--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2012'02.19.Sun

CLOCK ZERO 終焉の一秒 西園寺寅之助感想

挿入歌の『そしてまた、ここから』がすごく好きです。
それを聴くために話を進めずにいたりします。

ところで 有心会に関係する3人は ウサギは白い方が好きなので ウサギとの会話が少ない。
レインという名のウサギの声好きなので ちょっと淋しい。

tora180x180.gifhg180x180.gif
西園寺寅之助(CV.杉山紀彰)反逆者


前回は 一番最後に攻略した寅之助ですが 今回は3番目。
有心会グループのトリです。
左目に眼帯をつけている一風変わった小学生です。
言葉遣いは乱暴でケンカもしちゃう問題児だけど
意外に常識人っぽい寅之助のネタバレ感想です。
ネタバレ大丈夫な方だけ 続きをどうぞ。





 
 

【課題】
特別授業に不参加なので 課題は寅之助以外と組みます。
寅之助が作るブルーローズとか少し気になるのになー…残念。
その代わりに 撫子が先生に頼まれ事をされ寅之助に手伝ってもらい
そこにCZメンバーが個別(円は央と一緒)でやってきて交流を深めます。

すぺしゃる課題
屋上のドアの鍵が開いていて入ったら寅之助がいた。
嫌われてるのかなと思ったら そうじゃない態度で少し戸惑う。
寅之助は難しいな。分かりにくい。
給水塔に昇ると空が近くて 月が綺麗で撫子は寅之助の隠れてない右目をきれいと言う。
「トラの瞳、金色じゃない。すごく、きれいな色よね。今日の月の色に、近いわ」
と言われた寅之助は「気味悪がるだろーし」と眼帯を触ってたけど追及せず
立ち上がって様子をうかがっていると初めて名前を呼ばれた。そして
「……おまえ、スカートん中見えるぞ」
と。楽しいなー
そして 見つかった。楽しい時に見つけてくれるね…神賀先生。

【下校etc...】
高いところの物を取ってくれたり 重い物を持ってくれたり…
掃除にうるさかったり手際良く洗濯したり
機械いじりが好きで 意外に面倒見が良くて ファッションに気を使ってて
オンラインゲームにハマってて 好き嫌いが許せない。そんな子。
なんか…これだけ書くと普通だな…不良とは思えないぐらいに。

■Episode.05【月明かりの来訪者】
終夜のダメっぷりに右目を髪で隠した青年が来た。夢で何度か会ってる人。
ナイフを突きつけてきたり 身体検査として身体触ってきたりしてきた人。
急に「あんたは狙われてる」とか さっぱりだ。
若と名乗った彼に話を聞くけど よくわからない。
理解しろってのが無理な話だ。だけど なぜか納得する。
おかしなことが身の回りで起きてるのは事実だし
夢で会った知らない人と実際に会うのも これが3度目だから。
そういえば 夢で会った時よりも 若の態度が柔らかいというか優しい。
子供の姿だから?警戒させないため?真意もわからないし 信用できるかもわからない。
「オレたちはあんたに危害を加える気はねえ。どっちかっつーと、あんたを守るためにいる」

夜遊びのお誘いをされて 夜の学校へ。夜の学校って怖いよね。
怖くないと強がりながら 寅之助の服の裾を無意識に掴んでる撫子が可愛い。
警備員に見つかりそうになって用具入れに隠れます。
寅之助と撫子って頭1つ分ぐらい身長差があるんだなとCG見て思った。寅之助大きいんだ…
警備員がいなくなって 出ようとしたら
「……待てよ」
(――っ!)
ぎゅう、と後ろから抱きすくめられる。
「まだ近くにいるかもしれねぇだろ」
そっと耳元で囁かれる。
これが……小学生じゃなく せめて高校生ぐらいならっ 素直に萌えれたのに……。
小学生だから 萌えたらダメな気がするじゃない!
からかわれてたんだけどね…寅之助にね。なんか負けた気分だ。
結果 撫子が大声だして警備員に見つかり 全力で逃げた。
どうして夜遊びに誘ったのか聞いたら、つまらないと、
退屈に飽きてるのに すましてるからとか寅之助が言う。よく見てるよね。
つまらないって特別授業が始まる前はよく言ってたもんね。
「オレがお前の常識、壊してやるよ」って言葉にすごく惹かれる。寅之助好きだ!

