--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2012'01.20.Fri

ワンド オブ フォーチュン2 ~時空に沈む黙示録~ ソロ感想

ソロおわりました。


二度程 攻略する順番を失敗したかなと後悔しましたが
今はやってよかったと思います。
今ならソロも ペルーも好きです。大好きです。

次は 単独行動なアルバロに突撃です。
ノエルのとき 首を軽く切られてるので
あまりアルバロの毒にやられないように強い心で向かいます。
それでも恐怖を抱きそうな気がしなくはないですが
後に待つビラール、エスト、ユリウスを糧に頑張ります。


では ソロの感想です。長いです。ネタバレ満載です。



テクテク歩いていたらホールに着きました。
ソロとペルーに会ったけど 一向に服装のこと言わない。
この時代の人だから見慣れてるんだろうか…
ころころ、ころころ話題が変わっていき やっと 服装のことを褒めてくれました。
ついでに ソロの笑顔をはじめて見た気がする。立ち絵だけど。可愛い笑顔です。

ソロと行動を選びたいけど ないのでエストを選びます。そうするとソロを攻略できるみたい。
すっごいエストに嫌がられて 少し凹みます。自分が。
今はソロ狙いだし構わないけどエスト攻略のとき耐えれるかな…
などと思っていたら いつの間にかソロも手伝うと言い出してきました。
ルルとエストのことが とても気になるらしい。
まぁ とりあえず エストとソロルートがはじまりました。

ソロと探索に行きます。ソロのターン。
なんだか ソロは癒される。立花さんの声だからですかね。
あとしゃべり方が柔らかいからかな…ラギのあとだと特に。

6ターン目の夕方。
エストに頑張るからって伝えるために部屋を出て ホールに向かいます。
ホールでは エストがソロに詰め寄ってました。
ルルが間に入ったら 次はソロがエストを暴いた…
刻印が表れたのは ソロが封印を解いたからなんだと やっと理解しました。
早くも 後に回した方がよかったかなと後悔がにじみ出てきたけど…まぁ いっか。

夕食後 みんなの近況を聞いたあと エストとソロと広間に残ったけど
エストがソロに話しかけるなと言ってて悲しくなる。
てか ソロが本当にわからない。最後の方には理解できるかなと不安になる。

ホールで倒れてるソロのCGはきれい。

11ターン目の昼。
ラギに励まされ助言されエストと話をしようと向かった先で
ティーナにそっくりな少女とエストを見つけました。想像もしてなかった組み合わせ…
小さな子には いつものような冷たい態度がとれないエストが なんだか微笑ましい。
そんなエストに何故かなついた少女・エイラは
ラットが迎えに来ても エストが一緒じゃないと授業に行かないと言う。
なのでラットの授業をエストと二人で見学することになりました。
生徒に絡まれ困惑するエストが可愛いよ!
可愛いなと和んでたら またエイラがエストの地雷を踏んで――ソロが来た。
生徒たちは ソロに好意的で 魔法を見せてと言われたソロが
「エストに見せてもらうといいよ」と笑顔で言う。
ソロの言動は怖いなと思いながら進めてたら選択肢がでたので 二人を見守るを選びます。
ルルにも見たいと言われ ヤケになったエストが使った魔法は みんなに喜ばれ エスト困惑。
和やかな雰囲気が続いたかと思えば 生徒たちがいなくなってからエストがキレた。
そんなエストを気にするでもないソロに困る。
ソロは ユリウス以上に空気読まなくて アルバロとは違う意味で 理解できない。

17ターン目の朝。
楽しくエストとソロとペルーの四人で朝食を食べていたら
ラットが来て裏山に連れていかれました。生徒たちと一緒に裏山で食材の確保。

エストもソロも いつの間にか姿が見えなくて
キョロキョロしてるとソロが戻ってきてお土産をくれました。
ソロのことがわかりたくて 色々話をします。
どこにいたのか、好きなもの嫌いなものは何か、
ペルーとはいつから一緒なのか、どうやって知り合ったのか…
いくら話したところで よくわからないとルルは言う。
まぁ わからないな。難しい。まだまだ理解できない。

