--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2012'04.14.Sat

カエル畑DEつかまえて・夏 千木良参戦 米原美咲感想

200x40_05_20120413174856.jpg
繊細な気遣いを見せる弱変態、ミサキちゃんのアナザーストーリーの感想です。
ネタバレしてます。
大丈夫な方だけ 続きをどうぞ。





 
 
共通部分の感想は戸神先輩の感想で書いているので
ミサキちゃんが絡んでて気になったところ以外は省きます。

海、新調した水着の感想を【にこにこしている人に聞く】を選択して
ミサキちゃんに誉めていただきます。
可愛いと誉めてくれたけど 親戚の叔父さんみたいな感じがするのはなんでだろう。

ミサキちゃんが写真を撮ってくれるので グラビアポーズ……。
千木良先輩にここ一番の決めポーズだと教えられたらしい。信じた風羽は可愛い子ですね。
風羽のグラビアポーズ見てみたい気もしますが ミサキちゃんに止められました。
というか撮影会みたいなことになってた。
でも やっぱりCGはないんですね。見たいのに。
撮影会の描写も短いし。皆に変態だと罵られるミサキちゃんとか容易に想像できるのに
そんな描写もない。残念です。
しかし 捕まえてごらん。きゃっきゃっうふふがあったので良しとしときます。
短いけど 楽しかった。
付き合ってないけどイチャイチャしやがって。です。

部屋割りはミサキちゃんと一緒。これは 決定事項なんですかね?
深夜2時。目が覚めた風羽はミサキちゃんとお話をします。
なんでもない話題から恋愛の話をしますか?とふったら
「え、菅野は好きな人がもういるの?」と驚かれた。
“もう”って なんですか?
なんか思うところがあるようですが教えてくれず
障害のない円満な恋愛がしたいとだけ教えていただきました。


ミサキちゃんルートに進みました。
――――

旅行から3日が経ってます。

海の写真を皆で見ていると十九波さんがやってきて浄化活動の終了を言い渡されました。
「願い事叶えるけど 今までの記憶もらうねー」といつも通り言われ
それに抵抗するため自主的に浄化活動をします。
ミサキちゃんが出てこない…。

公園で清掃活動をしていたら 桃カエルに出会い体調が悪そうなので寮で休んでもらいます。
桃カエルはやっぱり可愛いです。
プチパニック起こしてしまうので声に不満を感じますが…好きです。

桃カエルに桶に汲んだ水の中で休んでもらっていると
ミサキちゃんが帰ってきて 皆であたふた。
ミサキちゃんに桃カエルがいる状況や掃除をしていた説明をするときの広瀬が好きです。
「え、俺!? あ、ああ……ええと、うん」
文字通りではない言葉とか好き。
これは実際にプレイして聴いていただかないとわからないですね…。
あ。ミサキちゃんと桃カエルは昔出会ったことがあるけど
ミサキちゃんはどこか歯切れが悪く 桃カエルは覚えてなさそうなのがちょっと寂しそう。

桃カエルがしばらく一緒に暮らすことになりました。
んー……ミサキちゃんより桃カエルに萌えるんだけど…可愛すぎるんですよね。

とりあえず ミサキちゃんとの恋愛な感じは全くなく話は進みます。
浄化活動を桃カエルと一緒に頑張って 周りの人にも意識してもらったり
寮に小田島先生が遊びに来てくれたり
先生二人が酔っぱらったり
小田島先生が桃カエルだとわかったり…

酔っぱらいの様子を一人で見ているとミサキちゃんが手を握ってきました。
大人の雰囲気が漂っていまして 「一番近くに行きたいのです」と言う風羽に
「もっと傍に……おいで」と。
ドキドキしました。急です。
風羽がミサキちゃんに好意を抱いているっぽいのは
なんとなく描写があったのでわかりますが ミサキちゃんはなかったもの。
CGが!隣に小田島先生寝てるのを忘れてしまいますね。
抱き締められてるとか…
謝られるばかりで 何も言ってはくれませんが良いですね。
「今日はもう、このまま寝ちまえ……」
ドキドキですね。

起きたら 自分の部屋。曖昧なミサキちゃん。恋を自覚した風羽。
ミサキちゃんは ずるいな。大人で。

十九波さんが来て 記憶なくさなくてすみました。祓玉そのまま。


風羽がミサキちゃんに告白しました。
風羽が思い描く未来は幸せに満ち溢れていそうで心が暖かくなりますね。
そこに風羽の気持ちを受け入れたミサキちゃんがいることが また嬉しいです。
すぐに付き合うことがなくても幸せです。

ミサキちゃんルートは風羽が女の子らしくて可愛いです。
やっぱり相手が大人だからですかね。
恋人としての行動がなくても 満足した。

もう1つのED良いですね。
気持ちを伝えるのは今ではなく “いつか”。
ミサキちゃんも待ってくれる。
今気持ちを伝えるだけが正解ではないなと素敵な終わりだと思いました。


ミサキちゃんの感想は以上です。


スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。