休日に外に出たら 荷物をたくさん持った寅之助がいて 手伝う。
初めは断られたけど しつこく言ってたら 軽い荷物だけを持たせてくれた。
紳士的というかなんというか…優しい子だ。
寅之助についていったら神社についた。
上がれと言われたしお邪魔します。
寅之助の部屋。想像通りというか寅之助らしい部屋だ。
ゲームや漫画が乱雑に置かれていて少しだけ散らかってるとかね。
CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ Portable_0016
TVゲームをします。撫子はしたことなかったらしい。
良いところのお嬢様なら したことないかもなー…
存分に遊んで 弟に会ったり 両親とは一緒に住んでないとか聞いたり。
嫌われてると思ってたけど 嫌われてないと知った。
「だから、これからも突っかかって来いよ。うっとうしいと思っても、嫌いになったりしねーから」
嬉しいね。とても。

■Episode.06【タイムカプセル】
寅之助が入れたのは ボルト。たまたまポケットに入ってたから。

■Episode.07【時の停滞】
理一郎の時と一緒。

■Episode.08【コワレタセカイ】
これも一緒。2020年の世界で自己紹介されこの世界のこと、
終夜たちのことを教えてもらいます。
とりあえず若の名前が『西園寺寅之助』。
添い寝してた人の名前が『時田終夜』。
若と一緒に部屋に入ってきた人の名前は『加納理一郎』。
CZメンバーと一緒だけど一緒じゃない2020年のみんな。

寅之助には「お嬢」って呼ばれるんだなー なんか好き。呼ばれてるという事が嬉しい。
「撫子」だと呼ばれないからね。音声があるのとないのじゃ違うと思うの。
せっかくデフォルト名があるなら ちゃんと呼ばれたい。

「これからもあんたを助けるつもりはない」
「……いいか、覚えときな。あんたは、ここから逃げられない。今、この瞬間からな」

寅之助の雰囲気が変わった。冷たい。

■Episode.09【知らない瞳】
2010年の寅之助と2020年の彼は 全くの別人。仲良くなったのに…
理一郎とは幼なじみだし 終夜は2010年も2020年も同じ人だから共通の思い出があるけど
寅之助とは一切なし。
だから冷たいのはわかるけど 2010年で会ったとき優しかったのに…
味方みたいなこと言ってたのに…
なんか裏切られた気分だ。苦しい。

部屋を監視する人がいつまでたっても来なくて なんとなく部屋を出て歩いていると
組織の構成員2人に襲われた。
そこに寅之助が助けに来てくれるのだろうと思ってると違った。
有心会の長が助けてくれた。
穏やかな人の良さそうな感じがするのに そんなわけもなくて 警告してくる。
監視役の楓と部屋に戻ろうとしたところに寅之助が来た。
今回の 監視がいなくて部屋を出る機会を与えたのは寅之助で 立場を思い知らせるために。
確かに 思い知らされたね。構成員には肉体的な襲われ方したし
長には警告されるし…外に出たら怖いんだとわかった。

政府との一度目の交渉が決裂し 次の行動。
撫子の髪を切るまでの寅之助の行動がわからないね。
もったいないと 髪を撫で唇を寄せたり…
撫子を引き寄せて抱きしめる形で優しく髪を切ったり 穏やかな声で話しかけたり。
冷たいのか そうじゃないのか わからなくなる。
信じれば痛い目を見ると言われたけど その通りなんだろうと思うのに そうじゃないとも思う。

■Episode.10【不可解な心音】
ベタな腹痛の演技で楓を騙し 外の見張りには芳宗の客人だと騙して有心会から逃げ出した。
有心会は 基本良い子が集まってるのかね。短気で口は悪いけど…
人に話を聞こうにも 誰も相手にしてもらえない状況で青年に声をかけられた。優しそうな青年。
「危害を加えるつもりとか、ないから」と言われて なんだか安心した。
その言葉に裏切られたのに 同じ言葉なのに彼の言葉は なぜか信用できる気がして
助けを求めようとしたらCZ警備員に見つかった。
その場から 青年と逃げていたら 今度は何かに身体を引かれ 腰に誰かの腕がまわった。
まぁ だいたい予想はつくね。
有心会からも政府(CZ警備員)からも 逃げるって 無茶みたいだな…
こうも簡単に 寅之助に見つかるんだから…
政府から逃げきって寅之助と話してたら青年が来て去り際に
「……もし、ホントに困ってるなら 南地区のD―35に来て。力になるよ」
と言ってくれた。もう今すぐ行きたい。
名前も知らない彼が優しくてすがりつきたくなる。
だって 有心会も政府も怖いんだもん。