用事があるとどこかに行ったラットが いつまでも戻ってこないので三人で探しに行ったら
変な気配にソロが気づき歩いていったら ラットが倒れてました。
その後 目を覚ましたラットは何事もなかったように生徒のもとへ。
ソロが呟いた『オリジンの爪痕』が気になります。謎のまま話は進みます。

ユリウスたちから 350年前の時代だと聞いて
不安なルルは エストに部屋まで送ってもらいます。
途中ソロに会い 話しますが難しい。
ソロと別れ 今度こそ部屋まで送ってもらったら 様子のおかしいラットを見つけて追いかけます。
なんか 色々起こるけど ソロと一緒のイベント少ない気がします。
イベントの内容もエストに偏りがちというか…やっぱり順番間違えたかなと二度目の後悔。

ルルの知らないところで エストとソロが会話を繰り広げてるのだけど
エストをいじめるなと声を大にして言いたい。
ソロがわからなくて どうしても気持ちがエスト寄りになるなー

23ターン目の朝。
ソロ探しをしてたけど諦めて 今日どうしようかとエストと話してると
エイラがラットがいなくなったと声をかけてきました。
エストがエイラに優しくて なんだか嬉しくなる。
ただ エストから離れないと駄々をこねるエイラがいい加減面倒です。
駄々をこねるのは可愛いけど 度が過ぎると可愛くなくなる。
そこにユリウスとノエルが来たので ラットのかわりに授業を頼むルルですが
それはおかしいと思うの。
時代的なものもあるし ノエルなら うっかり口を滑らせないと思うと言うが
ノエルはうっかりがあると思うの。ユリウスも。
頼めるとしたら ビラールかエストだ。
まぁ なんとか駄々をこねるエイラをなだめて ユリウスとノエルは授業へ。
ルルとエストは ラット捜索に向かいます。
諦めたらすんなりと出てくるのが 探し物の鉄則だね。
ソロが現れ一緒に捜索へ。

裏山のオリジンの爪痕があった傍にラットがいて確かめたいことがあると
ソロは突飛ばし服の胸元を広げると そこには不思議な印がありました。

オリジン。 魔法を使う人が嫌いな人たち。
オリジンの爪痕は その人たちの使う魔法のこと。

ソロの種が滅ぶだとか運命だとか難しい話を聞いたルルは ソロの胸に耳を押し当ててみました。
まぁ当然ソロは困惑の表情。
毎回誰かと並ぶようなCGを見て思うけど ルルちっちゃいなー

27ターン目の夕方。
夕食まで時間があるから うろうろしてたら ミラに会いたくなって
プレゼントを用意して行こうと思ったら ソロとペルーに会った。
ペルーが ミラへのプレゼントを作ってくれてる間 ソロと中庭で話します。
ソロは なんでもない話をするときと そうじゃないときとでは 声や雰囲気がかわりますね。
そんなときは 多分重要なことを言ってるんだろうな。けど難しい。

ペルーが戻ってきてオルゴールを貰いました。お礼を言うとペルーが照れた!可愛い…

50ターン目の朝。
モルガナ様に協力を申し出たルルたちの仕事は ミルス・クレアの生徒の手伝い。
避難所の準備か 裏山での食料調達。
ソロが避難所の準備を手伝うから一緒に行きます。
エストに頑張ってくださいと言われたから頑張るよ!

ソロって 答えを言うんじゃなくて ヒントを与えて
答えを相手に考えさせようとしてるから 難しい言い方するんだね。と
今頃気付いてみました。多分 そうだよね…?

