--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2012'01.14.Sat

ワンド オブ フォーチュン~未来へのプロローグ~ ビラール感想

アルバロが なかったことのようになってたので ビラールもかな?と思ったけど
ビラールの前作でのキスは なかったことにする必要はないですよね。多分…
まぁ 何にせよ あのビラールとのその後は楽しみなので
まずは【エドガーの魔法のルーペ】を片付けます。
そんな意気込みで始めてみました。


続きを読むから どうぞ。
当然 ネタバレしてます。




【エドガーの魔法のルーペ】
ラギと剣の稽古中 賭けをしてました。負けたら 部屋の掃除。
ビラールは 自分に不利なことはしない気がする。
当然 ビラールが勝ちました。
勝負がつく前から ラギの攻撃を受け流し
ラギの悪いところを指摘するほどの腕前なのだから 当然なんだろうな。


週末。ビラールと約束をしていたルルはファランバルドに連れていくと
魔法実験室に連れてこられました。
実際に行くのではなく 魔法を使って
ビラールの中にあるファランバルドの風景を ルルに見せるのです。
ただ それにはルルの力も必要で手伝い ビラールの祖国のお香の匂いと
ビラールに抱き寄せられ 声に促されて 目を閉じました。
次に聞こえたビラールの言葉は 片言ではなくなってた…
目を開けたら 砂漠だし…
CGが これまた凄いです。
服装も変わってて 抱き寄せられたまま。
ビラールは そういうことを余裕でやるから侮れない。
大人だなと思いました。



【あなたとの物語】
前作で 湖で一晩を過ごしたとき 何もしてないようですね。
まぁ そんなことはよくて…
初っぱなから 飛ばしてますね。
娯楽室のソファーでルルを膝の上に座らせて腰を抱き寄せるとか…
ビラールの紡ぐ言葉は 砂を吐くぐらいに甘い。
甘くて甘くて軽く胸焼けを起こしてしまいそうになるぐらい。
膝の上に座ったのは 頼まれて断りきれなかったルルだけど
それでも恥ずかしすぎて 離してほしいと懇願する彼女に彼は
「ならば、置き土産に口付けを」と。
もう!?と驚きましたが さすがに それはなかったです。
そんなにすぐに済まされたら その後の展開が【CERO】Bじゃ無理だ…
Bでイケる内容じゃ満足できないです。

とりあえず逃げることのできたルルは 話をそらし 食堂に向かおうと娯楽室をあとにしますが
廊下に出て待ち構えていたのは ラギ、ノエル、エストの冷たい目線。
公共の場で あんなことしてたら そりゃね。
エストの無言の立ち去りが一番堪えますね。嫌味でいいから何か言ってください…


アルバロにからかわれつつ 土曜の夜 会いたいからとねだってごらんと言われ
ビラールにねだってみました。
少しの不安ともやもやした気持ちで返事を待てば
一度は了承したようにみせて やんわりと断られました。
それから ルルはビラールを疑いはじめます。
アルバロに言われたことが気になり ラギを呼び出し ビラールの様子を聞いたり
ビラールの行動を思い出してみたり…
不安で眠れないときに リアンが現れ「土曜の夜、あの場所へ」と。
そして ビラールを怒ればいいと…


土曜の夜。
湖の源泉に向かったルルは リアンの魔力を回復するビラールを見つけました。
色々と合点がいったルルは ビラールに体当たりをして
強引に引き倒し 自分の気持ちを伝えます。
大事にされ 何もかもから守られながら 愛でられるだけはいやだと。
自分も 同じ場所にいたいのだと。
涙ながらに訴えるルルに 謝るビラール。
そして 誓いを立てました。
静かに ファーストキスが済まされました。

済まされた後の
「おまえが私に望むように、今宵はおまえも私にすべてを見せてくれ」
って 何?
また このパターンか…
もやもやするんですよね。でも 前作のときは 何もなかったようだし
今回もいっぱいキスしてるんだぞって事なんだろうか…
それが 一番健全かな。


最後に 娯楽室でのイチャイチャ再び。
「名実共に真なる夫婦と呼んでも過言ではない関係を結んだではないか」
と言うビラールの言葉に あれ?となったんですけど…
誓いを立てたから?キスしたから?
………それぐらいで夫婦と呼んでもいいの?
まさかキス以上を?
わからない。考えても答えが出ないので 進めたら 甘かった。
もうなんか うわぁーって叫びたくなるぐらい甘かった。
「たっぷりと愛してやろう」が もう意味わからん。

ビラールは 砂糖だと思います!
お砂糖の摂りすぎは 体に毒です…

スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。