--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2011'12.22.Thu

華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク 宮ノ杜進 感想

思うが侭に前作からの後日談の感想です。






進の部屋で荷造りをしてるところから始まりました。

宮ノ杜の屋敷を出て 文子と一緒に暮らすみたいだ。

やっぱり 進の呼び捨ては違和感がある…ずっと「はるさん」でしたからねぇ。
なんだか ムズムズする。

進の話に 三治は外せないですね。
三治は たえに求婚したけど まだ返事を貰えず苦悩してるみたい。
あのたえですからね。仕方ない。素直になればいいのに。

そんな三治との会話から 進まで少し不安に。無理矢理言わせたんじゃないかと。

「愛してる」と言わせる進いいなぁ。
「早く結婚したいな」と言う進もいい。
可愛いですね。すごく欲しているのがわかる。

はるの実家に挨拶に行ったり
三治がやっと たえから返事を貰えたり
色々あってからの結婚式当日。

屋敷で用意をして いざ会場に出発のとき。
先に行っていたと思ってた進が部屋にやって来ました。
はるの花嫁姿を見て 言葉がないと。綺麗だと。

進は 勇のような独占欲があるけど 勇よりも分別があるでしょうね。
それほど 大変でもなく穏やかに幸せでいれそうだ。

スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。