有心会に戻り部屋でわけわからない状態で 2010年と2020年の寅之助を比べて責めて
人間じゃないとまで言ったらキレられた。そして
「あんたみてぇのに、ガキのオレが心許すワケねーだろ。
どうせそいつにも、騙されて気付かなかったんじゃねえの?」
「キレーぶったお嬢サマにつきまとわれて、
【オレ】はさぞかしうざったかっただろうな?同情するぜ、自分にな」

なんて言われて 気づけば頬を叩いていた。
一緒に過ごした時間を知らないのに言われたくない。
それから 寅之助に押し倒されたり 何かされそうになったり…
でも実はからかっただけだとか言ってきたり…
怖かったり 優しかったり 急にかわるから やっぱり二重人格なのですかね?

ビショップと政府が乗り込んできて 寅之助が対応。
しかも 早まった構成員の行動も止めなきゃいけなくて…
撫子を刺そうとするのも止めて怪我をした。
今度は 撫子が寅之助を守る番。
自分の身体を人質に政府に引いてとお願い。強気だな…

■Episode.11【Butterfly Knife】
寅之助の看病をします。終夜の根回しのおかげでできるのです。
包帯を替えるために上半身裸になってた寅之助を見て ドキドキする撫子が可愛いです。
一生懸命 円周率を数えたり寿限無を頭のなかで言ってみたりしながら包帯を巻き直す。
撫子が これだけパニクってるのに 寅之助が普通で悔しいな…
何気に「撫子」って名前で呼んでるし。呼ばれた本人気づいてないけど。

寅之助が動き回れるぐらいにまで回復した頃 撫子を取り巻く環境が変わった。
寅之助は優しいし 寅之助の部下たちの態度も優しくからかってきたりする。
自分が人質だってことを忘れてしまうぐらいほのぼのとしてる。悪くないね。

楓と外に行くと政府に引き渡された。長の命令。

■Episode.12【金色の獣】
政府の建物に連れていかれて キングに対して恐怖を感じていると爆発音がして
寅之助が助けに来てくれた。
有心会に帰るわけにもいかないから とりあえず近くの理一郎の隠れ家へ。
本人いないけど勝手に使わせてもらいます。
寅之助に休んでほしいのに自分は二の次に
撫子本人が忘れてたぐらいの怪我の手当てをしたがる。
そんな怪我より寅之助の方が大変なので 強気で言うとやっと傷を見せてくれた。
それほど大したことにはなってなくて ほっとする。
「おい、お嬢。次はあんたの番」と寅之助に手当てされるのだけど にやけます。
傷口に入ったガラスか何かの破片を吸出してくれたんだろうけど 恥ずかしいよね。CGもあるし…
「痛かったか?」
聞いたことないぐらい優しい声。
「大丈夫……だから、トラ。もう、放して…………」
黙ったまま、もう一度足に口付けて
「……嫌だっつったら?」
とか たまらない。寅之助が甘い。
そんな甘い寅之助と1つのベッドで一緒に寝る。逃げようとしても無理だから諦めて寝る。

微睡みの中 優しく頭を撫でられて 気持ちよくて もう少しこのままでと思ってると
その手が離れていき さみしくなるけど 次は頬に、首筋に指が触れる。
優しいけど 意地悪な触れ方に撫子は勢いよく起きた。
起きたのに 触れるのを止めない寅之助は 意地悪だ。いちゃいちゃだ。
「で、どうする? 続き、してやろーか?」
とかね。もうね。ダメ。枕に顔埋めてジタバタする…楽しい。

寅之助が父親に疎まれてた理由を聞きます。つか 父親は芳宗なんだけどね。
まぁ親子って雰囲気ではなかったな…お互いに疎んでるような雰囲気だったね。
芳宗は寅之助の母親にベタ惚れで 母親が子供を見ていることが気に入らなくて
芳宗は寅之助を敵と見なした。ヤキモチ、嫉妬だね。
やっと 寅之助の目の話になった。
生まれつき 左右の目の色が違うと。
右目が、金色がかった茶色。そして左目がブルーアイ。
芳宗に気色悪いと嫌がられてたから 小さい頃は眼帯をしてたんだって。

