--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2011'12.08.Thu

カヌチ 黒き翼の章 ミトシ・フレスカ 感想

思うが侭に感想です。

ネタバレいっぱいです。
第八章からの感想になります。



第八章 『願いと欲望と』
アキを助けるために単身で敵地に乗り込んできたミトシ。
ヒノカと因縁めいた戦いをしていたらヤスナ兵が来てその場からアキを連れて逃げ出しました。
星読の力がなくなって アキたちがどうなってるかわからなくて
不安だったらしく 抱きつかれたよ。
あぁ。ミトシ可愛いなぁ。

ただ なんだろう。ミトシ可愛いんだけど ヒノカと話してるのとか見たら ちょっと引く。
真っ直ぐで 子供で バカだ…白のときそこまで思ったりしなかったはずなんだけどな…

第九章 『過去と未来と』
クマヒの契約に ミトシを選んでみたら 喜ばれた。うん。可愛い。
ヒノカには後悔するって言われたけど 仕方ない。ミトシEDに進めるためですもの。

第十章 『真実と嘘と』
ヒノカの事が「アキに優しいから 嫌い」って言うミトシ可愛いね。
「よくわからないけど嫌い」なんだって。嫉妬かな。

最終章 『審判の刻』
なんか イズサミとツミテが不穏。
ツミテが悪い奴ってのは 白のときから知ってるけど イズサミって こんな子だったかな…
狂戦士のイズサミは名前の通り狂ってるけど
普通のときはそんなに悪い感じしなかったような気がするのに…
病んでるな…イズサミ…
そのせいで ミトシ悩んでるし…

そして 審判の刻
カヤナは イズサミと
ミトシは ヒノカと決着をつけるのです。

背景が真っ白で…ミトシの独白が流れたよ…
「ごめん、アキ」って。
やーめーてー。泣きそうになる。
普通のしゃべり方してるし!そんなのミトシじゃないやいッ

ミトシが死ぬのは確かに嫌だけど それを助けるためにヒノカが死ぬのも嫌だ。
なんだ…これ…
えー…なんだ…これ…エンディング流れたし…
スッキリしないよ。

ミトシとアキは前向きに「一緒にいようね」と言っておりました。
バルハラで カヤナとヒノカとイズサミとコロが なんだか幸せそうだった。
まぁ…よかったのか?幸せそうだし。



後日談
バルハラに行ったみんなが会いにきてくれた。楽しかった。
なんだかホクホクした。
ツミテの話はいらない…「星読師は好きになれんな」と…自分はあなたが好きになれんな。
5年後の姿のスチルが!
てか 声が!少し大人だ!
「大人しく待っているように。……いいね?」って。
何?これ…たまんねぇ。
5年後ミトシの方が好きだ!
スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。