--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2012'02.06.Mon

猛獣使いと王子様 ルシア感想

猛獣を飼ってない猛獣使いのティアナが市場で買い物をしていると
今日の夕食にと商人から ライオンとオオカミとアヒルとウサギを勧められました。
ティアナはこの4匹を買うことにします。だって猛獣が売りに出るなんて 滅多にないからね。
とりあえず 困ったときに使いなさいと母に渡されたブローチと4匹を交換してもらいます。
妙に仕草が人間臭い4匹だけど 気にせず自宅に連れ帰ります。

「……肉は好きだが、生は無理だ」
ライオンが喋った!第一声がこれ。

何者かにかけられた呪いにより動物に姿を変えられた人間。
呪いをとく方法を探すのを手伝います。

そして 自己紹介。
アヒルがルシア。生意気そう。
ウサギがエリク。可愛い。
オオカミがアルフレート。堅物そう。
ライオンがマティアス。偉そう。


ルシアに突撃です。
では 続きから どうぞ。ネタバレしてます。
mr.jpgsr.jpg



第1章
みんなと出会い、呪いを解くお手伝いをすることになりました。

アヒル目付き悪いなー。ちょっと口も悪い気がするけど可愛い。
フードしてるのが また可愛いんですよね。
好き嫌いはなくて でも魚は好きな方。
干したウナギのスライスを挟んだサンドイッチは おいしくなさそう…
アヒルは食べたいらしいけど。

モフモフのときの吐息は色っぽかったり そうじゃなかったり…。
モフモフ自体は簡単。
叩くとキレられた…普通の反応だ。そんなに怖くはないね。
アヒル ツンデレっぽいなぁ。

第2章
アヒルを起こしに行きます。
酷いことを言う子にはおしおきとして笛で起こします。
なんか 反抗期の少年の母親にでもなった気分だ…

地図の場所に行き怪しい薬屋で 薬を手に入れて家に戻り
実験台にされて一足先に人間の姿になったルシアとご対面。
やんちゃな少年。って感じがします。
マティアスとそっくりとは思わないけど。やっぱりフード可愛い。

第3章
誰よりも動物芸を嫌がるアヒルが みんなにやる気を出させるだなんて…
「猛獣使いになりたいって夢の手助けになるなら、
 オレはなんだってやってやりてぇんだよ!」

きゅんてなります。

賞金首を45分で捕まえるのは すごいけど
おばちゃんたちにボコボコにされたのは 少し情けない…
動物芸の題目は『綱渡り』。ウサギ楽してる…?

第4章
公に姿を表すことにしパレード。
その後 クラウスの追及から逃れてきたらルシアに出会いました。
先に帰ってたはずなのに。

ルシアはカトライア法王陛下の孫でよく城にも来ていたんだって。
ティアナが小さい頃のことを思い出したCGにちびルシアがいた気がする…
知り合い?でも忘れてる?

第5章
カーニバルなので おでかけです。もちろん ルシアと。
ティアナからお誘いしますよ。

聖堂→小さい頃のルシアはやんちゃだったご様子。
今と印象変わらない感じするなぁ。あとやっぱり小さい頃に会ってるみたいだ。
ルシアが言いたがらないなら聞かないけど…まだ。
市場→ハンネスにアヒルと同じぐらいの大きさの、ふわふわした玉貰った。バランスボール?
憩いの場→ケーキを前に拗ねるルシアとか照れるルシアとか幸せそうなルシアとか
可愛い、楽しい。だけどダイエットは失敗だな…
観光名所→試さず。ルシアは興味ないのかなぁ。
グロースの丘→「オレのこと、なんだと思ってんの」
なんてドキドキします。だってルシアじゃないみたいなんですもの!
ティアナには素早く小さい頃のことを思い出していただきたい。
キンバールトの森→クルトとご対面。お互いに顔見知りっぽいけど思い出せないご様子。

夜、隣のルシアとアルフレートの部屋から異音が聞こえたから向かったら
バランスボールしてた。あれ難しいよね…

外出禁止になり すれ違いでケンカして 逃亡して
傷だらけで戻ってきたルシアとの過去をやっと思い出した。
身分偽られてて 見た目がぽっちゃりさんだったなら 思い出せなくても仕方ないかな…

その夜、呪いをかけられました。
呪いを解くには マティアスが3人の王子を殺すこと…

第6章
ルシアの策略によりゲルダたちを捕らえます。
CGのルシアの服の色合いが立ち絵と違う…

仕方なしに『最後の魔女』奪還に協力することになりました。
しかも 敵国・ルナールが侵攻してきたのでそれも阻止しなければなりません。
とりあえずティアナはルシアと共にルナールへ向かいます。

第7章
「オレは……お前と一緒じゃなきゃ、駄目なんだ」
なんて…ぎゅってなるね。
何故だかルシアが頼れる気がしてくる…弱気な発言なのに。
そのあとの約束のおかげかもしれないな。

第8章
ルナール城に侵入後、エリクたちがハンネスに捕まり ルシアたちも追われ…
「最後まで、守ってやれなくて、ゴメン」
という言葉と共にキス。
ティアナを逃がすために囮になるルシアがかっこよすぎて 誰だ!?と思っちゃいます。
いじめられて、いじられてなんぼな子だったはずなのに…
だけど そんな窮地を救ったのはクルトだったり…クルトすごい。

第9章
エリクたちのことはクルトに任せて カトライアに戻る途中いちゃいちゃ。
ルシアの照れた立ち絵が可愛いよ。
そして 今からキスするぞってときにエリクたちが合流。邪魔されてやんの。楽しい。
その後、ティアナが呪いの進行で倒れ 次に目を覚ましたらゲルダの研究室。

ルシアと共にザルディーネへ ディルクを止めに行きます。
何もかも終わって また倒れたティアナとルシアの告白が悲しい…
助かるだろうとは思うけど悲しい。

ローゼレット城で目を覚ましました。薬が間に合ったから。涙声で喜ぶルシア可愛いよ。
母親からの応援と父親からの反対。両親が絡んできたのは初めてですね。
そして目つきの悪いアヒル。ティアナのために もう少し呪われててくれると。

「絶対アヒルの方が好きだろ!人間の時はこんなことしねーくせにっ!」
と アヒルな自分にキスしたことに嫉妬するルシアが可愛いです。

マティアス、アルフレート、エリクとのお別れ初めてで 悲しい。
でも ルシアが残るらしいし いちゃいちゃだし
何故か一年後があるし 父親が認めてくれて…幸せだ!


総合して ルシアは意外に頼れて 意外に独占欲が強くて 一途な子ですね。
今回の出会いがなければ どうやってティアナと再会するつもりだったのか…
兄弟にいじられてる姿とか 照れる姿とかすべてが可愛かったです。
アヒルの時の素直じゃないところが好き。自分に嫉妬するところとかも よかった。

スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。