--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2012'02.24.Fri

CLOCK ZERO 終焉の一秒 英円感想

特典を見て ギャラリーを見て×ボタンで戻ると
タイトル画面に戻されるの なんかめんどくさいですよね。
わざわざスタートボタンを押さなきゃいけないってのも めんどくさい…

あと残り2人。円と鷹斗。
なんで央は攻略対象じゃないんですかね?不思議。


md180x180.gifビショップ
英円(CV.鳥海浩輔)ビショップ



央が何よりも一番な円のネタバレ感想です。びっくりするほど長くなってます。
ネタバレ大丈夫な方だけ 続きをどうぞ。





 
 

【課題】
すぺしゃる課題
教卓に円と一緒に隠れます。ぎゅうぎゅう詰め。
「……撫子さん。あなたは、トラさんが好きなんですか?」
同じことを2回聞いてきたけど 1回目は仲間として2回目の今回は恋愛的なこと。
とりあえず慌てながらも否定すると
「……そうですか。少し、安心しました」
安心した理由は本人にもわからないみたいだけど楽しい。

ひみつ基地をつくろう
秘密基地にお菓子の家を建てちゃう央がすごい。
しかも衛生面をほんの少し考えてるのか外はお菓子ではないという。
絶品らしいHANABUSAのお菓子食べてみたい…

【下校etc...】
苦手なふわふわのもっふもふな大きな犬を凝視して
なぜ央の代わりに撫子がいるのか忘れてしまうほど怖がってしまっている円が とても可愛い。

■Episode.05【月明かりの来訪者】
央に先に帰られた円に一緒に帰ろうと言ったら 央がいないのに なんで?と…。
「……私はあなたと帰りたいの」って言われた円の「え?」が可愛い。
すっごく 可愛いのですよ。そんなに驚くことでもないのになー。
そんなに自分に自信ないのですかね。充分魅力的な可愛らしい子なのに。
円のことを知りたいとベンチに座って話し込んでるうちに 日が暮れた。
円が鞄からビーズでできたストラップを出してきた。
「もともと暇つぶしにこういった小物を作るのですが。
あなたに似合いそうなものを考えて作りました」

「え……私のために?」
「あなたのためにとは言っていません。あなたに似合いそうなものを考えただけです」
貰えないのかと残念がると…
「あ……いえ。あなたのために作ったわけではない、ですが……。
あなたが持っているのがたぶん1番いいと思います」
「あなたのことを考えながら作ったものですから」

って 可愛いにもほどがありますね。大好きです。

何の予定もない休日。円から電話。
央に迷惑をかけたんだからお礼をするように言われ
期待に応えなければいけないから一緒に来てと円らしい誘いに面白くなる。
お礼をされるほどでもないと言ったら 言い直された。
「ぼく自身、もう少しあなたと お話ししてみたいと思っていましたので」
「もちろん先日のお礼もします。今日は忙しいですか」

お礼云々より 直球すぎて断ろうとも思わないね。円は とてつもなく可愛い。
予約が必要なほどの高級菓子店は 英家の系列で 円は両親にわがままを言ってみたと。
早速実行した円が可愛い。
撫子が美味しそうにケーキを食べるCGは なんか羨ましい。
食べたい。本当に美味しそうなんだもの。

■Episode.06【タイムカプセル】
円が入れたのはストラップ。初めて作ったもの。
ちなみに 央はアニメのDVD。子供の頃の気持ちを思い出したらいいなと。

■Episode.07【時の停滞】
有心会グループとは違う展開。
タイムカプセルを埋めた翌日、神賀先生が昨日付けで退職してた。
レインに 時計塔まで連れて行ってと言われ 連れていくと謝られた。
情がわいてしまったから 黙ってられなくて…
「どうしても、これだけは言っておきたくなったんです。……いいですかー?」
レインの雰囲気にドキドキします。嫌な雰囲気で。
「……これからなにがあっても、そこでなにを見たとしても。
自分の所為だとは、思わないでください」
「あなた自身を、責めないでください。実際、あなたの所為ではありませんし」

