--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2011'12.08.Thu

カヌチ 黒き翼の章 コトヒラ・ヤスナ 感想

思うが侭に感想です。
すっごい長いです。
ネタバレいっぱいです。


序章二 『二つの身体、再び』
牢にいるのは嫌だから外で生活させてと言ってみたら意外にすんなり許可だしてくれたよ。
しかもなんか名前覚えてくれるみたい。認められた?

第一章 『漆黒の街モルトカ』
やっと本編。条件付きで鍛冶屋を始めます。

第二章 『新しい友、懐かしい友』
ルアの日に城に連れて行かれ 地下牢に入れられ
別々にならなかったら 殺してしまえとおっしゃるよ。恐ろしい王様だよ…
別々になれば アキはいらないから殺せと。も 本当に殺すしか頭にないのかい…
それじゃ どのみちアキ死ぬじゃん…話終わっちゃうじゃん…
そんな話を聞いてたミツネが万能金具をくれた。それを使って逃げてと。
牢からは逃げ出せたけど ヒノカのフトマの力で城に戻された…
コトヒラにとって アキはいらない子だから 家に帰された。カヤナは城に。

第三章 『ナクシタモノ』
サナトやフタバの協力で城からカヤナを救い出したはいいけど また一つになっちゃった。
そして 城に呼ばれたよ。
イズサミを目覚めさせたのは コトヒラの命令だって。
たまたまうまくいったけど不安定だから研究所で眠らせてあると。
野望のためなら なんでもする王様だなぁ。恐ろしい人だ。

第四章 『神話と魔術』
カヤナが消えたから 探しに出たら フタバに会って相談。
フタバって いいやつだなぁ。攻略できたらよかったのに…
フタバ曰く、コトヒラは寂しい人、可哀想な人らしい。

第五章 『交錯する白と黒』
大事な人質だから 丁重に迎えてくれるらしい。嘘だ…
コトヒラの命令でフタバに何かされそうなときカヤナが助けに来てくれたよ。
足手まといにしかなってないな、アキ。
でも コトヒラに意見したら気に入られた。おもしろいと。
コトヒラが珍しく逃がしてくれたのに 城でウロウロしてたら コトヒラに見つかり 牢にいれられた。
まぁ フタバが出してくれるんですけどね。

第六章 『カヌチ』
あんた最低な王様だな!って言ったら 晩餐に誘われた。
ちょっと意味わかんないよ?貶したら ごはん食べさせてくれるの?
召使いのおねぇさんにも驚かれたよ?てか おねぇさん礼儀正しくて良い。
兵士の態度は悪いのに召使いの教育はばっちりなのね。
ごはん食べたら 牢に…って。もう いい加減牢は飽きたよ。嫌だよ。
今回も フタバがなんとかしてくれた。まじでフタバ好き!貸し3つと仰られるが返せるかしら?

クマヒの剣を作れと命令された。わがまま…
そんなすぐに見つかるわけないじゃないと思ってるところに
不思議な老人が現れて 見つけるわけですが…この老人楽しんでるよな…絶対。

第七章 『キマグレ』
店にコトヒラ来たよ!やだ、怖い…汚いとか言われそう。
小屋とか よく住めるなとか言われたわ…城と比べたらダメだよ王様…
剣を一本奪っていき 城に呼び出されたよ。よいものを見せてくれるんだって。
コトヒラの感覚の良いものって 何?全然楽しそうな感じしないな…
コトヒラの部屋に連れていかれ沢山の剣を見せられた。
ふむ。これが良いものかね?鍛冶師にとっては楽しいものかもしれないな。
コトヒラに相応しい剣を選べと。正解なら帰すけど 不正解なら牢に。
とりあえず選んだら 正解は決めてないってさ。何ですと?苛め?
まぁ面白いから正解にしてくれるみたいだからいいけど…

第八章 『二人ノ王』
戦場でカヤナに会った。警備隊の誰かが助けに来てくれるって。
うん。クガミ来るよね。これ。コトヒラの対となる子だし…不安しかない…(クガミ感想へ
カヤナが クガミ連れてきた…どーすんの それ…
とにかく カヤナとクガミと三人でモルトカへ。

カヤナとクガミと三人で城に呼ばれ晩餐に誘われた。
クガミが 嫌だと言うけれど 甘ったれたこと言ってるんじゃないと一喝してやりたい。
晩餐の準備を待ってたら 中止だから帰れって コトヒラが言いに来たよ。
帰らなかった殺すとか。自由すぎるし酷いよ!

第九章 『ツバサ』
採取に行ったら コトヒラに会った。
「何故ここにいる?」と仰られるが それはこちらが聞きたい。
コトヒラに前王の墓につれてかれた。優しいコトヒラは なんだかムズムズします。

決算の晩に 城に一人で来いと書状を渡されたので行きます。クガミの短剣を借りて。
何用だろうねぇ。
クガミを殺すとか カヤナを何かに使うとか そして また牢に入れるとか…
そんなとき クマヒを持ってることがバレた。
契約を迫られたけど 拒否したら 城に暮らせと…自分勝手すぎるよ王様。

無理矢理契約させられる。
名誉なことだとか言うけど…無理矢理って どうなの?コトヒラ最低だな。

第十章 『限リ在ルカラ命トハ』
召使いのおねぇさんには悪いけど ごはん食べたくなくなるね。
おねぇさんが 王様の気持ちも考えてと言いに来たよ。
アキに気に入ってもらえるように コトヒラが色々してたんだと…知らないよ。聞いてないもん。

舞踏会に参加しろといわれたから 参加します。
コトヒラのことを慣れたと言い出すアキは あれだね。ストックホルム症候群にかかってるよね。

最終章 『審判の刻』
部屋にシシタが花を持ってきてくれた。和むなぁ。シシタ。
その花はコトヒラの命令らしい…コトヒラがますますわからない。

カヤナの翼がもぎ取られ イズサミが目覚め カヤナを連れて消えた。
アキは コトヒラに手をあげて 家に戻ってきたよ。


そして 審判の刻
クガミが一人で コトヒラのところへ行った。
イズサミが タカマハラで大暴れ。狂戦士の思考が コトヒラそっくりだな。

イズサミを殺したカヤナと審判の門へ。コトヒラとクガミが戦っているはずだから。
コトヒラとカヤナの戦いになったよ…
カヤナが止めを刺そうとして一つ目のスタッフロールが流れた…
コトヒラ死ぬんだろうなぁ…

やっぱり死んでましたね。でも 笑顔だった。少し安心した。
城の部屋で懐かしんでたら コトヒラが現れた!イミナを聞きにきたよ。
「では行くぞ、手を取れ」と。でも 連れて行けないかと…
「余の剣を作れ」と最後の命令をして消えていった。

なんだろう。コトヒラ嫌いだと思ったのになぁ。今はちょっとだけ好きかもしれない。
たまに優しい声で話すからだな。


『後日談』
夢でコトヒラが会いに来てくれました。
穏やかに優しい声音で話してくれるから なんだかホクホクします。
コトヒラは生き返らないんですね。
アキが生を全うしてバルハラで再会を果たします。


なんでしょうね。本当に。
後日談のコトヒラはすこぶる優しい。好きです。声がいいです。てらそまさんの声が素敵です。
でも 生きてた時のコトヒラは嫌いです。死んでからが好き。
スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。