2012'04.14.Sat

カエル畑DEつかまえて・夏 千木良参戦 戸神明杜感想

初めに。
葉村、広瀬、法月先輩は風羽に恋心を抱いてるみたいですね。
空閑くん、ミサキちゃん、戸神先輩はわからない。
千木良先輩に関しては もっとワカンネ。
そこを踏まえて 楽しみます。


200x40_06_20120413174930.jpg
まず 細けェこたァ気にすんな! な、戸神先輩とのアナザーストーリーの感想です。
アナザーストーリー1人目なので 共通部分の感想が長くなっています。
ネタバレしてます。
大丈夫な方だけ 続きをどうぞ。





 
 
カエルにされたあの日から、もうすぐ2ヶ月。
暦の上では7月も末。
夏休み中ですねー。
夏いいですね。楽しいこといっぱいです。
十九波さんの言葉を借りると「祭りや花火、海やプールに肝試し。」
いっぱいありますねー。川とかもいいですね。
しかし!誰1人として そんな予定がないので 予定立てて行きますよ、海!
浄化活動は8月末まで休みなんでね。

海に行くのに水着は必要ですが 風羽がスクール水着しかないので
新調することになり、葉村、法月先輩、広瀬、空閑くんが選んでくれることになりました。
葉村はスクール水着でも良さそうでしたがね。
だけど 残念なことに選んでる描写がありませんでした。
リアルに「クソッ」て言いましたよ。
だって 絶対楽しいでしょ。みんなで水着選ぶのとか。なんでないんだと憤りますよ。

数日後、海に行く日。
メンバーは葉村、法月先輩、広瀬、空閑くん、戸神先輩、ミサキちゃんに
千木良先輩の男7人と風羽。
千木良先輩を誘った法月先輩グッジョブです。

浮き輪やボールを用意した葉村が千木良先輩にバカにされていたり
ポリタンクなんぞを用意してる戸神先輩と共に海へ。

風羽の水着姿を誉めてくれる法月先輩、空閑くん、葉村、広瀬。
【海水を汲んでる人に聞く】を選択して 戸神先輩にも誉められときます。
あまり誉められた気はしません。
“水着姿の風羽”ではなく“水着”を誉められた気がするから。
しかし 水着姿の風羽見たいんですけど…CGないの?戸神だからないの?
立ち絵でもいいから見たかったな…ピンクの水着。

ポリタンクの謎が解明されました。
師匠に 海水から塩を作れと言われたらしい。
作り方を知らないと言うので教えましたが
すぐさま忘れられたので寮に帰ったら 作るのを付き合うと約束。
鳥頭もここまできたら才能だと思われます。

ビーチバレーという名のドッジボールをしたあと宿に移動します。一泊。
三部屋取ってあるらしく部屋割りは
唯一の大人で教師のミサキちゃんと同じ部屋となりました。
男子は適当に残り二部屋にバラけろと。
恋心を抱いている3人と空閑くんの反応が楽しいです。
そして それを面白がる千木良先輩が素敵です。

夕食後、部屋に戸神先輩が来て 千木良先輩以外の皆が集まってきましたが
よくわからない展開になりました。
戸神先輩と付き合うことになりました。
葉村、広瀬、法月先輩の落胆っぷりが 可哀想に見えてきますね。
空閑くんは普通にお祝いしてくれた。
戸神「男女の交際? だったか? するぜ風羽!! お前ェイイヤツだしな!!」
風羽「はい、宜しくお願いします戸神先輩」
いいのかな…こんな周りの勘違いから始まる交際。
法月「…………」
広瀬「もう、手立てなしですね……」
葉村「つか、取られる相手に納得いかねぇ……」
この3人可哀想。この子達の勘違いから始まってますからね。
ただ 塩作りに付き合うだけで 男女の付き合うではなかったのに…。


因みに 個別ルートにいく前の選択肢を変えれば 『初恋は実らぬ果実』ED。
振られちゃったけど諦めないぞ!と千木良先輩以外の皆から狙われる日々が始まるけど
また別のお話的な終わりです。
個人的に広瀬がいい。広瀬と付き合いたい。
それと めにうから好感(ランキング)順位が見れるようになりました。


戸神ルートに進みました。
――そうして帰宅した翌日 私はお土産の仕分け作業に勤しんでいた――

「よォ! 早速塩作ろうぜ!」と部屋にやって来ましたが ノリがキノコと変わらないです。

自己紹介をしてもらいました。
「名前は戸神明杜、職業は烏天狗、終わりだぜッ!!」
名前は知ってる。職業は……知らないんですね。
知らないと言うことで話進んでたのですね。そんな設定忘れてました。
詳しく聞きますが 話が通じねー…。

数日が経ち 塩が出来たので舐めようとしたら
「毒味は俺の仕事だ。お前ェはまだ手を出すな」
……え?何?ちょっとかっこいい。
塩で毒味とかわけわかんないけど。戸神先輩のくせにかっこいいとか…。
毒味してみて 間違いなく塩だぜとか言ってたけど…
だろうね。塩だと思うよ。かっこいいとか撤回したい気分になったよ。

師匠に紹介すると言われついていき現れたのはでっぷりとした烏
……ドキドキを返せッ。会えると思ったのに。でも いい声だ。

烏天狗だとか 師匠紹介とか ミサキちゃんと幼馴染みだったとか カミングアウト目白押し。
結果 ミサキちゃんの秘密まで芋づる式ですね。

勘違いから始まった交際ですが だんだんと気持ちの方が追い付いてきました。
というか二人とも そっちに疎いようで手探り状態で愛を育みますね。
初々しいですが色気が全くない。

ミサキちゃんに種族の差のことで心配されますが 風羽の男前発言に驚きます。
驚きますが……うん。やっぱり 風羽はかっこいいです。

戸神先輩と会話が成り立たないのは師匠のせいでしたよ。師匠の戯れのせい。
師匠 暴力的。

改めて告白というか気持ちを伝えあう姿はなんかいいですね。


あー…意外に良かったです。
意外って アレですよ?自分が戸神先輩苦手だからってだけですよ。
まっすぐに伝えてくれるのは嬉しいです。
前回が人を捨てるって結末だったので 今回の人のままってのも良いですね。
これから先 人を捨てるかもしれないし捨てないかもしれないけど
千歳とか万歳とか 夢のような話ですが
長生きして最後の時を幸せに迎えたらいいなと思います。

もう1つのEDは少し悲しいけれどそういう未来もあるんだなと思います。
種族の差はやはりでかいなと。


では 戸神先輩の感想は以上です。
スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)