意味がわからなくて 意味を聞こうとしたら 世界から色が消えた。
レインに問いかけたら 思いの外明るい声で「時の停滞が始まったんですよー」と言われた。
さっきの雰囲気は もう一欠片もない…

夢でも会った人たちと 理一郎に鷹斗、終夜。
わけがわからない話を夢の世界で会った人たちがしていて
そのうち視界が歪んで 意識が途切れた。

■Episode.08【コワシタセカイ】
CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ Portable_0021
知らない部屋で目を覚ましたら 奇抜な格好をした見知らぬ青年が
よく知ってる声で話しかけてきた。

現在の時間は 撫子がいた時間から10年後の世界。
現在いる部屋は 撫子のために用意された撫子の部屋。
彼は 監視 お世話するように言いつけられたサラリーマン。
ウサギの姿じゃないけど 彼は紛れもなくレインだ。声と軽いノリが。
「とりあえず、診察しましょうかー」
と軽いノリで言われ 焦ってる時に レインの左手に装着されたカエルが話し出した。
神賀先生が持ってたカエルと同じ声、同じ口調で。
「ちょっと、カエルくん。もう少し黙ってられないんですかー、君は」
「そんな難しいことできるわけねーよ」
レインにたしなめられて 即答するカエルくんが楽しい。
カエルくんは カエルくんなのですね。ぬいぐるみのまま。
カエルくんとレインの掛け合い楽しいです。

出歩いてもいいって言われて 歩き回り エントランスにたどり着いてから
外に出ようとしたら警備員に不審だと囲まれて途方にくれてたら ビショップが来た。
その場は ビショップのおかげというか キングという名のおかげで丸く収まり
ビショップに部屋へ連れていかれる途中 自己紹介されました。
『英円』可愛らしかった円の10年後は すっかり糸目で 可愛らしさなんて欠片もなかった…

■Episode.09【孤独な王様】
央とは一緒じゃなくて 居場所も知らないけど もし知っててもCLOCK ZEROにいることはないと。
「……こんなところにあの人を 置いておけるわけ、ないじゃないですか」
まるで ここにいることが不本意みたいに聞こえた。
なんか 円と話してるとドキドキするなー。ときめくとかじゃなくて
怖いとか不安とか そんな感じのドキドキ。
敬語で喋るのは変わってないし 怖いこと言われてるわけでもないんだけどな…

この壊れた世界の王様、キングと対面。
赤いマントを羽織った神賀先生…
神賀先生と話していたら 円が怒りだした。ごっこ遊びをやめて 全部話せと。
「あなたの願いは、叶ったんだから」
「……まだ俺の願いは叶ってないよ、円。全部は、ね」
「…………」
「……ぼくはあなたの部下で、駒です。あなたがやりやすいように、コトを運ぶだけですよ」

そして 退出していった。
なんだろう…なんか違和感。怒りを露にしてたのに 急に声色変わった。
自分を駒って言うのが なんか引っ掛かるなー。
退出したときの雰囲気も なんか変。キングに弱い?上司だから 当然ちゃ当然だけど…

神賀先生が とても丁寧に回りくどく説明してくれる。自分と撫子の初めての出会いのことを。
担任だった神賀旭は 10年後の未来から来た人間で
本当は2010年では12歳で同じ秋霖学園の6年生だったと。
それで気づいて 名前を呼ぶと自己紹介してくれた。
神賀旭ではなく 『海棠鷹斗』だと。
壊れた世界の王様で 10年後の未来に無理矢理連れてきた張本人が鷹斗。

