--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2011'12.26.Mon

BEYOND THE FUTURE カミュ 感想

クリア時間
5時間32分。

二人目攻略し終わりました。
既読でも たまに目を通しつつスキップを駆使してみた結果
クリア時間が 他の乙女ゲーと変わらないぐらいになりましたねぇ。

共通ルートからの個別ルートに分岐というよりも
1つのストーリーに個別の話がちょこちょこ入るっていう感じなので
ほとんど最後までスキップ活用出来ちゃいますね。

ところで スチルにシーン再生とかないんですね。これ。ざーんねん。
シーンタイトルやエンディングリストとかあるけど
タイトルがわかるだけで再生出来るわけでもないっていうのは とても残念だなぁ。
せめて スチルの前後の話は見れれたら…まぁセーブしろってことですけどねぇ…


では 思うが侭にカミュの感想を綴って 次はニコにいきたいと思います。
続きは カミュの感想になります。
S_banner_CTP.jpg





アマフィーの妖精。年齢不詳。
小さいときから一緒にいるので保護者みたいなものらしい。


朝起こしてくれたけど連続5日の遅刻を樹立しそうな時間。
わかってるならもうちょっと早く起こしてくれてもいいのにな…
慌てて用意をして 神殿へ向かう途中 キリテに出会いました。
簡単な自己紹介をして 遅刻決定で朝のお祈りに合流します。
神官長に怒られたりしてたら 突然モンスターが現れて愛の女神ユフィスの杖を授かったり
ログナーが現れログナーとキリテが戦ったりと色々とあり神殿がめちゃくちゃに。
カミュは一生懸命リリスを逃がそうと声を張り上げますが リリス逃げれず…
むしろ逃げずに杖を使ったりナユタの登場でログナーが撤退してくれました。
キリテの怪我を治していたら どこかからリリスとキリテが魔法干渉を受け飛ばされそうになり
どうしようもできないので カミュもナユタも一緒についていくことに。
そんなこんなで カミュも一緒に旅の始まりです。


■小さくても カミュに「大丈夫」と言われると安心するね。
何が大丈夫なのかわからないし カミュ自身が助けてくれたりするわけじゃないけど
いつも気を使ってくれて心配してくれるから その気持ちが嬉しくなります。ホクホクする。
ただそんな彼に本気で怒られたい。他人にじゃなくリリスに怒るところが見たい。


■マルジュネの大樹海で 大きくなったカミュには 少しドキドキする。
「大好きだよ」と言われるし…
さすが生まれた時から一緒にいるので気持ちに素直ですね。
それが恋愛感情なのかはわからないけれど ナユタよりは甘く感じます。


■アマフィーを出れば また元の小さい体に戻るのかと嫌がるカミュが可愛い。
大きければ リリスを守ることもできるから…
今まで歯痒かったでしょうねぇ。大好きな子を守ることが出来ないのは。
ヴァキスタになったカミュには おめでとうと言ってあげたい。
というか 彼の服…裸に見えるわ。ぴっちりだし…色が肌と似てるし…


■気になることが1つ。
気になるというか…不満?
マルジュネの大樹海でのカミュとの会話で 同じ内容を二回見せられましたよ。
少し言葉が変わってるけど 同じって…ねぇ。
全く同じものを繰り返されたら 少し萎える。
ストーリーが金太郎飴状態なのは まぁいいとして 個別の話まで同じとか…
しかも アマフィーに入る前と後という短期間でされても…


■BESTEDに繋がる最後の戦いのあと。カミュに告白されました。
好きだの可愛いだのよく言うけど雰囲気が違うから ドキドキしましたよ。
小さい頃から一緒にいるから 誰よりも絆が強いと思うのですよね。
そんな彼に告白され嬉しいけど 言い逃げだよ。1人すっきりしてたよ…
ずっと一緒にいるようで 良かったです。
ただ やっぱり リップ音が恥ずかしい…

スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。