--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2012'02.01.Wed

官能昔話ポータブル ヘンゼルとグレーテル感想5

【魔法使いルート】
【兄妹愛ルート】
【エピローグ】
のネタバレ感想です。


一番下に【キャスト】載せてます。


【魔法使いルート】
『L』
『カスタードプリンを食べさせる』
『R』
『私も逢いたかった』
『L』


魔女がヘンゼルを食べようとして グレーテルは「私を食べて!」と言います。
魔女は グレーテルに足かせをはめて ヘンゼルを働かせます。
ノーマルルートの立場逆転ですねー
ろくに食べさせてくれもせず一日中働かされヘンゼルは倒れるけど
魔女はそんなこと気にせず こきつかいます。
ヘンゼルの声が耳元で聴こえるから ドキドキする。なんかエロイ…
グレーテルのいる部屋に戻り グレーテルに気を使うヘンゼルが
健気で頭を撫でてあげたくなるね。
それからヘンゼルは グレーテルを守るため魔女が与える仕事をこなしていきます。
そんな日々が続き 魔女はヘンゼルを認め 心を許すようになり
そのうちヘンゼルに魔法を教えることになりました。
辛い修行にも耐えたヘンゼルは一人前の魔法使いになりました。
ところで その間グレーテルは何をしてたんでしょうね。
魔法の成果を見せて すごいと言われたヘンゼルは 嬉しそう。
そして 修行は辛かっただろうと聞いてくるグレーテルに
「それほどでもないよ」と言っちゃうヘンゼルが可愛い。

ヘンゼルは魔女を倒そうと思うと言います。
だけど グレーテルは反対します。なんて優しい子なんだろうねー。
魔女はグレーテルを食べようとしてるのに。
そんなグレーテルが愛しくて仕方ないヘンゼルは魔女退治をやめ 魔女の手伝いを頑張ります。
献身的なヘンゼルに負けた魔女は 足かせの鍵をくれました。
足かせを外して 二人はこれからを話し合い
このまま魔女のもとで暮らし魔法を学ぶことにします。
グレーテルは ヘンゼルに教えてもらうけどね。

箒に乗る練習中、耳元で「気持ちを落ちつけて……」と言われるが 無理だ。
近い!左にいる!なんかエロイ…ヘンゼル エロイ!
あー こんなお兄ちゃんいたら洗脳されそうだ。好きだ。
練習から戻ったら 魔女にからかわれました。
魔女にまで言われるほどのいちゃいちゃ。
そして三人は家族のように仲良く幸せに暮らしました。
『おしまい』

【ここまでで…】
なんだろ…エロイ。ヘンゼルの声エロイ。
耳元で聴こえるのヤバい。もきゅもきゅする。
そんな風に大事にされたら 洗脳されちゃうね。少し洗脳されたしね…

【ご褒美】
画集2枚。内1枚差分。
『魔法を教えてもらったんだ』
劇場なし。
音色なし。

【兄妹愛ルート】
『L』
『カスタードプリンを食べさせる』
『R』
『私も逢いたかった』
『R』


魔女を倒してグレーテルを助けたいと言うヘンゼル。
だから 一緒に闘います。お兄ちゃんだけにさせないんだから…っ
なのに 一緒に連れていけないとか言われました…
愛してるから 連れていけないとか すごく悲しいんですけど。
信じて待っててと 一緒に行くことに強く拒否されたら もう仕方ないですね。見送ります。

魔女と対決。
魔女はヘンゼルがくることに気づいていました。
魔法の師匠に簡単に勝てるわけもなく ヘンゼルは縛り上げられ身動きがとれず
それでもグレーテルのところに行く魔女に這うようについていきます。
ムチで痛めつけられるグレーテルとヘンゼル。今更だけど魔女、悪いやつだ。
執拗にグレーテルを痛めつける魔女に怒り
ヘンゼルは全身の力を振り絞り縄を切り また勝負を挑みます。
「お前らは……地獄に落ちるよ……」と言い残し
魔女の体は灰になり、跡形もなく消えました。

勝利したヘンゼルは グレーテルを強く抱き締めます。立体音響…
「もう、離さないよ」と。
なんで そんな妖しい雰囲気醸し出してるんだろう…
「愛してる……」とかも すごいな。なんか やーらしー。
グレーテルが足かせを外してと言うと ヘンゼルの雰囲気がガラッと変わりました。
「ダメだ」と…
病んでるヘンゼル。求めていた彼が見れて幸せです。
グレーテルが どこにも行かず一緒にいると言っても 愛してると言っても…
「この足かせは僕とお前の、愛の証だよ……」と 足かせを外してはくれません。
身体中 傷だらけのグレーテルを手当てしてくれます。
手当てとは 手を当ててするもので 唇でするものではないのです…
ヘンゼル やらしーのです。

その後 足かせが外されることはなく グレーテルも抗うこともしませんでした。
ヘンゼルの気持ちは膨らんでいくばかりで 愛に溺れる二人だけの日々が永遠に続くのでした。
『おしまい』

【ここまでで…】
病んでるヘンゼルいいですよ。好きです。
それに抗わないグレーテルは やっぱり洗脳されてる。

【ご褒美】
画集1枚。
『お前をどこにも行かせない』
劇場ENDING
音色なし。

【エピローグ】
ヘンゼルに右側から優しく起こされます。
なんか いつものエピローグとちょっと違う…
魔女に教わった魔法で 時間を戻したらしい。
ヘンゼルに「もう一度繰り返すとしたら、どんな未来を体験したい?」と聞かれました。
どれですかね?全てのルートが楽しかった。

二人で思い出話をしてますが とりあえずヘンゼルは 所々で恥ずかしいこと言いますね。
エピローグも なんか違うから 最後までドキドキしました。


うんと…一番好きなのは幽霊ハーレムですかねぇ。
衝撃的だったのもあるとは思うけど…ヘンゼル以外のキャラも楽しかった。
お化け1が可愛くてお化け2が妖しくて親分お化けが紳士で大好きです。
ノーマル以外は全て好きです。だからってノーマルが嫌いなわけではないです。

兄妹愛のヘンゼルは 求めていたものに近かった。
だって兄妹なのに好きで 病まないはずがないじゃないですかっ
だから 足かせを外さなかったヘンゼルは楽しい。
もうちょっと病んでほしかった気もしないではないけれど…

とりあえず 子どもだからって侮っていたら 偉い目にあった物語たちでした。


では以上で【ヘンゼルとグレーテル】の感想を終わります。


【キャスト】
ヘンゼル・鳥海浩輔
魔女・鈴木達央
木こり・下野紘
おかみさん・森久保祥太郎
親分お化け・井上和彦
お化け1・櫻井孝宏
お化け2・平川大輔


ヘンゼルとグレーテル感想1
ヘンゼルとグレーテル感想2
ヘンゼルとグレーテル感想3
ヘンゼルとグレーテル感想4
スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。