円ルートなはずなんだけど 鷹斗との会話が続きます。なので簡単に説明。
事故にあった撫子を目覚めさせるために 研究に没頭して 爆発を引き起こして 世界が壊れた。
そして その世界を支配し 理想の世界を作ろうとしている。
理不尽に命が散ることのない平和な世界。そこで 撫子と一緒に生きたいと。
好きだと言う鷹斗の声に苦しくなるね。
信じなくていいから この世界で生きてと願う声が 聞いていて辛い。
円ルートじゃないんじゃないかって不安になってくる。すごい鷹斗メインだな…今のところ。

■Episode.10【消失と上書き】
少し話でもと部屋を訪ねてきた鷹斗に 帰ってもらうと 円が来た。
2020年の円と撫子には関わりがないことを知ります。
あれですね。寅之助と同じだ。彼も関わりがなかったもの。
壁際に追いやられて話され しまいには
「ですから、さみしいなら ぼくが話し相手でも遊び相手でもしますよ。
――なんなら、恋人のまねごとでも」

なんて言ってくる。
手を取って 指先に口づけされた。
こんなの円じゃない…あんなに可愛かったのに こんなからかう子じゃなかったのに。
でもCGは素敵です。2010年の円からは 想像もつかない大人な円だし
肩にはタトゥーあるし もこもこのふわふわな毛皮だし 素敵な身体してます。
糸目なところが ちょっとあれですけど 好きな外見だ。
「――どうしますか?」
なんて 言われたらドキドキする。雰囲気が妖しい。
実際は からかわれてただけで 12歳の子供を相手にするほど腐ってないとか言われたけど
一気に悲しくなった。11歳の円が恋しい…

■Episode.11【こぼれおちたゆめ】
円はすごく撫子を子供扱いするね。すぐ お子さまってバカにする。
12歳の精神なんだから いくら外見が22歳でも子供であることに違いはないんだけど…
あと なんか撫子が怒ると嬉しそう。Mなの?からかってきたり Sっぽい発言するのに…
ん?反応されるのが楽しくて からかって怒らせるってのは Sかな。SMって難しい。

□time break.00 不協和音
鷹斗と円とレインの4人で外へ。
撫子と出掛けることが嬉しそうな鷹斗と 相変わらず軽いノリしてるレインと
少し呆れた感じの円。
忘れちゃいけない癒しマスコットで人工知能のカエルくん。
個性豊かです。目立つ。

レインが鷹斗に頼まれて 今の世界のことを説明してくれます。
CLOCK ZEROはすごいんですよって言われてるみたいだ。
世界を壊したのは鷹斗だけど その鷹斗はCLOCK ZEROをすぐに立ち上げて
国民がとりあえず食べていけるように 暮らしていけるようにして…
でも 国民は管理されて自由がない。そんなの生きてるって言えないね。
だけど それをおかしいと思わず進めている鷹斗やレイン、円が変だ。

部屋に戻って 色々考えたら泣きそうになって我慢してたのに 円に責められた。
円の言葉に言い返したら泣いちゃって そうしたら円に引き寄せられた。
今までで 1番優しくされてる気がする。
涙が落ち着いてから 円のことを聞きます。円が鷹斗に従うことに違和感があったから。
円が話してくれるようなので 円の部屋へ移動。
CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ Portable_0025
ほのぼのと知り合いに会えないかと相談していて 央のことを聞いたら 会えないと言われた。
居場所知らないって言ってたもんね。
円は2016年に政府に拉致され 政府のために働くことを強要されたらしい。
そんな理不尽なことされてるのに 居場所のわからない家族を捜して
会わせてくれると約束したから従ってると。
だけど それだけじゃないと 近寄ってきて何かを言おうとしたときに通信機が鳴った。
すぐ傍で通信機に出たから 相手の声が聞こえる。
相手はレインで なんだかいつものレインじゃない声がした。
「【彼女】によけいなこと 話してないですよね?」と。
それから 何かを言おうとはしてくれなかったし聞けないまま 円は会議へ。

