--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2011'12.08.Thu

カヌチ 黒き翼の章 ウキツ・ワタセ 感想

思うが侭に感想です。

ネタバレいっぱいです。
第八章からの感想になります。


第八章 『迫る刻、遠ざかる刻』
どこに隠れても見つかるし 負けるつもりはないと言うので モルトカの家へ。
埃まみれだから風呂へと…じっと待ってみたら…
上半身裸のウキツが出てきて サナトが入って来たよ。
「お前は何をしにヤスナに来たのだ?」とサナトに言われた。
まぁ。確かに。そう言っちゃうよね。上半身裸だもんね。勘違いもするよね。
ウキツルート楽しいな。サナトルートより楽しいぞ。
クマヒの契約をサナトと約束してたことを言ったら 「あいつはやめとけ」と。
誰がいいんですか!?って言えば
「……んじゃオレにしとけ」と照れながら小さな声で言うウキツに萌えた。
何この子可愛い…

カヤナも帰ってきたし買い物に行くのにウキツがついてきた。
お酒好きなウキツと酒場に行ったよ。当然監視してるサナトも来たさ。
目立つから座れとウキツが言っても座らないのにアキが言うと座るサナト可愛いね。
しかも 「好きな物を注文しろ」と。サナトが優しいよ?
一緒にお酒呑むとか…楽しそうでいいな。
酔っ払ったウキツを運ぶサナトが なんか…いい奴じゃん!

第九章 『三つの鍵』
「今でもいいけどさ」とアキがいい女だと照れながら言おうとするウキツが本当に可愛い。
こんな可愛い子だったかね?覚えてないな…
審判の刻が過ぎても生きてたら クマヒの契約のことを考えてくれと言われた。
今すぐにと言わないところがウキツらしいな。

第十章 『取引』
サナトに外に呼び出されたよ。
ウキツもサナトも執着するアキに何があるのか知りたいらしい。
アキに聞くようなことじゃないと思うけどね…
そうしてたら ウキツが来たよ。大事な友達だから拘ってると言いに。
まぁ サナトとの話を終えて ウキツと“でぇと”。
付き合ったことがあるか聞いてみた。
ないんだって。21歳なのに…あー、でも そっか。だからちょっと誉めるぐらいで照れるのか。
てか そういう話楽しいなー。

最終章 『審判の刻』
『ウキツの告白』楽しい!もーすごい乙女ゲームしてます。って気分になれる。
ウキツいいねぇ。たまんないねぇ。
「あは、は、あー、汗出てきた」が可愛すぎてヤバい。たまらん。
言えないから 行動でとか。 可愛いな!くそっ

そして 審判の刻
戦場へ。
コトヒラを倒したカヤナがお別れをしに来た。
ウキツがタカマハラに連れていってくれた。
「オレが死んでも忘れんなよ?」って。
そういうこと言うんじゃないよ…

ウキツとサナトが戦おうとしたら セツマが混じりにきた。寂しがりめ。
カヤナも混じりにきた。怪我してるのに。

みんなしてバルハラへ行っちゃった…
最後のサナトが嬉しそうだったなぁ…
ウキツは 後悔してたのかな。

トウラ優しい…見守ってくれてる。ウキツのお墓を こっそり作ってくれるとか。
お墓に花と手紙を置いたら 風に飛ばされて取ろうとしたら ウキツがいた。
生き返ったんだ!と思ったら 消えたよ…
「これからも書いてくれよ?」って言って消えた。涙でそうになった…


『後日談』
ウキツが また現れたけど 信じなかったら後ろから抱きしめられた!スチルのウキツ若いな。
ウキツが「好きだ」って言った!あのウキツが言った!すごっ
鍵と記憶を対価に生き返ったらしい。
結婚の約束して 終わったよ。


んと。ウキツ可愛いよ。照れる姿がたまらないよ。萌えたー
スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。