2012'02.01.Wed

官能昔話ポータブル ヘンゼルとグレーテル感想3

子どもだからって侮ってたら えらいめにあった。
マセガキさんです。

【大団円ルート】
【幽霊ルート】
ネタバレ感想です。


【ノーマルルート】
『L』
『カスタードプリンを食べさせる』
『L』
『顔を見せない』




【大団円ルート】
『R』
『ヘンゼルについて行く』
『L』
『玉ねぎを刻む』
『R』
『許す』


親分お化けにずっと一緒に暮らさないかと言われ
ヘンゼルは喜び「グレーテルは?」と聞きます。
「お嬢さんはお化けの棲む家なんて、やはり、嫌……だろうか……」
と少し悲しそうに親分お化けも聞いてきます。
グレーテルは首を横に振りますが 生まれ育った家に戻りたい気持ちが抑えられません。
その気持ちを聞いた親分お化けは 両親の性根を叩き直すと言ってくれます。
そうすれば二人が辛い思いをしなくてすむだろうから。
どれだけ素敵なお化けなんだろう…親分お化け大好きだ!
お化け1、2も手伝ってくれると言うし 素敵な良いお化けばっかりです。
そして お化けたちに案内してもらい森の入り口に行きました。
懐かしい家を見て飛び込んだら 冷たいおかみさんと気弱な木こり。
全く歓迎してくれない二人にお化けたちはとり憑いてわからせます。
反省したおかみさんと木こりと4人仲良く暮らすことを誓い
お化けたちは森の奥へ消えていきました。

数年後。
大きくなったヘンゼルのCGと立体音響。
優しく起こしてるのに起きないグレーテルに
「何をされても、文句言うなよ……」と。
低く妖しい声です。ドキドキです。
何があるんだろうと思っていたら 布を捲るような音が聞こえ暗転して
『おしまい』

【ここまでで一言】
大人ヘンゼルが 何をしたのか気になります。
ナニをするんでしょうね…?

【ご褒美】
画集2枚。内1枚差分。
『何をされても、文句言うなよ?』
劇場なし。
音色なし。


【幽霊ルート】
『R』
『ヘンゼルについて行く』
『R』
『恨んでいない』
『R』


ヘンゼルは両親を恨んでいるけど 復讐しないと決めました。
グレーテルがいれば それでいいと。
グレーテルもまた ヘンゼルと同じで 復讐はしないと。
親分お化けもお化け1、2も そんな二人に感動したご様子。
でも 「ご両親へのやるせなさを完全に断ち切らない限り、成仏はできないぞ?」
と親分お化けが念を押してきます。
構わないと言い やりたいことがあるから 手伝ってとヘンゼルに言われるからついていきます。
お化け2に引き止められそうになって 早口で別れを告げるヘンゼルが可愛い。

そしてお化けの家から出て 二人は空高く宙を飛びました。
「もう一度だけ、髪に触れたい」とか
「首筋にもう一度優しくキスしたい」とか
「身体の熱を、もう一度だけ感じたい」とか。
後ろから抱きしめるCGで 立体音響で耳元で言われます。キスの音ありで。
因みに 首筋にキスとはよくしていたんですかね?兄妹で?
「僕のぬくもりを思い出して……」とか…なんか もうダメだ…
子どもが言うセリフじゃないよ…いや、でも子どもだから素直に言うのかしら…

それから 二人は森で迷っている子どもがいれば道案内をするようになりました。
やがて 子どもたちの間で二人は『道しるべお化け』と呼ばれるようになりました。
『おしまい』

【ここまでで…】
空を飛んでいるときのセリフが聴いていて全部恥ずかしい…
子どもだと侮ってたら やられる。しかも今回はグレーテルのセリフまで恥ずかしかったです。
結果 両親へのやるせなさは断ち切れなかったんでしょうね。
でも なんだか幸せそうでお化けになったのに 良かったねと思ってしまう。

【ご褒美】
画集1枚。
『叶うなら……もう一度だけ』
劇場なし。
音色なし。


ヘンゼルとグレーテル感想1
ヘンゼルとグレーテル感想2
ヘンゼルとグレーテル感想4
ヘンゼルとグレーテル感想5
スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)