■Episode.12【何年経っても】
鷹斗とお茶を飲んでいたら 仕事だと円が呼びに来て
サボろうとする鷹斗を穏やかに仕事へ促す。
鷹斗は仕事へ向かったのに 円には居座られた。
「キング相手の時とは、ずいぶん態度が違うじゃないですか」
不機嫌そうに言われ ネチネチ責められる。
キングと比較する発言が やきもちのように聞こえてきて楽しい。
「ちょっと出かけましょう」と急に誘われた。
誘われたというよりは もう強制に近いけど なぜか2010年の円とかぶる。
だから よけいに楽しくて嬉しいね。
そういえばいつも許可とってから動くけど今回はないね。知らないだけで言ってあるのかね?

外に出て いつもやられてばかりだから意地悪をしてみる。
犬が苦手だった円に 大きな犬がそこにいると嘘をつく。
それを聞いて固まった円が可愛い。
2回それをしたら「……怒りますよ」と。でも もう怖くないね。楽しい。
不公平だと嫌いなものを聞いてきたから 『円』だと答えると嬉しそう。
そして 抱きよせられた…
まぁ そんなイチャイチャまがいなことしてたら 有心会の青年に出くわした。
円が青年を相手にしてる時に 知らない声が後ろから聞こえて体が浮いて 路地裏に運ばれた。
正義の味方だと称する彼は なんだかフレンドリーで安心する。
今までで会った人たちの中で1番一緒にいて落ち着く。
料理が好きで毎日のようにいろんなものを作ってた。と話す彼が央だとわかって
撫子は思わず 抱きついた。
わかるよ。だって だいぶ子供の頃よりは落ち着いてるけど 変わってない感じがするもの。
嬉しくて抱きついちゃうよ。例え相手には面識がなく驚かれても。
央に円のことを言おうか迷っていたら 本人登場。
お互いに気づかずに 円は警戒心むき出しで 央は軽いノリで…楽しい。
そして 撫子が声を張り上げて正体を教えると お互いに黙った。
長い沈黙のあと 央じゃない、円じゃないと否定して 思い出を話して…
央がちゃんと お兄ちゃんしてる。
それから 央の隠れ家に移動して話していたけど 急に円が帰ろうと腕を引っ張った。
せっかく央に会えたのにと もみあってたら央に止められ
「行くのはいいけどね、女の子をそんな風に扱っちゃダメだ。手でもつないで帰りなよ」
とたしなめられ よけいなお世話だと不機嫌そうに言いながら
言われた通りに手を繋ぎなおした円は やっぱり央が好きなんだねぇ。

■Episode.13【選択肢】
円の部屋で 円の心に踏み込んでいきます。
円の雰囲気が辛そうです。
央に会えて やっと家族と暮らせるのに 鷹斗のもとに戻って。
だから おせっかいをして促す。
一緒に行くつもりだったのに気付いたけど それは円たちに危険が及ぶから 我慢する。

「ぼくはあなたをここに置いていきます。――キングの鳥かごに、ひとりで」

辛辣な言葉を告げられるけど 一緒には行けないけど 不安で仕方ないけど
円が辛そうだから 意地を見せる。
強気に ひとりでも平気だと。笑って見送る。
意地を張ってるのは見抜かれてて そんな風にしてもらう資格なんてないとか
わけわかんないこと言うけど 頑なに残るのはプライドだと言い張る。
円がお子様扱いを撤回してくれました。
「あなた、笑えないくらいいい女だって――そう思いますよ」
褒めてくれてるけど なぜか嬉しくない。
撫子が事故にあった原因は自分だと話し 自分のことは忘れてと言って 出ていった。
だから 資格がないなんて言ったんだね。理解できないし どんな原因なのかわからないけど…

