空閑くんが男らしく見えました。
「それで、いつかは“ああ、恋してるんだな……”って、思わせてあげたいな」と。
可愛い子だとばかり思っていたのに ちゃんと男の子らしいところがあるんだなと
ますます好きになる。空閑くんイイですね。


空閑くんのルートに進みました。
――そうしてあっという間に過ぎていった海への小旅行
戻ってきた日常の中で変わったのは、私と彼のちょっとだけ進んだ関係――


甘味処でデートですね。
ネコの形をした白玉が すごく可愛い。
同じネコなのに十九波さんの可愛さとは全く違います。

空閑くんとほのぼのと寮に帰っていると
道端で倒れている青カエルを発見しました。
ちょっとミイラ化してるというか…干からびてるのを見た瞬間に笑った。
「水、みずを……」と苦しそう。
水は持ってないから ちょうど持っていたところてんの汁を与えたところ
ぷっくり艶々な姿になった。可愛い…。たらこ唇可愛い。
とっても丁寧にお礼言われましたが あの青カエルではないんでしょうか…
「……ご親切に有難うございます。もうダメかと思いました」
とか言うあのカエルは想像出来ないんだけど…。
なんて思いながら進めていたら疑問が解けました。記憶喪失。
一人ぼっちで寂しかったことだけ覚えていると言う青カエルに
自分も同じだったからと共感する空閑くん。
とりあえず 青カエルも一緒に寮に帰ります。
一人にできないもの。放っておけないもの。
青カエルと手を繋ぐ空閑くんとか素敵だ。

寮に着いて ちょうどよく十九波さんが現れて
青カエルのことを聞きますが 分からないと言われました。
嘘つきだなぁ…何か企んでるのか様子見なのか。
それから ミサキちゃんが帰ってきたけど 知らないふり。
ミサキちゃんって大変だなと思います。

因みに空閑くんと風羽が付き合っていることには 誰も文句言わない。
これは空閑くんの人柄だね。

夜、風羽の部屋に集まって青カエルに話を聞きます。
青カエル可愛いです。丁寧なしゃべり方で真面目なカエルです。声もいいし。
空閑くんと青カエルの掛け合いが楽しい。

翌日、青カエルの家探しのために商店街へ行き
思わぬイチャイチャに青カエルが空気を読んで そっとその場から離れてた。
まぁ うん。居たたまれないですよね。
それ以前にこの青カエルは空気の読める素敵カエルですし。
でも そんな青カエルの気遣いも天然の二人には分からず 大変。

夕方、青カエルが倒れていたところに行くと 苦しみ出しました。
無理に思い出そうとする。二人の迷惑になってるからと。
なんか空閑くんよりも青カエルに萌えますね。健気で。

月宿池というワードに聞き覚えがあるというので明日行くことにして
その後空閑くんが風羽と話がしたいと 外で月を見ていたところに来てくれました。
青カエルと仲良くしてるのを見ていて
羨ましかったと話す風羽が可愛くて女の子らしいです。
そんな風羽に空閑くんも可愛く思いドキドキして抱きしめてた。
青カエルとスキンシップしてるときの青カエルの反応を見ていて
薄々気づいていたけど 空閑くんは力加減がわかっていないようで
なかなかきつい抱擁らしい。
ほのぼのとしてて ゆっくり愛を育んでいて良いですね。

翌日、月宿池に来ました。
あたりを見てくると青カエルがいなくなって
イチャイチャが始まりキスした…恥ずかしい…

肝心なことはわからなかったけど どこか嬉しそうな青カエルと散歩道を歩いていると
小田島先生がいて 池の周辺を掃除しに来たと言うので手伝います。
青カエルが小田島先生を凝視してて それに意味があるならと気遣う風羽は聡い子です。

結果何も分からなかったようですが 寮に十九波さんと桃カエルが来ました。
青カエルを迎えに来たようで なんやかんやと話をします。
それで思い出した青カエルの立ち絵がセクシーポーズのいつもの格好。
記憶を思い出した青カエルは やっぱりあの青カエルだけど
優しくされてた記憶もあるから戸惑い気味で可愛らしい。
まぁ めでたく記憶も戻り二匹のカエルのオスメスを知った空閑くんが
青カエルに病気を発動しました。

青カエル「一度でも信用してしまった自分が愚かだった。……人間なんて大ッ嫌いだ!!!」
――略――
十九波「アンタ達には、浄化活動継続を言い渡す」

ね。空閑くんの病気のせいでね。楽しいね。めでたくおさまらないところが。


エピローグは ほのぼのしてて空閑くんらしいです。
意外に大胆らしいし…
空閑くんいいぜ。好き。病気は治した方がいいとはおもうけど。


もう1つのEDは桃カエルも一緒に暮らして記憶を取り戻そうっていうお話。
可愛い生き物がいっぱいです。
青カエルが記憶取り戻して めでたくおさまったらいいなー……。



空閑くんの感想は以上です。



スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。