--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2011'12.22.Thu

華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク 宮ノ杜正 感想

思うが侭に前作からの後日談の感想です。






たえとの会話から始まりました。
当主の妻になっても たえは態度変わらずですね。変わっても嫌ですけど…

正から 「当主の妻らしくない」と怒られて悩んでいるはるに たえが助言してくれたようです。

その夜 正は 紀夫と呑みに。
「子供はいつ作るんだ?」とふられ 吹き出す正は まさか 『まだ』なんですかね?
いい歳した大人なのに… まだ手をつけてないんでしょうか…結婚してるのに。


帰って来た正にたえの助言を実行しますが うまくいきません。
というか 当主の妻らしくしていたと言うけれど 使用人にしか見えなかった…
うまくいかなくて「馬鹿」と叫んで はるは雪の降るなか庭に飛び出しますが
正がちゃんと追いかけてくれます。愛を感じる…
仲直りというか 悩みも解消して 屋敷に戻り 次の日 はるだけ風邪をひきました。
一日中看病してくれた正。
素敵です。ベタ惚れのようですねぇ。

その後 千富にまで子を作れと催促されました。
頑張ってはるに 一緒に寝ようという正が可愛いです。
雰囲気がどうのと言うけれど 全く雰囲気作りしてない…下手くそだ。


したのかな?してないのかな?
まぁ どっちでも いいですが 幸せそう。
正は 大人なんだから もっとスムーズに誘って頂きたい。
けど こんな正も素敵です。

スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。