--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2012'02.01.Wed

官能昔話ポータブル 人魚姫感想2

想う女がいるなら 相手するな!と憤りを感じずにはいられない人です。
ノーマルの最後は 結局南の島の姫さんと結婚したのですかね?

そんな憤りを感じますが櫻井さんの声が聴けるだけで幸せになります。

【ラブコメルート】
【男のプライドルート】
では ネタバレ感想です。


【ノーマルルート】
『L』
『引きとめる』
『L』
『L』
『王子の手を取る』



【ラブコメルート】
『R』
『王子にキスをする』
『L』
『王子を庇う』
『L』


人魚姫は 海の魔女のところに行き 王子を人魚にしてほしいと頼みました。
………え?そんな展開?正直予想してなかった…
魔女はそんなことは簡単だと言います。
ただ 人魚姫の恋が成就しなかったら 王子に未来はないと。
ノーマルルートの立場逆転だけど どれだけ迷惑な話なの…
自分勝手な人魚姫が 王子の命がかかっていても薬を欲し
魔女は 人魚姫の永遠の命と美しい声を引き換えに薬を渡しました。

人魚姫は薬を持って 王子を介抱した浜辺へと向かい待っていると王子が来ました。都合よく。
だけど ふと気づきます。薬をどうやって飲ませればいいのかと。
相手が自分を好きかどうかもわからず まして覚えているかもわからないのに
人魚にして一緒にいたいとか 自分勝手にもほどがある。
とりあえず 人魚姫はひと芝居打つことにしました。
倒れてるふりをして 王子に声をかけてもらいます。
人魚姫を見て「あ……」って…。美しさに見とれたらしい。
その隙をついて 薬を飲ませます。本当に 自分勝手だな…

王子が目を覚ますと そこは海の底でした。
困惑する王子を前に (どうしよう……王子さまを困らせてしまった……)と人魚姫は思います。
説教をしたくなります。
色々とパニックに陥り 息ができなくなった王子を人魚姫は海の上に連れて行きます。
喋れない人魚姫から 事情やら気持ちを汲み取る王子すごい。
そして 王子は「君が笑ってくれるなら……僕は君の傍にいるよ」と言ってくれます。
……だいぶ有り得ない。王子が前向きすぎて 受け入れるのが早すぎて ついていけない。

それから 王子は泳ぎ方や海での生活についてを人魚姫に教えてもらいます。
立ち絵が王子さまな服装から 半裸になりました。
服変わるの初めてだ。服じゃないけど…脱いだだけだけど…
サメに襲われた時の対処法を教えてもらう時に サメの大群に遭遇しました。
急いで 珊瑚礁に隠れます。ひと一人がやっと入れるような狭い空間に二人で。
身を潜め隠れていたとき 王子は人魚姫が助けてくれた人だと気づきました。
感謝をして「これからは、僕が君を守るから……」と。

それ以来 お互いに恋慕うようになり 王子は人魚姫と結婚したいと願うようになりました。
そしてプロポーズ。
「愛してる」とか「大好きだよ」とか 悶えます。立体音響じゃないのが残念ですが。

しかし 人魚姫は海の民の王国の王様の末ではあるけれど娘なのです。
王様に認めてもらわなければいけません。
父が許してくれるか不安になる人魚姫に王子は明るく大丈夫だと言います。前向きな人です。

王宮へ行き人魚姫の姉に会いました。素敵な声です。大好きです。
お姉ちゃんは 人魚姫が喋らないことを不信に思い問いつめますが
人魚姫は話せないので黙っていると 余計に詰め寄られ それを王子が止めます。
王子が名乗ろうとしたら 王様が声をかけてきました。
王様は 王子をよく思っていません。人魚姫が声を失った理由を知っているから。
自分勝手な理由だから王子被害者だと思うけどね。
熱い想いを王様に告げる王子が「お父さん」と言ったときは笑った…早いよ。
よく思われてないのにお父さんとか呼んだら 怒るに決まってる。
もう一度熱い想いを伝えると 王様は条件をつけて認めると言いました。
『花婿修行』
それが済むまで人魚姫と会うことは許されず 姫の従者に監督され修行がはじまります。

三日以内にウニを1000個集めたら合格。ウニ…王様の大好物ウニ。
これが修行とは…恐ろしい…
従者に邪魔されつつ頑張った三日目。
人魚姫に会いたいと思っていると 現れました。王宮を抜け出すおてんばさんだからね。
久々のいちゃいちゃと立体音響。
王子の喘ぎ声…やべ…堪らない。

従者もいないから 人魚姫はウニ拾いを手伝います。
人喰い貝と呼ばれる大きなシャコ貝に襲われ
人魚姫の髪が短くなるというハプニングはありましたが 1000個集めることができました。

王様に認めてもらえました。手伝ったこととかバレてて怒られたけど…
お姉ちゃんも従者も 祝福してくれました。
『おしまい』

【ここまでで…】
王子が前向きな子だからよかったものの人魚姫の行動はいただけないね。
最終的にひっついたから いいけど。
そして ウニ。ウニおいしいよね。おいしいけど それが花婿修行ってのは 恐ろしいね。

【ご褒美】
画集2枚。
『ちょっと狭いけど、我慢してくれる?』
『私の髪を、そのナイフで切って』

劇場なし。
音色なし。

【男のプライドルート】
『R』
『王子にキスをする』
『L』
『王子を庇う』
『R』


修行三日目。人魚姫に介抱されて指を口に含まれ喘いだ後
王子は元気を取り戻し ウニ拾いを再開します。
人魚姫は 手伝いたい気持ちを抑えて見守ります。王様にバレたら大変だからね。

ウニを1000個集めて王宮に行くと すでに晩餐会が終わっていました。
王様は認めてくれず お姉ちゃんもなんだか冷たい…
凹んでた王子はやがて自分が情けないと 王様に もう一度花婿修行をつけてもらえるように
しつこく追いまわすようになり 人魚姫はそれを見守ることしかできません。
根負けした王様は 渋々人魚としての心得や学問を教えますが
やがて王子を好意的に思うようになりました。息子のように…
だけど 息子のように思えても 人魚としてやっていけると認めても まだまだだと仰られます。
「姫の婿としては、まだまだのまだだ!!」と。
それでも 王子は諦めることなく王様に修行をつけてもらうことが嬉しそうです。
すっかり空気な人魚姫は そんな二人を微笑みながら見送り
王子が認められるその日を待つのでした。
『おしまい』

【ここまでで…】
王子は王様と強い絆で結ばれたらしいよ。
ところで 王子を庇わずに 王様をひっぱたくとびっくりな展開が待ってました。人魚姫が空気…

【ご褒美】なし。


人魚姫感想1
人魚姫感想3
人魚姫感想4

スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。