「嫌いじゃない」って言われた。
好意を向けてたと言うけど…わからなかったな…
からかわれてるだけだし 怖かったし…
でも 嫌われてないなら 嬉しい限りだ。

■Episode.13【この世界のどこでだって】
隠れながら有心会に戻り 撫子の部屋で寅之助と二人話してたのに そこに芳宗が来た。
撫子と引き換えに 芳宗の大事な人で寅之助の母親・しぐれを手に入れるはずだったのに
欲しかったって理由で寅之助に邪魔されてキレて殴る。
やっぱり父親っぽくないなー…
寅之助を精神的にも追いつめようとしてくる。
「お嬢さんが好きなのは向こうの世界の【お前】で、それをお前に重ねて、
好きだと錯覚してるだけじゃねえのか?」
とか。
「少なくともお前は、誰かに愛されるような人間じゃねえだろ。そんな資格、ないよな」とか。
「思い出せ、寅之助。実の親の俺たちですら、お前を捨てたんだ」とか。
あんたが言うなと言ってやりたいね。
というか 実の親に捨てられたからって 愛される資格がなくなるわけないじゃない。
追いつめて最後の仕上げとばかりに撫子に 今の寅之助が好きなのかと聞いてくるけど
きっぱり言ってやりますよ。
今の寅之助がいいんだとね。

また有心会を脱して 寅之助を休ませたくて 理一郎の隠れ家に行こうと言うと
理一郎に会いたいのかと拗ねたように言ってくる。可愛いね。
ヤキモチですか?ついさっき熱烈告白されたばかりだから 素直になってるのですか?
後ろから抱き締められて
前に回った腕で強く抱き締められて
最後に 顎を強く掴まれて
自然と振り返った唇に 柔らかいものが触れた。
何も言わずに ただ小さく笑う気配と共に口付けされるってのは 良いですね。
しかも後ろからってのが いい。
「なあ……お嬢。オレに奪って欲しいって、言えよ」
「元の世界のオレとか、理一郎とか。……他の誰でもなくて、オレに、さ」
「別人じゃない。オレは、オレだって。あんたが好きなのは、必要としてるのは」
「今、ここにいる【オレ】だって。もっかい、言ってくれよ。撫子……」

子供みたいだなぁ。可愛い。

全部欲しいって言えば「やるよ、全部」と。
穏やかさも 危うさも寅之助の全部は撫子のモノ。
その代わり 撫子も寅之助のモノ。

有心会にまた戻り 話し合いや暴力の末に交渉して
しぐれを奪取することを条件に組織の分離、離脱した。長派と若派。

「元の世界に帰りたいか?」
今すぐ決めろと言われて 撫子が出した結論は『帰りたい』だった。
寅之助と離れたくないけど それでも2010年の世界を簡単には諦めれない。
寅之助が 帰るなって言ってくれればいいのに…
2010年の世界に帰るのに 時の停滞や一年後の事故とかは解決方法が見つかったらしい。
終夜の部屋の奥にあるカプセルに優しく押し込められる。
なんだろうなぁ…優しすぎるね。
無理矢理帰されそうになってるわけじゃないから 責めることなんて出来ないし。
ここでお別れだと思っていたら 2010年の世界に寅之助も来ると言う。
撫子を助けるためには 行く必要があると。
「会いに行くよ」
泣きそうになった…
「オレは全部あんたのモンだって言っただろ?どんなもんからも、あんたを守ってやる」
嬉しいのに不安なまま寅之助に見送られながら意識がなくなった。

終夜が寅之助を必死で止めてた。それだけはしてはいけないと。

2010年の世界で目を覚ました撫子。時の停滞は まだ解除されてなくて
嫌な予感がして寅之助を探して走り出す。
諦めかけたとき 時の停滞が解除され また探す。
学校の廊下で会った女子生徒に 理一郎と鷹斗のことを聞いたら 鷹斗を知らないと言われた。
神賀先生のことも知らないと…
消えた?存在が?
生徒の悲鳴のような怯えた声の中に 2020年の寅之助の声。
「約束通り、会いに来ただろ?」
寅之助が怖いです。CGも怖いです。血まみれ…