レインから 円の置き土産だとストラップを渡されました。
2010年の円がくれたストラップと同じデザインのもの。
それをお守りがわりに持って 鷹斗とお話。円のことを。
鷹斗が怖いです。
円が必要で それ以上に罪を犯していたから 英家の居場所を知ってたのに教えなかったとか。
その罪が 円が撫子を呼び出して事故にあったってことだけど 憎んでいるからじゃなく
ただ罰は必要だからって理由だけで教えなかった。
円は誰かに脅されてたらしいのに…まだ 憎んでるからって方が 人間味があるのに…
撫子のためって言うのが怖い。
「俺は君を傷つけるものを許すわけにはいかないんだ」
って 『今』傷つけてるのは鷹斗だからね。本人気づいてないけど。

■Episode.14【こころの天秤】
3日間は部屋を出るなとレインに言われて 大人しく過ごします。

キングの結婚の噂や央に後押しされて 円がひとりで政府を襲撃。
撫子の部屋に来て ちょうど様子を見に来ていたレインと鉢合わせしました。
レインがすごく楽しそう。来るのわかってたんでしょうね。
結婚のことを聞くと カエルくんとカエル子ちゃんの結婚式のことかと言われた。
噂は嘘で 円はまんまと騙されただけっていう…
そして鷹斗も来た。ほのぼのとレインと鷹斗が談笑してる。
撫子には 何が起こってるのか さっぱりです。空気です。主人公なのに!
談笑をやめて 何しに来たの?と聞く鷹斗に忘れ物を取りに来たと撫子を引き寄せる円。
物扱いされるけど 鷹斗に円を傷つけられたりしたら嫌だから抵抗する。
なのに 円はうるさいとか言うし…鷹斗は焦りも怒りもせずにしまいには小さな微笑みを浮かべて
「――円。俺から逃げられると思うなら、逃げてごらん」
と見送ってくれる。鷹斗がわかんないよ…

政府から隠れ家に移動して 円が言う言葉たちは 本当に素直じゃないと思う。
なのに行動が とっても素直だ。
撫子を欲してるなら 言葉も素直になればいいのに…
「あなたみたいに意固地で生意気な女。他にもらい手なんてないですよね」
鷹斗がいるよ?今回は出てきてないけど理一郎だっているさ…
もっと素直にならなきゃ余裕でいられないよ?意外にライバルは多いよ?と言ってやりたいね。
まぁ 可愛いんで良いけどね。円には甘くなるね。
「あなたは怒ってる顔が1番かわいいと思います」
その趣味はどうかな…
いっぱいキスされて 自分を保つだけで限界で でも にらんでたら
「あまり、にらまないでくれます?ぼくを喜ばせたいんですか」
…………Mかな。
「責任、取ってくださいね。純真なぼくを惑わせたんですから」
どの口が言うんだか…今 惑わせてるのは円なのに。
って セリフほぼ書いて文句も書いてますけど 好きなんです。ここ。大好きなんです。
円の素直だけど素直じゃない言葉と行動が楽しくて それに翻弄される撫子も楽しくて好き。

■Episode.15【やさしい指先】
円なら 2010年に戻せると言われて戸惑う。
時の停滞も解除できるし 撫子が事故に遭わないようにもすると言う。

明日までに結論を出してと言われた夜、円と二人で外に出た。
家にいると円がSっ気たっぷりにイチャイチャしてくるから恥ずかしくて…
いつも通りの意地悪な会話を繰り広げていたら野犬が…。
撫子の前に出て庇うように立つ姿に格好いいと思う。本当に犬は克服したんだと…
だけど…
「――そういえば、ぼくの趣味は星占いでして」
と 続く言葉が2010年の円と一緒だった。手を取られて 走り出す。
野犬から逃げ切って ブレスレットを貰い
ストラップのお礼も言おうとしたら なぜ持ってるのか聞かれた。
円はストラップをレインに預けてはなかったらしい。ただレインが勝手に撫子に渡しただけ。
「でも、私のために作ってくれたのよね?」
「あなたのためじゃありません。あなたのことを考えて作っただけです」
2010年の円と同じ。なぜか嬉しくなりますね。犬のことも一緒だし ストラップのデザインも同じ。
2020年の円も 2010年の円も根本は一緒なんだと思えて嬉しい。

