--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2011'12.22.Thu

華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク 宮ノ杜勇 感想

思うが侭に前作からの後日談の感想です。





子供が生まれ 明日退院というところから始まりました。

嬉しそうに 子供の名前候補を言う勇ですが 男の子と知らず
女の子の名前ばかり考えてきたもよう。
ドジっ子です。父親として不安を感じます…

赤ちゃんの世話で ろくに構ってくれなくて勇は嫉妬しはじめますよ。
千富に 一年は赤ちゃんの世話で忙しいだろうことを言われ
「耐えられるだろうか」と言う勇 可愛いね。
可愛いけど 父親になるの早かったんじゃないかね…

後日かな?
トキが赤ちゃんの名前を決めてきてくれましたが 恋愛面の教育をしっかりしろと。
勇が問題ありですからね…仕方ない…
真っ直ぐで はるにベタ惚れなのは良いけれど
赤ちゃんにまでやきもち妬く始末ですからね。

夫婦の危機だと 二人だけの舞踏会をしました。

勇のベタ惚れ具合はわかったけど
大丈夫なのだろうか…これから…と不安を感じます。
はると赤ちゃんが大変そうだ。
これが 息子ではなく娘だったら…もっと大変そうだなぁ…

スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。