「……好きだったよ」
(どうして……過去形、なのよ)
――最後に感じたのは、囁きの吐息と。
濃い、血の匂い。



寅之助の行動は極端だ…

NO.19【ひとつめのとりかご】バッドED
Episode.10で分岐。
政府の建物に来て 有心会の人間かと疑われ 矯正措置をされた。
政府にまだ逆らってもないのに。
気付けキング、ばか。って思っちゃう。

NO.20【ふたつめのとりかご】バッドED
Episode.10で分岐。
有心会に見つかって終わり。

NO.21【みっつめのとりかご】バッドED
Episode.10で分岐。
行く場所もなくて すぐに捕まり監禁された。
長自らが 撫子にわからせる。殴られるのは嫌だな…

NO.22【この世界のどこでだって】帰還ED
壊れた世界での記憶をなくしてるのに 寅之助との会話の中で
あっちの彼を思い出して泣きそうになった。でも すぐ忘れてしまうんだ。仕方ないけど…
まぁ こちらの寅之助とは いちゃいちゃしてるし これはこれで幸せそう。
というか 寅之助が意地悪。いちゃいちゃしながらの意地悪は好き。

NO.23【牙の抜けない獣】残留ED
Episode.13の二つ目の選択肢で分岐。元の世界に帰りたいか決めるとこまで一緒。
聞いてきたのは寅之助なのに 撫子の気持ちを無視して
勝手に結論付けて手を握って歩き出すから 思いきり振り払って話す。
好きだと。帰れなくていいと。寅之助が欲しいのだと。
熱烈な告白は受け入れてもらえて 安心する。
「……好きだ、撫子。お前の全部、オレにくれよ」

この世界に来て 数ヶ月。政府はまだ撫子を諦めてない。
そんな日々の中 有心会から寅之助をリーダーとした新しい団体を結成するのにも
協力してくれた 前に助けてくれた青年と会ってた。今日で3回目。
相変わらず優しそうだ。名前を教えてくれないけどね…
青年から話を聞き帰ってくると寅之助にベッドに押し倒された。
ヤキモチ、嫉妬、独占欲。

しなきゃいけないことがあって 安全ではないけど 寅之助がいたら なんとかなりそうだな。
というか甘いな。

NO.24【ふたりのトラ】バッドED
Episode.13の1つ目の選択肢で分岐。
芳宗の言葉に惑わされて 自分の気持ちがわからなくなる…
追い打ちをかけるように芳宗が寅之助に言い聞かせる。
何も言わない寅之助の青い左目が 金色に輝いて見えた瞬間
頭に強い衝撃を受けて意識を失った。

目を覚まして起き上がったら すぐ後ろの床が軋んで
寅之助が甘えるように肩口に頭をうずめてきた。
なんか すごい可愛い…
「なあ、撫子……
お前が必要としてるのは、【オレ】だよな?他の誰でもない……このオレ、だよな」

肯定したら嬉しそうに瞳を細めて
「それなら、【オレ】以外の寅之助はもういらないよな」
と言い 優しく髪に触れる指が頬に触れた。
ぬるりとあたたかく濡れていて 濃い、鉄の匂い。
紅く濡れたナイフと見覚えのある黒い布のようなもの。寅之助が使ってた眼帯。
寅之助が怖いです。



寅之助終わった!
終夜も理一郎も全然出てこないの。代わりに長が出てくる。
情報屋の彼も少しだけ 絡んできたりね。
有心会が分離して 終夜や理一郎は どっちについたんだろう。やっぱ寅之助の方かな。
というか 弟たちとか一切でてこなかったなぁ…
陸という有心会の構成員がどんな人なのかとかも気になった。


えぇっと 寅之助のEDはどれも癖が強い。
残留EDが一番ほのぼのしているのかなと思います。
とりかごEDを除いて唯一血まみれではない。
嫉妬深くて 独占欲が強く 寂しがり?
帰還EDは 正直寅之助が怖いです。
でも そういう行動に出てしまった寅之助もわからないでもないので このEDは嫌いではない。
たまに記憶を思い出していたけれど できれば 思い出すことがなければいいと思います。
思い出しても幸せになれない気がする。
最後のバッドEDは狂ってるとしか言いようがない。病んでる。
彼を受け入れるのは 相当大変だろうなと…


寅之助…嫌いじゃない。
血まみれ行動以外だと大好きです。
だけど 受け入れるのは無理だろうな…

スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。