翌日 帰ると決めました。
自分で選択したから けっこう辛いね。円好きだもの。
素直じゃないけど優しいとことか 2010年の円にやきもちやくとことか…可愛くて仕方ない。
円のあっさりした態度がよけい辛い 。

政府に突入して 2010年に帰る日。
CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ Portable_0026
円に連れられて来たとこには 人が入れるぐらいのカプセルがあった。
最後のお別れの挨拶。素直な気持ちを口にする。過去形なんですね。それが哀しいです。
カプセルへ促され 色々と後悔して 離れる円の手を掴んだ。
「――大丈夫ですよ」
「元の世界に戻って1ヵ月もしたら、あなたは【ぼく】のことを忘れます」

衝撃の事実です。いや、知ってましたけど…撫子にとっては衝撃です。
「忘れて、元の世界のぼくのこと、幸せにしてください」
「このぼくを振ったんですから、そのくらいのことはできますよね?」

円の気遣いが辛いね。わざと挑発するような言葉を言うとか…
カプセルの蓋が閉まり お別れなんだなと実感する。哀しい気持ちでいっぱいです。
そんなとき 扉の開く音がして 微かに誰かの声が聞こえた。
それは鷹斗で 撫子を帰すことを拒絶する声で 殴るような音がしたけど
撫子は声が出せなくて 円がどうなったのかわからないまま意識が遠退いた。

目が覚めたら 明るい日差しと清潔感溢れる病室だった。
CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ Portable_0027
頭は痛いし 腕も重くて持ち上がらない。
わけがわからないけど 円が気になった。鷹斗が現れて何かあったはずだもの。
そしたら ドアが開いて 小さな円が現れた。
子供の円を見て理解する。帰ってきたのだと。もう あの円には会えないんだと。
先生を呼んでくると言う円を引き留めて 一緒に居てもらいます。
円の声を聞いていると泣きそうになります。
声色は幼いし皮肉を言ったりしないけど やっぱり根本は同じで…
泣き止むまで 傍にいてくれた円の優しさに 嬉しいんだけど辛いような気持ちになりました。


円は とにかくひねくれてる。


NO.15【消えたティーカップ】バッドED
Episode.10の選択肢で分岐。
鷹斗とお茶をしていたら 誤ってカップを落として割ってしまい
破片を片付けようとして指を切った。
血が流れる指を凝視して 鷹斗がまた壊れた。病んだ。
そして なぜか撫子は鷹斗に身を委ねていた…急展開…

NO.16【やさしい指先】帰還ED
世界中に名前の知れ渡った央に英央特製ガトーショコラをもらいながら
かけらも本気の入っていない冗談を言い合って ふたりで笑う。
ほのぼのして素敵な始まりです。肝心の円は待ち合わせに遅刻しているようだけど。
「やっぱり僕にしとく?」と2回目の冗談に「そうねぇ」と返したら 円が来た。
央大好きっ子なはずの円が 敵意むき出しで
「人の彼女に手を出さないでください」
とか 楽しいなー。やきもち。
央曰く今さら反抗期らしい。
だけど 実はちゃんと央大好きっていう可愛いまま。
円は小さい頃の夢を実現してジュエリーデザインの仕事をしてる。
今日のデートは撫子の誕生日だから円が誘ったらしい。そしてブレスレットをくれた。
もちろん手作り。それを作ってて遅刻。まぁ それはいいとして…
撫子は そのもらったブレスレットに見覚えがあると鞄からブレスレットを出す。
同じデザインのまったく同じもの。
古びて色褪せてて ぼろぼろで どこで手にいれたものかはわからないけど 手放せなかった物。
それに やきもちを妬く円が可愛い。しかも否定するところがよけい可愛い。
否定したくせに もう一回言われたら 認めて開き直り
「嫉妬してイライラしてどうしようもないんで、八つ当たりしていいですか」
公衆の面前、央の店、央もいるのに 抵抗する間も与えずキスされた。
「何を……するのよ……」と怒ると
「何をって、キスですけど。あなたの怒った顔、やっぱりいいですね」
なんて嬉しそうな機嫌の良さそうな声で言われた。
趣味も やっぱり一緒なんだ。
「純真なぼくを惑わせた責任、ちゃんと取ってくださいね」
なんて言うから 泣きそうになったわ。
2020年の円の願いでもあるから 幸せになればよいと思います。

