--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2012'01.14.Sat

ワンド オブ フォーチュン~未来へのプロローグ~ ユリウス感想

【エドガーの魔法のルーペ】好きなルートBEST3
1位 エスト
手厳しいけど優しいから。頭撫でてくれたのが とてつもなく萌えた。
2位 ビラール
祖国を見せてくれたから。そして踊り子の衣装選んでるあたりが王子だなと。
3位 ノエル
おバカだから。元気付ける芝居がけっこう良かった。

まさかのノエル。自分の中では驚きです。
トゥルーEDのモルガナ様もよかったんですけどね…


【あなたとの物語】好きなルートBEST3
1位 ユリウス
恥ずかしい子なんですもの。泣きそうな声にやられた…
2位 ビラール
もやもやはしますがね…。ぐいぐいくるのは好き。
3位 エスト
とにかく可愛いんです。とても愛されてる感じがしました。

前作と同じ3人です。
ビラールとエストは入れ替わったけどユリウスはそのまま。

とまぁ こんな感じです。
とても 楽しかったです。お腹いっぱいになりました。
次は『ワンド・オブ・フォーチュン2 ~時空に沈む黙示録~』やります。
『ワンド オブ フォーチュン ~未来へのプロローグ~』が駆け足で進めたので
ゆっくり じっくりやっていこうと思います。


では 最後にユリウスの感想で
『ワンド オブ フォーチュン ~未来へのプロローグ~』を終わりたいと思います。
ネタバレしてます。




【エドガーの魔法のルーペ】
ユリウスの声って 思いの外幼いですよね。
なんとなく今回は特にそう思います。


図書館へ向かったら ユリウスとノエルが仲良く参考資料を探していました。
いっつも一方的にノエルがユリウスに敵意を表してるのに珍しい。
パルーが検索拒否してるので手伝います。
なんとか資料を集め ノエルが借りた本を返してないんじゃないかとユリウスに聞いたら
「……7冊、いや、8冊かな……」と。
それは 拒否されるな。ユリウスひどい…


休日に街に出て 露店を見てたら アルバロに会い ユリウスに会い
二人に腕輪と指輪を着けてと迫られました。
効果を聞いても二人で声を揃えて「大丈夫大丈夫。心配いらないデス」と片言。
怪しすぎるけど選ばないと話にならない。
アルバロルートでも経験済みさ。でも腕輪は知らない。
指輪を着ければ南くんの恋人状態。
何が起きるのかドキドキしながら ユリウスが勧めてくるブレスレットを手にしてみました。
すっごい嬉しそうな声で喜んでるユリウスは可愛い。
効果は ルルが二人になったらしい。
「2人いるなら片方もらってもいい?」って言うアルバロ怖い。
指輪の効果の方が楽しかった…かな。


ルルの魔法の失敗を聞いて 実際に見てみたかったと
興奮するユリウスは 悪気がないから 質が悪い…
だから ルルがユリウスに失敗した事がうれしいの?と聞いてしまった気持ちもわからなくない。
失敗ばかりで凹んでなければ ルルもそんなこと聞かなかったんだろうな…
笑ってすませられるのに 無理で泣いてしまいましたよ。
急に泣き出したルルにびっくりして でも 優しく「どうしたの?」と聞いてくる。
魔法オタクで 暴走しちゃうけど ユリウス優しいですよね。
泣き止むまで待ってくれるし…ちゃんと話も聞いてくれる。
励ましていただきまして…いい男だな…

「また落ち込んじゃったときは励ましてあげるから。いつでもおいでよ」
と言うユリウスの言葉に混乱していたら笑われた…
理由を聞いたら「なんか君、かわいいなって思って」ってさ。
ユリウスが そんなこと言うことにびっくりしました。
「かわいいね、ルル」とまた言われ 思い出しました。
前作でも 1つ口に出して言った言葉は 何度も何度も言うんですよね。この人。
恥ずかしい人だ。恥ずかしくさせる人だ…



【あなたとの物語】
ユリウスも初めから飛ばしますね。
ビラールほど過激ではないけれど 手を握って ふにふに、ふにふにしてるとか。
健全に飛ばしてる。と思う。初恋ですもんね…仕方ないかもしれない。
そろそろ手を離してと言うルルに
「……ごめんもう少しだけ。……ダメ?」は反則だな。
もう少しなら…と許してしまう。ずるい。
ふにふにしてくるのが 止まったかと思ったら 次は髪を撫でられるのです。
それも「ダメなの?」と聞かれれば許してしまうわけです。
甘えた声はずるい。許すしかない。反則すぎる。
と思って進めたらCGがはいり 思ってた以上に密着してました。
飛ばしすぎだね。しかも図書館。公共の場。
ユリウスの右手は 髪を触ってるし 左手は手を握ってるし…何より顔が近い!
「恋ってどんなものだと思う?」と恋人に向かって聞くユリウスは やっぱり恥ずかしい子だ!
そのあとのセリフも全部悶えるぐらい恥ずかしい!聴いてるの恥ずかしい!ジタバタするー…

櫻井さんの今の声音で語尾で息を吸う音が好き!
新しい発見だ。嬉しい。
BEYOND THE FUTUREの感想でも書いてるけど…
低い声の時は 語尾の言葉の音が好き。
好きなところが増えるのは嬉しいですね。

「……もっと」って声もいいなぁと夢中になってたら
いつの間にかファーストキス終えてる…
早くないですか?
んと…エストのときぐらい驚愕なんですけども…CGもないし 不穏なBGM流れてるし…
「……びっくりした」とユリウス自身も驚いてるらしいけど ルルのが驚くだろう…
ホントに飛ばしますね。暴走してますね。ユリウス。
「……もう一度、確かめてみてもいい?
俺、今のでもっと君が好きになった気がする」と。
初恋だし 元々魔法オタクで暴走癖があるから 周り見えなくなってて この子危険だね!
だから 仕方ない。ルルに馬鹿と言われ叩かれ逃げられても仕方ない。

ルルさん ご立腹。
ファーストキスにそれなりの夢があり 憧れもありだったのに
『うっかりやっちゃった』みたいなのにご立腹。
そして人前というのにも ご立腹。
まぁ 仕方ない。女の子ですもの。

だけど その理由にユリウスが気付かないのも仕方ない。
だって恋愛初心者ですもの。ワカバですもの。

翌朝 アミィを玄関ホールで待ってたら そんなユリウスに出会い
困惑してたら アミィが来たので逃げました。
青春ですね。青い春。
その後も 避けちゃいます。

ユリウス視点で物語が始まり ユリウスはノエルに相談することになりました。
ノエル可哀想。ノロケ話に付き合わされて…
でも ノエルがルルの気持ちがわかるとは…少し驚いた。
「ルル…………」と言ったユリウスの声に きゅんとしましたよ。
だって泣きそうなんだもの!
的確なノエルの指摘に ユリウスは気づきましたよ。


ああ。もう。ユリウスずるいです。
全部が気になる箇所で 全部を綴りたくなります。
可愛かったり かっこよかったり 暴走してたり 恥ずかしい子だったり。
ユリウスがずるいのか 櫻井さんの声がずるいのかわかんなくなってきました。
…………多分 声の方がずるい気がする…好きだから。

これは甘いというより恥ずかしい。
普段なら 甘い甘い言ってるところですが 恥ずかしいです。
終わりは幸せそうでよかったんです。
仲直りしたし やり直しキスしてたし おはようのキスしてたし…
あーもー 恥ずかしかった!
でも 萌えた!悶えた!


スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。