準備中ラットが姿を消しました。オリジンのこともあるから心配です。
ソロに相談したら ラットを探しに行こうと言ってくれました。優しいね。
ホールへ行くとエストもいて ソロに相談したように話したら 怒られました。厳しいね。
ソロは ラットが行くところに見当がついてて案内してくれます。カタクームへ。

ラットは一応無事だったけど ウィオラケウスという古代種の存在で
エストがとても辛そうで ソロは悲しそう。
ソロとエストは ルルにはわからないことを話してて ずいぶん前から蚊帳の外ではあったけど
物語後半なのに まだ蚊帳の外は辛いな。と思ってたら エストがルルの問いに答えてた。
やっと関わらせてくれる。と思ってたら ラットが目を覚まして 話が終わった。
………空気読めと言わなくもない。

大戦の前の晩。
ソロが訪ねてきた。
「あともう少しだけ、君たちを――
君を、見つめていたいんだ。時間が許してくれる限り」
と言うソロ。
全然先が読めないです。
ソロが モルガナ様を止めることのできる唯一の存在だというのは
ノエルを攻略してるから わかるけど ソロの思想がわからない。
いつも曖昧に笑って 話も噛み合わなくて ソロがわからない。まだ わからない。

部屋を出て行ったソロを追いかけます。
追いかけた先で 別れが寂しい、悲しいと泣くルルに
ソロは 寂しくなるけど悲しいとは思わないと言う。
たくさんの出会いと別れを繰り返して 何度も終わりを見送って
もう悲しいと思えない。わからないと。
長く生きすぎて 多くの終わりを見て諦めて壊れたのかなぁ。
だから 頑張らないし 生き倒れたり運命って言葉で片付けるのかな。

大戦がはじまり ルルとエスト、ソロの仕事は避難してきた人の対応。
ラットが責められてるとエイラが言いに来て ミラのいる塔から魔力の暴走があり
どちらに行くか選択肢が出ましたが 当然ミラを助けに行きます。
ミラの暴走を体をはってとめようとするルルはかっこいいです。有言実行なところが好きです。
ミラを救ったら 次はラットが刺されました。オリジンの裏切り者と。

エストの言葉を聞いて ソロが動き出しました。
「僕の役目を、果たすために」

そのあと ミラに会いに行ったり モルガナ様に会ったり 空のメモリスを手に入れたり
エストに優しく見送られたりして ソロを探しに出ました。
忘れられた小屋でペルーに会い話をします。
ペルーが ソロのことが大好きなのが伝わるので ホクホクします。
大好きだから一緒にいて生かすために世話をしてるのだと。
ペルーのことが すごく好きになった。いい奴だ。

ちびソロ可愛いね!まさか そんなCGがあるとは思ってなかった。

無理矢理 ルルが口づけるとかも予想していませんでした。
想いをどれだけ伝えても 返ってこないのは悲しいね。
というか 無理矢理は例え女の子からでもいけないことだと思うな。

その後 色々ありました。
ソロの時間魔法の代償がわかったり
コンパクトとエレメントスケープが共鳴し現れる結晶は【ミルトニアの結晶】というもので
二人の想いが 強く惹かれあっている証。というのが わかったり…

未来に送り出される時ちょっと泣いた。
ソロとルルに感動したわけでもなく ペルーに泣かされた。いい奴だから 仕方ない。

244年前。
ペルーにまた泣かされた。
ソロのことが大好きで 健気すぎるわ。

130年前。
切実なソロの声に ドキッとするね。

76年前。
長い間 頑張るのは大変だろうな…
計り知れない不安があるんだろうな…

24年前。
ソロは いろんな人に応援されてるなぁ

と。これが ルルが時間移動中に見ているものだと すっかり忘れていた。
現代に戻って ソロがルルに会えたときは すごく嬉しくなりました。
はじめは理解できなくて あれだったけど ソロ好きだな。ペルーも好きだ。
三年後。
特例として寮を出て ソロと暮らしてるらしい。
なんか ソロが可愛いので 350年の頑張った分以上に幸せになればいいね。



因みにノーマルEDは ずるい。
伝言を頼むソロも ソロの元に行ったペルーも…
ペルー辛かっただろうけど…

スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。