NO.17【新世界への第一歩】残留ED
Episode.13の選択肢で分岐。
Episode.15の選択肢までは一緒です。
帰りたくないと決めます。2010年の世界をあのままにしておいていいのか
心に引っ掛かるけど それよりも円と離れなくない。
だけど言う前に「ダメです」と言われた。
「帰しません。やっぱりダメです」
泣きそうなぐらい嬉しい。求められるのは純粋に嬉しいです。
「あなたがいないと困ります。
ぼくの罪も、あなたの罪もどうだっていい、ぼくはあなたがいない世界なんて納得できない」
「ぼくは本来自分勝手な人間なんです。
あなたの気持ちなんて知らない。元の世界には帰しません」

少し早口で子供のように駄々をこねる円が可愛くて 自分勝手でも嬉しい。
帰らないと伝えてみたら あっさりと円は隠れ家から離れる準備をしてくると出ていった。
央にお礼を言われて これでよかったのかもしれないと ほっとした。央癒されるなー

この世界に残って数年。世界は まだ変わってはいないけど ゆっくり変えようとしてる最中。
最近 円にのけものにされてるみたいで気分がよくない。だから 言い合いにもなるってもので
政府のことを話してくれない円に文句を言っていたら 央に止められた。
「素直じゃないふたりが素直になるためには、どっちかが折れるしかないと思うよ?」
って言う央の言葉を胸に 円がどうして話してくれないのか、怒ってるのか聞きます。
とても可愛らしい理由だった…想像はついていたけど。
政府の話をすると必然的にキングの名前が出るから それを聞かせたくなかったと。
「考えてほしくないんです、キングのこと。あのひとに少しでも近付いてほしくない」
やきもち。撫子は央にやきもちやいてたし…可愛らしい二人です。
いちゃいちゃです。楽しいです。

NO.18【帰っておいで】バッドED
Episode.15の選択肢で分岐。
帰りたくないって決めたのに「帰ってください」と言われた。
そこからは 帰還EDの鷹斗の拒絶する声が聞こえるまで だいたい一緒。
意識が遠退くことなく 誰かが倒れる音がカプセルの外から聞こえる。
そして カプセルの蓋が開けられて 鷹斗がいた。とらわれた。




円 終わった。
鷹斗がすっごい絡んできましたね。
そら政府組だし 撫子にご執心だから仕方ないけど…
有心会組は一切出てこなかった。したっぱが一度でてきたぐらい。
央は もう文句なく良い男に成長してますね。
壊れた世界でも正常な世界でも。攻略できないのが残念です。

帰還EDも残留EDも どちらも好きです。
帰還EDで2020年の円がどうなったのか気になるところですが
撫子の事故が回避されてるし 無事だと思っておきます。
時空転送より前に回避してたとしたら あれだけど…
まぁ 2つとも幸せそうなんで好き。
素直じゃない円楽しいです。
バッドがね…絶対鷹斗が絡むっていう。
病んでるとか束縛とか そこに明確な愛が見えていれば平気なんですが
鷹斗は撫子のこと好きなのはわかるんだけど なんか違う気がして怖いんですよね。

円は可愛い。小さいときが特に可愛い。

スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。