--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2011'12.08.Thu

カヌチ 黒き翼の章 アクト・エスタ 感想

思うが侭に感想です。
すっごい長いです。
ネタバレいっぱいです。



序章一 『白き翼の国』
関係ない、興味ないとか言うわりには アキとカヤナのことを気にする素振りをみせるね。
冷たいようにみせて 結構優しい人なんだろうと思うけど どうなんだろ?

第一章 『漆黒の街モルトカ』
やっと本編。
条件付きで鍛冶屋を始めます。
家の前まで送ってさっさと帰ったアクトが戻ってきた。
渋々掃除を手伝ってくれるあたり やっぱり優しいやつだ。タカミが来て逃げたけど…

ヒノカが監視の日にやってきてヒノカに喧嘩売って監視をもぎ取ったよ…自分勝手だ。
逃亡してみようとアクトにカヤナごはんを振る舞うよ。アクトは不安そうだ。
毒を盛ってても死なないとは言ったけど一口でノックアウト。
確かに死んではないけど気絶した。カヤナごはんすげぇ…凶器だね。
しかし逃亡失敗した…幻影のサナトに捕まって 復活したアクトに怒られた…

第三章 『ナクシタモノ』
ここにきて やっとアクトでの選択肢でた。好感度あがるように選んでいきますよ。
渋々だけど荷物持ってくれたし ヨロハでのことを謝ってくれたり…
馬二人乗りしたり…いいねぇ。甘くはないけど 白と比べれば段違いだ。
「手伝えることなら 手伝ってやるから」って優しいな!どうした!?

第四章 『神話と魔術』
一緒に賑やかごはん。ニヤニヤするなー楽しい!
楽しんでたら酔っ払いが間違えて店に入って来て不穏な流れ…
案の定アクトに怒られた。酔っ払いに馬鹿にされてタカマハラから来たって言っちゃったから…
びっくりして泣いたら抱き締められた。スチル有りですよ。アクトの声が優しいですよ。
本当に白との差に涙が出そうだ。

第五章 『交錯する白と黒』
ルアの日だし カヤナに力が復活してるからタカマハラに逃げようと思い
ちゃんとお別れを言いに行ったら別々に捕まった。
てか そら捕まるよね。アキは馬鹿なんじゃないかなと思っちゃうね。
アクトにも「バカか!」って言われるしね。
アクトの言葉が グサグサ刺さるよ…怒ってる…
「奪ってやる……何もかも、あいつの命も、お前も!!」
ってキスしますか…ムカつくからって…

第六章 『カヌチ』
あれから久々に会うなぁ。近くに来たから寄っただけって。
冷たくしたら 謝られ凹みながら帰っていかれました。

戦争が始まるから人質として牢に連れていかれるときに偶然出会った。
なんだか牢じゃなくて家に帰れるみたいだ。アクトの監視付きで。

第七章 『素直な気持ち』
ここから個別ルート。
「クラトの事好きなのか?」と聞かれました。
ないよねぇ。あの子カヤナが好きだし…アキ空気だったし。勘違いしないでいただきたい!

第八章 『仲の悪い兄弟』
戦場に連れていかれました。カヤナを動かす人質として。
殺されるかもしれないと思って緊張していると勘違いされアクトが手を繋いでくれました。
なんだか優しいな。守ってやるとか言われたしね。
そんなときにクラトが来るんだ。助けに来たと。
あーあ。やっぱりアクト怒った。怒るよねぇ。すぐ怒る人だもんね。

とりあえず クラトとモルトカの家に逃げます。
今までいたとこに戻るとか意味わかんないけど…見つけてくださいと言ってる様なものだ。
案の定 アクトが来て 馴れ馴れしくするなって拒絶された…悲しい…
騙されたとおもってるもんね。騙したつもりはないけどな。
兄弟で殺し合おうとするから止めに入ったら「お前はどっちの味方なんだよ!?」ってさ。
アクトに決まってるだろーが!ちくしょー!(クラト感想へ
怒られた…もう いやだー。冷たくされるの嫌だ!
うちひしがれてるとカヤナが戻ってきたよ。助けて!
喧嘩やめて二階に上がったはずなのに 今度は口喧嘩の始まり。喧嘩ばっかだ。
外に出たアクトを追いかけたら「何も言うな、黙って抱かれてろ!」と抱かれました。
「裏切るな」って言葉とアクトが涙を流すスチルで きゅんってなるね。

第十章 『どうしても』
城にあるアクトの部屋へ連れていかれましたよ。2人っきりで話がしたいからと。
なんか 「いらつく」とか 「頭がごちゃごちゃする」とか はっきりしない事を言われて
意味がわからないことを伝えたら 押し倒された。
それだけで「分かれ!」とか無理な話ですよ。大事な事言ってないのに…
「お前が好きだって事だよ!」って 押し倒してから言っても…ねぇ?
「誰にも渡さない…」とか熱い告白してくれるけど 順番が違う!
そりゃアキに殴られて逃げ出されますよ。なんて不器用なお馬鹿な子なんだろうね。

カヤナが仲直りのきっかけを作ってくれるって!なんて いい子なんだ。
カヤナの作戦にまんまとハマるアクトが面白いわ。クラトは殴られ損で可哀想だけどね。
仲直りが成功したので アクトも一緒に暮らすことになった。
家の中にいるちびアクトに話しかけると可愛いんですけど。
甘えてきてる!アクトっぽくないけど…可愛いから いいや。

最終章 『審判の刻』
気持ちを伝えあったよ。イチャイチャしてた。
アクトが 優しい。ちゃんと優しいのが嬉しいな。

クラトに報告するアクトって なんなんだろ?すっかり仲良しじゃん。
普通しないって…報告。恥ずかしい。

そして 審判の刻
カヤナと一緒に戦場に向かいました。
アクトとクラトの戦いを見届けるために。

戦ってほしくなくて 間に入って アクトの剣をうけたよ…
「医者を連れてくる」って クラトがどっか行ったけど 無理じゃね?敵の陣地で 医者って…
てか アキ死んだ…アクトの悲痛な叫びが…
え?まじで?エンディング流れたよ?ちょ…イチャイチャは?幸せは?ないの?

アキの遺言通りに 兄弟仲良くしてるみたいだ。
トウラは物わかりよすぎだと思うよ。
アクトから全部話聞いたのに一緒に暮らしてるとか…
1年たっても アキのこと忘れられなくて お墓?でアキに話しかけてたら
バルハラに行ったはずのカヤナから贈り物があるって言われたよ。
後ろ振り向いたら アキがいた!


後日談
ひたすらにアクトが優しい。
アキのことを好きなんだとわかるのが 良いです。
生き返る代償にカヤナとの記憶をなくしたけど いつか思いだすんだろうな…
まぁ 幸せそうでよかった。
そして アクトは白い服似合うな!好きだ。
スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。