--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2011'11.28.Mon

いざ、出陣!恋戦 服部半蔵 感想

父上に言われ小次郎と旅に出ます。
西軍か東軍かどちらにつくべきなのか見定めるのです。
道中で東軍の武将、半蔵に出会いました。
なんだか軽そうだ…
小次郎が素っ気なくしてるのに着いてくるし…
休憩がてら茶屋に寄ろうとしたら西軍の武将、秀秋がいた。
子供?子供にしか見えないよ…?


秀秋に どこに行くのか問われたので 今回は半蔵についていきます。
秀秋にはお勧めしないと言われました。
小次郎も なんだか不満っぽいけど 決めちゃったしね。



さてと…
一つ一つの話は短いです。
選択肢は 一話につき二回。
共通が8話。そこから 祝言ED 通常ED 悲恋EDへと分かれていきます。全体で12話ですね。
一話が終われば 追加シナリオが入ることがあります。




では 服部半蔵の感想をかきます。
祝言EDを迎える道順で気になったとこだけ抜粋してます。






■この華が なんか好きになれないな…
姿が見えなくて 心配するのはわかる。わかるけど…
ずっと傍にいなきゃいけないのか?と。
戦が控えているからこそ仕事があるんじゃないか?と。


■半蔵と小次郎の掛け合いが楽しい。
てか 小次郎は用心棒ってか お兄ちゃんぽい。


■光秀怖い。
半蔵を縛るために 華を人質にしたよ。
てか 小次郎は何をやってるの?用心棒なのに!
易々と拐わせて!


■半蔵のルートは 糖度が控えめな気がします。
華は監禁されてるし ずっと一緒ってわけではないので仕方ないかなとは思うけど…
森久保さんの声は好きですが あまり色気は感じず…
むしろ 色気よりも 何気ない会話を聞いている方が楽しかった。
「うん、嘘」って言うのが好きです。

スポンサーサイト
感想:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。